4315 Movies

オーバーボード Overboard (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1987年に公開された、監督ゲイリー・マーシャルゴールディ・ホーンカート・ラッセル主演の「潮風のいたずら」のリメイク。
傲慢でプレイボーイの大富豪の御曹司と三人の娘を抱えるシングルマザーの奇妙な恋を描く、監督、脚本ロブ・グリーンバーグ、主演エウヘニオ・デルベスアンナ・ファリスエヴァ・ロンゴリアジョン・ハナー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ロブ・グリーンバーグ
製作
エウヘニオ・デルベス
ベンジャミン・オデル
ボブ・フィッシャー
製作総指揮:ブレンダン・ファーガソン
原作:レスリー・ディクソン潮風のいたずら
脚本
ロブ・グリーンバーグ
ボブ・フィッシャー
レスリー・ディクソン
撮影:マイケル・バレット
編集:リー・ヘイキソール
音楽:ライル・ワークマン

出演
レオナルド”レオ”モンテネグロ:エウヘニオ・デルベス
ケイト・サリヴァン:アンナ・ファリス
テレサ:エヴァ・ロンゴリア
ボビー:メル・ロドリゲス
エミリー・サリヴァン:ハンナ・ノードバーグ
オリヴィア・サリヴァン:アリヴィア・アリン・リンド
モリー・サリヴァン:ペイトン・レピンスキー
コリン:ジョン・ハナー
グレイス:スージー・カーツ
モンテネグロ:フェルナンド・ルハン
マグダレナ・モンテネグロ:セシリア・スアレス
ソフィア・モンテネグロ:マリアナ・トレヴィニョ
ジェイソン:ジョシュ・セガーラ

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2018年製作 112分
公開
北米:1918年5月4日
日本:未公開
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $50,316,120
世界 $91,244,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
メキシコの大富豪の御曹司である傲慢なプレイボーイ、レオナルド”レオ”モンテネグロ(エウヘニオ・デルベス)は、所有するクルーザーに乗り気ままな日々を送っていた。

オレゴン州、エルク・コーヴ
ピザ・ショップで働くシングルマザーのケイト・サリヴァン(アンナ・ファリス)は、エミリー(ハンナ・ノードバーグ)、オリヴィア(アリヴィア・アリン・リンド)、モリー(ペイトン・レピンスキー)を学校に迎えに行きながらピザを配達する。

クルーザーで騒いでいたレオは、使用人のコリン(ジョン・ハナー)から、船体の修理のために近くの港に立ち寄ると言われる。

父モンテネグロ(フェルナンド・ルハン)からの電話を受けたレオは、それに出ようとしなかった。

病気療養中のモンテネグロは、レオが電話に出ないために苛立つ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
オレゴン州、エルク・コーヴ
メキシコの大富豪の御曹司である傲慢なプレイボーイ、レオナルド”レオ”モンテネグロは、豪華クルーザーの修理のために港に着く。
三人の娘を抱えて働き詰めのシングルマザー、ケイトは、レオのクルーザーの掃除に向かう。
レオから雑用を言いつけられてそれを拒んだため、報酬は払わないと言われたケイトは、海に突き落とされてしまう。
その後、出港したクルーザーから誤って海に落ちたレオは、浜辺で目覚めるものの記憶を失っていた。
病気の父に代わり事業を引き継ごうとするレオの妹マグダレナは、行方不明になった兄が記憶喪失だと知り、彼の死を装って父に報告する。
一方、レオが記憶喪失になったことを知ったケイトは、勤め先のピザ・ショップの店主テレサの協力を得て、彼の妻を装い復讐しようとするのだが・・・。
__________

1987年に公開された、監督ゲイリー・マーシャルゴールディ・ホーンカート・ラッセル主演の「潮風のいたずら」のリメイク。

大富豪の御曹司が記憶を失い、彼に酷い目に遭わされ侮辱されたシングルマザーが、復讐のために妻を装い、夫としてこき使おうとした末に芽生える恋を描く作品。

ゲイリー・マーシャルの軽快な演出と、人気スター、ゴールディ・ホーンカート・ラッセルの共演が話題になった作品のリメイクだけに期待された作品。

前作とは主人公の男女の立場を入れ替えた内容で、現代風にアレンジされた楽しい内容には仕上がっている。

前作よりもやや地味なキャスト、スタッフの顔ぶれだが、1200万ドルで製作された本作は、北米で約5000万ドル、全世界では9100万ドルの結果で、まずまずのヒットとなり検討したと言える。

傲慢な主人公が記憶喪失となり、そのために体験したこともない労働や家事、子育てに奮闘する様子は実に愉快であり、次第に人間味が感じられる人物に変わっていく姿が、ヒューマン・タッチで描かれている。

メキシコの人気スターである主演のエウヘニオ・デルベスは、大富豪の御曹司であるため苦労を知らず、記憶を失ってしまうものの、結局はそれがきっかけで、新しい生き方を見つける男性を熱演している。

主人公を騙すものの、心触れ合うようになり恋が芽生える、子育てに奮闘するシングルマザーのアンナ・ファリス、その友人で彼女が務めるピザ・ショップのオーナー、エヴァ・ロンゴリア、その夫で建設会社を経営し主人公を雇うメル・ロドリゲス、ヒロインの娘ハンナ・ノードバーグ、アリヴィア・アリン・リンド、ペイトン・レピンスキー、主人公の使用人ジョン・ハナー、ヒロインの母親スージー・カーツ、大富豪である主人公の父親フェルナンド・ルハン、父から事業を受け継ぐことを考え兄を見捨てるセシリア・スアレス、その妹マリアナ・トレヴィニョ、主人公と共に働く作業員ジョシュ・セガーラなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020