4545 Movies

ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~ Ouija: Origin of Evil (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2014年に公開された「呪い襲い殺す」の前日譚を描く続編。
呪われた家に住む占い師一家に襲い掛かる恐怖を描く、製作マイケル・ベイ、監督、脚本、編集マイク・フラナガン、主演エリザベス・リーサーアナリース・バッソルールー・ウィルソンヘンリー・トーマス他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:マイク・フラナガン

製作
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッドリー・フラー
ジェイソン・ブラム
ブライアン・ゴールドナー
スティーヴン・デイヴィス
製作総指揮
クーパー・サミュエルソン
ジャネット・ヴォルトゥルノ
トレヴァー・メイシー
ヴィクター・ホー
原作
ウィジャ”(ハズブロ
ジュリエット・スノーデン
スタイルズ・ホワイト
脚本
マイク・フラナガン
ジェフ・ハワード
撮影:マイケル・フィモナリ
編集:マイク・フラナガン
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

出演
アリス・ザンダー:エリザベス・リーサー
ポーリーナ”リーナ”ザンダー:アナリース・バッソ
ポーリーナ”リーナ”ザンダー(老年期):リン・シェイ
ドリス・ザンダー:ルールー・ウィルソン
トム・ホーガン神父:ヘンリー・トーマス
マイケル”マイキー”ラッセル:パーカー・マック
悪魔のマーカス:ダグ・ジョーンズ
ベティ:アレクシス・G・ザル
ジェニー・ブラウニング:ケイト・シーゲル
ブラウニング:サム・アンダーソン
エリー:ハル・チャールトン
エリーの母親:エル・キーツ
ロジャー・ザンダー:マイケル・ウィーヴァー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2016年製作 99分
公開
北米:2016年10月21日
日本:未公開
製作費 $9,000,000
北米興行収入 $35,144,510
世界 $81,705,750


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1967年、ロサンゼルス
未亡人である占い師のアリス・ザンダー(エリザベス・リーサー)は、郊外の家を占いの館としていた。

ブラウニング(サム・アンダーソン)の妻である癌で亡くなったメアリーの霊に話しかけたアリスは、自分を信じようとしない彼の娘ジェニー(ケイト・シーゲル)のことを気にせずに交信を続ける。

メアリーはいつまでも美しいと言われたブラウニングは、自分を許してほしいと涙ながらに語る。

許すと言っていることをブラウニングに伝えたアリスは、疑って手を放したジェニーに注意する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1967年、ロサンゼルス
未亡人である占い師のアリス・ザンダーは、15歳の娘リーナと9歳の次女ドリスと暮らしていた。
トリックで客の親族の霊と話をするように見せかけていたアリスは、あくまで人の心を癒すために行っていると考え、それを娘達に伝える。
ウィジャ・ボードを演出に使うことをリーナから提案されたアリスは、それを使うための準備を始める。
ボードを使い亡くなった夫の霊と交信したアリスだったが、それをきっかけにドリスに異変が起き、彼女は家の中で新しい友達ができたと言い出す・・・。
__________

「呪い襲い殺す」(2014)の前日譚を描く続編であり、前作に続きマイケル・ベイが製作に参加し、マイク・フラナガンが監督、脚本、編集を担当している。

トリックで占いをしていた一家が、”ウィジャ・ボード”を演出に使ったことをきっかけに、呪われた場所だった家で体験することになる恐怖を描くホラー。

コンピューターなどが使われるようになる、急速な技術発展前の1960年代後半という時代設定がなかなかいい。

物語のポイントとなる”ウィジャ・ボード”が効果的に使われ、地味な恐怖シーンで展開するものの、第二次大戦当時の迫害も絡む陰鬱な雰囲気が漂う、興味深い内容となっている。

900万ドルの低予算で製作された作品ではあるが、北米興行収入は約3500万ドル、全世界では約8200万ドルと健闘したと言える結果を残した。

「呪い襲い殺す」(2014)は製作費500万ドルで、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

夫を亡くし、苦しい生活の中で占い師として娘二人を育てるエリザベス・リーサー、その長女アナリース・バッソ、ラストで登場する彼女の老年期を演ずるリン・シェイ、霊能力を持つその妹ルールー・ウィルソン、家族のことを気遣う神父であり学校の校長のヘンリー・トーマス、リーナ(アナリース・バッソ)と親交を深める少年パーカー・マック、闇の悪魔として登場するダグ・ジョーンズ、リーナの友人アレクシス・G・ザル、冒頭で主人公に占いを依頼するサム・アンダーソン、その娘ケイト・シーゲル、リーナの友人ハル・チャールトン、その母親エル・キーツ、主人公の夫マイケル・ウィーヴァーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021