4545 Movies

ホンドー Hondo (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

騎兵隊の偵察兵と母子との関係を描く、監督ジョン・ファロー、主演ジョン・ウェインジェラルディン・ペイジワード・ボンド他共演の西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ファロー

製作:ロバート・M・フェローズ
原作:ルイス・ラムーア“The Gift of Cochise”
脚本:ジェームズ・エドワード・グラント
撮影
ロバート・バークス
アーチー・スタウト
編集:ラルフ・ドーソン
音楽
エミール・ニューマン
ヒューゴー・フリードホーファー

出演
ホンドー・レーン:ジョン・ウェイン
アンジー・ロウ:ジェラルディン・ペイジ
バッファロー・ベイカー:ワード・ボンド
ヴィットリオ:マイケル・ペイト
レニー:ジェームズ・アーネス
シルヴァ:ロドルフォ・アコスタ
エド・ロウ:レオ・ゴードン
マッケイ中尉:トム・アイリッシュ
ジョニー・ロウ:リー・エーカー
シェリー少佐:ポール・フィックス
ピート:レイモンド・バーンズ
エド・ロウの相棒:フランク・マクグラス
アパッチの戦士:チャック・ロバーソン

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(公開時)
パラマウント・ピクチャーズ(現在)
1953年製作 84分
公開
北米:1953年11月27日
日本:1954年5月28日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $4,100,000


アカデミー賞
第26回アカデミー賞

・ノミネート
助演女優(ジェラルディン・ペイジ
原案賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アリゾナ準州
先住民から逃げる途中で馬を失ったホンドー・レーン(ジョン・ウェイン)は、ある牧場にたどり着く。

ホンドーに気づいたアンジー・ロウ(ジェラルディン・ペイジ)は、息子のジョニー(リー・エーカー)と共に警戒する。

野営中、愛犬のサムがアパッチに気づき起こしてくれたと言うホンドーに、アンジーは、先住民とは休戦中のはずだと問う。

それを認めたホンドーは馬が欲しいと伝え、自分は、クルック将軍率いる騎兵隊の偵察兵であることをアンジーに伝えて名を名乗る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1952年に雑誌”Collier’s”に掲載されたルイス・ラムーアの”The Gift of Cochise”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
アリゾナ準州
騎兵隊の偵察兵ホンドー・レーンは、アパッチに馬を奪われて、ある農場にたどり着く。
アンジーと息子ジョニーに歓迎されたホンドーは、アパッチと友好関係にあると言う彼女に、戦が始まる可能性を伝える。
夫が戻ると言うアンジーの言葉を疑うホンドーは、紳士的に振る舞いながら互いに惹かれ合う。
伝達に戻らなければならないホンドーは、アンジーに別れを告げて砦に向かう。
その後、現れたアパッチの酋長ヴィットリオが、自分を恐れないジョニーの勇気を称えて”戦士”として扱い、アンジーはその場に住むことを許される。
砦に着いたホンドーは、守備隊が全滅したことを指揮官のシェリー少佐に伝える。
酒場で揉めた男がアンジーの夫エドだと知ったホンドーは、彼女に馬を返すために牧場に向かう。
途中、アパッチの襲撃を回避したホンドーは、追って来たエドに襲われて射殺してしまい、ヴィットリオに捕えられてしまう・・・。
__________

全盛期を迎えようとするジョン・ウェイン主演の正統派西部劇の秀作で、モーリン・オサリヴァンの夫でミア・ファローの父であるジョン・ファローが監督を務めている。

クライマックスの、騎兵隊舞台と荷馬車隊がアパッチに襲われるシーンは、ジョン・フォードが演出している。

1967年の秋シーズンにABCで放映された、”Hondo”(アパッチ大平原)の原型となった作品。

当時、流行った3D映画として製作された作品で、84分という短い上映時間にも拘らず、途中でインターミッションが入る。

第26回アカデミー賞では、助演女優(ジェラルディン・ペイジ)、原案賞にノミネートされた。

不躾ではあるが誠実さと勇気を兼ね備えた、男らしい彼らしい役柄を好演するジョン・ウェインの魅力が十分に生かされた作品で、ファンには非常に人気があり評価も高い作品。

農場の男仕事を手伝い蹄鉄を調整しながら、ヒロイン、ジェラルディン・ペイジの話を聞き意見するジョン・ウェインの仕草や自然な演技などは、ファンにとっては惚れ惚れしてしまうシーンだ。

また、その後ジョン・ウェインのトレードマークとなるガンベルトや、「失われたものゝ伝説」(1957)、「リオ・ブラボー」(1959)などでも使用する騎兵隊帽を被っている、彼のコスチュームは注目だ。

騎兵隊と住民対アパッチとの戦いが一つのテーマである物語の中で、勇気ある行動に対しては、白人であっても友として扱う姿など、戦士としての生き方を重んじる先住民の誇りも確りと描かれている。

家出した夫とは違う、主人公の男らしさに惹かれる女性を好演するジェラルディン・ペイジ、その息子リー・エーカー、主人公の友人であるジョン・ウェインの盟友ワード・ボンドアパッチの酋長マイケル・ペイト、スカウトのジェームズ・アーネス、アパッチの戦士ロドルフォ・アコスタ、ヒロインの夫レオ・ゴードン、その相棒フランク・マクグラス、騎兵隊中尉のトム・アイリッシュ、ジョン・ウェインとは27作で共演する、騎兵隊指揮官役のポール・フィックス、主人公の友人レイモンド・バーンズ、そして、ジョン・ウェインのスタントでボディダブルでもあるチャック・ロバーソンアパッチの戦士役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021