4292 Movies

麦秋 Our Daily Bread (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

大恐慌の時代、農業に夢を託し苦難に立ち向う人々を描く、製作、原作、監督、脚本キング・ヴィダー、共同脚本ジョセフ・L・マンキウィッツ、主演カレン・モーリイトム・キーンジョン・クォーレン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:キング・ヴィダー
製作:キング・ヴィダー
原作:キング・ヴィダー
脚本
エリザベス・ヒル
キング・ヴィダー

ジョセフ・L・マンキウィッツ
撮影:ロバート・H・プランク
編集:ロイド・ノスラー
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
メアリー・シムズ:カレン・モーリイ

ジョン・シムズ:トム・キーン
クリス・ラーセン:ジョン・クォーレン
サリー:バーバラ・ペッパー
ルイ・フエンテ:アディソン・リチャーズ
アンソニー:ロイド・イングラム

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1934年製作 76分
公開
北米:1934年10月2日
日本:1935年3月
製作費 $125,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
大恐慌の時代。
苦しい生活を続けていたメアリー・シムズ(カレン・モーリイ)は、家賃の催促を何とかやり過ごす。

帰宅したメアリーの夫ジョン(トム・キーン)は、家賃の支払いを明後日まで待ってもらえることを妻から知らされる。

おじのアンソニー(ロイド・イングラム)を夕食に招待し、借金を頼んでみると言うメアリーは、ジョンにチキンを調達してもらおうとする。

部屋にあったウクレレを手にしたジョンは肉屋に向い、小さいチキンだったがそれと交換してもらう。

アンソニーと共に食事をしたジョンは、職探しをしていることなどを話し、今は価値がなく手放そうとしていた農場で働いてみる気があるかを問われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大恐慌の時代。
苦しい生活を続けていたメアリー・シムズと夫のジョンは、おじの勧めで農場経営をすることを決心する。
荒れ果てた農場に着いたジョンは、農業のことは全くの素人であったが、通りがかった移住者のクリスと知り合い、彼が農業の専門家だと知り意気投合する。
クリスと共に農作業を始めたジョンは、彼の仕事ぶりに感心する。
この不況下なら同じような境遇の人々がいるはずだと考えたジョンは、共同体を作り大規模な農場計画を進める。
やがて人々は大挙して集まり、様々な職業を経験した者達の共同生活は始まるのだが・・・。
_________

製作、原作、監督、脚本を担当したキング・ヴィダーの意欲作である。
彼自身の監督、脚本による1928年のサイレント映画”The Crowd”の続篇でもあり、主人公のメアリーとジョン・シムズ夫婦が再び登場する。(配役は違う)

邦題は”麦秋(むぎのあき)”なのだが、主要作物はトウモロコシで、終盤でその畑に灌漑用水を引くシーンが感動的に描かれている。

社会主義的内容とも言われているが、正に大恐慌の真っただ中で製作された作品でもあり、不況下で職の当てもない人々が生き抜くための手段を描く物語で、問題視する必要はない。

ドラマ内でも、農場に集まった人々の中で社会主義的システム導入を提案をする意見が出るが、皆がそれに賛同するわけでなく、助け合いを強調する結果の共同体運営が描かれている。

それよりも、ドキュメント・タッチの映像効果や、疲弊しきった人々に希望を与えるキング・ヴィダーの力強いメッセージを感じさせる演出に注目したい。

貧しく苦しい生活の中で夫を見守り励まし続けるカレン・モーリイ、挫折も経験しながら困難に立ち向かうその夫を熱演するトム・キーン、二人に協力する農夫を印象深く演ずる、ジョン・フォード作品の9作に出演した”フォード一家”の一員として知られるジョン・クォーレン、ジョン(トム・キーン)の心を惑わす若い女性で、撮影当時まだ10代だったバーバラ・ペッパー、脱獄囚ではあるが自分を犠牲にして農場を救う人間味のある役柄を演ずるアディソン・リチャーズ、主人公に農場経営を勧めるおじのロイド・イングラムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020