4551 Movies

パワー・ゲーム Paranoia (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テクノロジー企業に勤める青年が、ライバル企業のスパイになることを強要されながら巻き込まれる陰謀を描く、監督ロバート・ルケティック、主演リアム・ヘムズワースゲイリー・オールドマンアンバー・ハードハリソン・フォード他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ルケティック

製作
アレクサンドラ・ミルチャン
スコット・ランバート
ウィリアム・D・ジョンソン
ディーパック・ナヤール
製作総指揮
スチュアート・フォード
サム・イングルバート
クリストフ・ランデ
アレン・リウ
ウィリアム・S・ビーズレイ
デヴィッド・グレートハウス
ダグラス・アーバンスキー
ライアン・カヴァナー
タッカー・トゥーリー
脚本
ジェイソン・ホール
バリー・L・レヴィ
原作:ジョゼフ・フィンダーParanoia
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集
ダニー・クーパー
トレイシー・アダムズ
音楽:ジャンキー・XL

出演
アダム・キャシディ:リアム・ヘムズワース
ニコラス・ワイアット:ゲイリー・オールドマン
エマ・ジェニングズ:アンバー・ハード
ジョック・ゴダード:ハリソン・フォード
ケヴィン:ルーカス・ティル
ジュディス・ボルトン博士:エンベス・デイヴィッツ
マイルス・ミーチャム:ジュリアン・マクマホン
ギャンブル捜査官:ジョシュ・ホロウェイ
フランク・キャシディ:リチャード・ドレイファス
モーガン:ウィル・レレツ
トム・ラングレン:ケヴィン・キルナー
アリソン:アンジェラ・サラフィアン

アメリカ 映画
配給 レラティビティ・メディア
2013年製作 106分
公開
北米:2013年8月16日
日本:2014年11月15日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $7,385,020
世界 $13,785,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブルックリン
テクノロジー企業”ワイアット・モバイル”の社員アダム・キャシディ(リアム・ヘムズワース)は父フランク(リチャード・ドレイファス)と暮らしていた。

友人である同僚のケヴィン(ルーカス・ティル)と共にクラブに向かったアダムは、追い払われてしまう。

タクシーで帰ろうとしたアダムは、フランクが病院に運ばれたことを知らされる。

肺気腫であるフランクを、いつものことなので心配しなかったアダムだったが、会社が保険の保障をカットしたことを知り、4万ドルの治療費を請求される。

平社員から昇進することを考えるアダムは、CEOのニコラス・ワイアット(ゲイリー・オールドマン)を前にしたプレゼンの場で、消費者の考えを理解していないと彼に意見してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
2004年に発表された、ジョゼフ・フィンダーの小説”Paranoia”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
テクノロジー企業”ワイアット・モバイル”の社員アダム・キャシディは、CEOのワイアットに意見したために、同僚のケヴィンらと共に解雇されてしまう。
退社後アダムは、会社の経費を使い込んでしまいワイアットに呼ばれる。
それが犯罪だと言うワイアットは、”アイコン”を世界企業にした、恩師でもあるゴダードが開発中の新型スマートフォン”オキュラ”の情報を盗み出すことをアダムに強要する。
犯罪者になる可能性と家族や友人に危険が及ぶことを恐れたアダムは、仕方なくスパイとなり”アイコン”に潜入するのだが・・・。
__________

キューティ・ブロンド」(2001)などヒット作を手掛けるオーストラリア人監督ロバート・ルケティックと、若手スター、リアム・ヘムズワース、ベテランのゲイリー・オールドマンハリソン・フォード、そしてアンバー・ハードなど豪華競演も話題となったサスペンス。

主演はリアム・ヘムズワースなのだが、彼が関わる大企業のオーナーがゲイリー・オールドマンハリソン・フォードという超ビッグな顔合わせが注目で、師弟関係でもある二人のビジネス上の争いに主人公が巻き込まれるという内容。

最先端のモバイル事業を展開する企業経営者の開発争いと、因縁が絡むスパイ戦と陰謀が描かれている興味深い物語で、それなりの雰囲気は出しているものの、今一パンチが足りない、安直な表現などが目立つ脚本などが気になる。

魅力的なキャスティングにも拘らず、商業的には期待を裏切り、北米興行収入は約740万ドル、全世界でも約1400万ドルに終わり、製作費の3500万ドルを回収することもできなかった。

企業間の争いに巻き込まれる青年を熱演するリアム・ヘムズワース、彼を操ろうとする起業家ゲイリー・オールドマン、主人公と愛し合う”アイコン”のマーケティング部長、その上司である経営者ハリソン・フォード、主人公に協力する友人ルーカス・ティル、ワイアット(ゲイリー・オールドマン)の部下で行動心理学の専門家エンベス・デイヴィッツ、同じく部下のジュリアン・マクマホン、ワイアットを調査するFBI捜査官のジョシュ・ホロウェイ、主人公の同僚ウィル・レレツ、同じくケヴィン(ルーカス・ティル)の恋人アンジェラ・サラフィアン、”アイコン”の雇用担当幹部ケヴィン・キルナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021