4352 Movies

モール★コップ Paul Blart: Mall Cop (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

警察官に憧れるダメ警備員が、職場であるショッピング・モール襲撃犯に単独で立ち向かう姿を描く、製作アダム・サンドラー、製作、脚本、主演ケヴィン・ジェームズジェイマ・メイズ他共演、監督スティーヴ・カーによる爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴ・カー
製作
アダム・サンドラー

ジャック・ジャラプト
バリー・ベルナルディ
トッド・ガーナー

ケヴィン・ジェームズ
製作総指揮:ジェフ・サスマン
脚本
ケヴィン・ジェームズ

ニック・ベケイ
撮影:ラス・T・オルソブルック
編集:ジェフ・フリーマン
音楽:ワディ・ワクテル

出演
ポール・ブラート:ケヴィン・ジェームズ

エイミー・アンダーソン:ジェイマ・メイズ
ヴェック・シムズ:キーア・オドネル
マヤ・ブラート:レイニ・ロドリゲス
マーガレット・ブラート:シャーリー・ナイト
スチュアート:スティーヴン・ラナジージ
ブルックス:ピーター・ゲレッティ
ジェームズ・ケント:ボビー・カナヴェイル
ハワード巡査部長:アダム・フェラーラ
レオン:ジャマル・ミクソン
パフード:アディール・カリアン
ビジェイ:エリック・アヴァリ
ジャーキー:アレン・コヴァート
訓練教官:バス・ルッテン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2009年製作 91分
公開
北米:2009年1月16日
日本:未公開
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $146,336,180
世界 $183,293,130


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニュージャージー州、ウエスト・オレンジ州警察訓練所。
憧れの警察官を目指すポール・ブラート(ケヴィン・ジェームズ)は、その夢が実現する一歩手前で、低血糖症のため意識を失ってしまう。

帰宅したブラートは、娘のマヤ(レイニ・ロドリゲス)と母マーガレット(レイニ・ロドリゲス)に励まされるが、肥満解消のために糖分を控え食事制限をする気もない。

マヤとマーガレットは、ブラートが不法入国者だった妻に出て行かれた後、恋人も作らずにいることを心配する。

二人の考えを聞き入れたブラートは、恋人探しのサイトに登録する。

翌日”愛車”セグウェイに乗り、警備員として働くウエスト・オレンジ・パヴォリオン・モールに向かったブラートは、店内のキオスクでウィッグ店を経営するエイミー・アンダーソン(ジェイマ・メイズ)に惹かれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニュージャージー州、ウエスト・オレンジ
警察官に憧れるショッピング・モールの警備員ポール・ブラートは、肥満体と低血糖症で試験にパスすることができないでいた。
モール内をセグウェイでパトロールするブラートは、ウィッグ店の経営者エイミーに惹かれてしまう。
不法入国者の妻に逃げられたブラートは、娘マヤと母マーガレットに励まされながら、何んとかエイミーと付き合いたいと考える。
そんな時、モール内にをある犯罪グループが占拠し、エイミーらを人質に取って立てこもる。
同僚の新人ヴェックが犯人のリーダーであり、彼はモール内の売上金を管理できるコードを手に入れようとしていたのだ。
それに気づかずに一人モールに残っていたブラートは、警官やSWATが駆けつける中、退避しろという指示を受ける。
エイミーが中にいることを知ったブラートは、彼女を救うためにモールに戻り、単独で犯人に立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

製作、脚本、主演を兼ねるケヴィン・ジェームズの意欲作で、製作にはアダム・サンドラーも参加し、コメディを中心に活躍するスティーヴ・カーが演出した作品。

ナンセンス・ギャグも主人公の行動なども使い古されたようなものの連続なのだが、風船かゴム・ボールのようなケヴィン・ジェームズのキャラクターが最高に可笑しい痛快コメディに仕上がっている。

ダメ男が奮起して大活躍する単純な内容なのだが、間抜けな行動で失敗を繰り返しながらも事件が解決してしまうという、古風なコメディを感じさせる展開も実にいい。

アメリカ国内では大受けで、北米興行収入は約1億4600万ドル、全世界では1億8300万ドルのヒットとなった。

このヒットを受けて、2015年に続編「モール・コップ ラスベガスも俺が守る!」が公開された。

必死に行動しても殆どが成果にならないまま、愛する者のために大奮闘する主人公を熱演するケヴィン・ジェームズ、容姿も声もかつてのゴールディ・ホーンを彷彿させる、主人公と親交を深めるウィッグ店の経営者ジェイマ・メイズ、犯行グループのリーダー、キーア・オドネル、主人公の娘レイニ・ロドリゲス、母親シャーリー・ナイト、嫌みな店員スティーヴン・ラナジージ、警備主任ピーター・ゲレッティSWAT指揮官で犯行グループの一員だったボビー・カナヴェイル、事件を担当する巡査部長アダム・フェラーラ、店員ジャマル・ミクソン、同じくエリック・アヴァリ、彼の娘の恋人アディール・カリアン、警察訓練教官バス・ルッテン、そして、ケヴィン・ジェームズの妻ステフィアーナ・デ・ラ・クルスが、モール内の客で端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020