4310 Movies

パディントン Paddington (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1958年に発表された、マイケル・ボンドによる児童文学”くまのパディントン”を基に製作された作品。
ペルーのジャングルからイギリスの探検家を捜すために旅をしてきたクマと、パディントンと名付けて世話をすることになった家族との親交と巻き起こす騒動を描く、監督、原案、脚本ポール・キング、主演ベン・ウィショーヒュー・ボネヴィルサリー・ホーキンスジュリー・ウォルターズニコール・キッドマンジム・ブロードベント他共演のコメディ。


コメディ

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧
サリー・ホーキンス / Sally Hawkins / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン
製作総指揮
ロージー・アリソン
ジェフリー・クリフォード
オリヴィエ・クルソン
ロン・ハルパーン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:マイケル・ボンドくまのパディントン
原案
ポール・キング
ヘイミッシュ・マッコール
脚本:ポール・キング
撮影:エリック・ウィルソン
編集:マーク・エヴァソン
音楽:ニック・ウラタ

出演
パディントン:ベン・ウィショー
ヘンリー・ブラウン:ヒュー・ボネヴィル
メアリー・ブラウン:サリー・ホーキンス
ジュディ・ブラウン:マデリン・ハリス
ジョナサン・ブラウン:サミュエル・ジョスリン
バード夫人:ジュリー・ウォルターズ
ミリセント・クライド:ニコール・キッドマン
サミュエル・グルーバー:ジム・ブロードベント
カリー:ピーター・カパルディ
ルーシー:イメルダ・スタウントン
パストゥーゾ:マイケル・ガンボン
モンゴメリー・クライド:ティム・ダウニー
バリー:サイモン・ファーナビー
ジョー:マット・ルーカス
アンドレ:マット・キング
紳士:マイケル・ボンド

イギリス 映画
配給 StudioCanal
2014年製作 95分
公開
イギリス:2014年11月28日
北米:2015年1月16日
日本:2016年1月15日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $76,271,830
世界 $268,047,810


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ペルー
イギリスの地理学者のモンゴメリー・クライド(ティム・ダウニー)は、ジャングルの奥深くに向かい新種のクマを見つける。

博物館に送ろうと考えたクライドはクマに銃を向けるものの、クマが目の前に迫ったために死を覚悟する。

ところが、襲い掛かろうとしないクマは自分の世界を案内し、クライドもお礼に人間社会のことを教えて、オスとメスそれぞれに、パストゥーゾとルーシーというボクサーと母の名前をつけた。

パストゥーゾとルーシーと親交を深めたクライドは、英語も教える。

そしてクライドは、ロンドンに来れば歓迎すると言って、パストゥーゾとルーシーに別れを告げて祖国に戻る。

数十年後。
クライドに教わったマーマレードを作ることに成功したクマ(ベン・ウィショー)は、パストゥーゾ(マイケル・ガンボン)とルーシー(イメルダ・スタウントン)と共に喜ぶ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「パディントン」(2014)
・「パディントン2」(2017)

*(簡略ストー リー)
ペルーに向かったイギリスの地理学者クライドは新種のクマを発見し、オスとメスにパストゥーゾとルーシーという名前を付けて親交を深め、ロンドンに来れば歓迎すると伝えて帰国する。
数十年後、地震によりパストゥーゾは亡くなり、おばのルーシーと港に向かったクマは、探検家からもらった赤い帽子と”このクマをよろしく”という札を渡されて一人で旅立つ。
貨物船の郵便物に紛れ込みロンドンパディントン駅に向かったクマは、ブラウン家のヘンリーには無視されるものの、妻のメアリーから声をかけられる。
クマが首から下げている札を見たメアリーは気の毒に思い、ヘンリーを説得して家に連れて行く。
駅の名前を取り”パディントン”と名付けられたクマは、何も知らない人間の家で騒ぎを起こしてしまい、ヘンリーは憤慨する。
ヘンリーから、パディントンを役所に連れて行くよう指示されたメアリーだったが、友人である骨董店のサミュエルに協力を求め、パディントンが被っていた帽子を手掛かりに、探検家が地理学者協会員であること知る。
その頃、自然史博物館の剥製部長ミリセントは、ペルーから来たクマの情報を得て、ある理由でそれを捕えようとするのだが・・・。
_________

マイケル・ボンドによる世界的な大ベストセラー児童文学”くまのパディントン”の実写版映画であり、ポール・キングが監督、原案、脚本を担当し、イギリスの個性派スター豪華競演も話題になった作品。

ペルーのジャングルで育ったにも拘わらず、イギリス人の探検家と親交を深めたために礼儀正しい振る舞いが特徴のクマが主人公というところに注目したい。

何も知らずに人間社会に飛び込んだため、騒動は起こすものの、心優しい主人公のパディントンを通して、人への思い遣りや常識などを教えさせられる、子供だけではなくあらゆる年齢層に受け入れられた作品。

愉快であり心温まる内容に加え、ヒューマニズム溢れるシーンには思わず涙してしまう。
現代劇ではあるが、第二次大戦中にロンドンから疎開する子供達を思わせる、パディントンの首にかけられた”このクマをよろしく”という札のアイデアなど、どこか懐かしい古風な雰囲気が漂う作品でもある。

北米興行収入は約7600ドル、全世界では約2億6800万ドルの大ヒットとなった。

慣れない人間社会で精一杯生きようとする健気な姿が何とも愛らしい、主人公パディントンの声を担当するベン・ウィショー、当初はパディントンを迷惑に思うが、次第に心を動かされるブラウン家の家長ヒュー・ボネヴィル、その妻で、出会いからパディントンに優しく接して協力するサリー・ホーキンス、その子供達マデリン・ハリスサミュエル・ジョスリン、親戚である家政婦のジュリー・ウォルターズ、パディントンを捕えようとする自然史博物館の剥製部長である探検家の娘ニコール・キッドマン、骨董店の主人ジム・ブロードベント、皮肉屋であるブラウン家の隣人ピーター・カパルディ、パディントンを育てたおばイメルダ・スタウントン、おじのマイケル・ガンボン、ペルーでクマと親交を深める探検家ティム・ダウニー、地理学者協会の資料室の警備員サイモン・ファーナビー、タクシー・ドライバーのマット・キング、そして、原作者のマイケル・ボンドが、街のカフェからパディントンに手を振る紳士役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020