That's Movie Talk!     4034 Movies

ローマ発、しあわせ行き All Roads Lead to Rome (2015) 3.52/5 (33)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

娘と共に20年前ぶりにイタリアを訪れた女性が、当時、愛し合った相手と再燃する恋を描く、監督エラ・レムハーゲン、主演サラ・ジェシカ・パーカーラウル・ボヴァクラウディア・カルディナーレロージー・デイ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:エラ・レムハーゲン
製作
シルヴィオ・ムラグリア
デヴィッド・ワイラー
フアン・アントニオ・ガルシア・ペレド
フレデリク・ザンダー
モニカ・バガルディ
アンドレア・イェルヴォリーノ
脚本
シンディ・マイヤーズ
ジョシュ・アッピニャネージ
撮影:ゲルゲイ・ポハールノク
編集:トーマス・ラガーマン
音楽:アルフォンソ・ゴンサレス・アギラル

出演
マギー・フォーク:サラ・ジェシカ・パーカー
ルカ:ラウル・ボヴァ
カルメン:クラウディア・カルディナーレ
サマー・フォーク:ロージー・デイ
ジュリア・カルニ:パス・ベガ
マルチェリーノ:シェル・シャピロ

アメリカ 映画
配給 Momentum Pictures
2015年製作 91分
公開
北米:2016年2月5日
日本:2016年8月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークを飛び立ったシングルマザーのマギー・フォーク(サラ・ジェシカ・パーカー)は、20年前に滞在したことがあるイタリアに娘のサマー(ロージー・デイ)と共に向かう。

空港で車をレンタルしたマギーは、サマーのボーイフレンドで犯罪歴のあるタイラーのことで口論になる。

憤慨したサマーは後部座席に座り、タイラーからの着信に気づいたマギーは、サマーの携帯電話を道路に捨ててしまう。

電話がないと言って騒ぎ始めたサマーは、かつて滞在していた家に着いて昔を思い出すマギーを疑う。

そこに、当時恋したルカ(ラウル・ボヴァ)が現れ、彼がフランスに移住していたと思ったマギーは驚いてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

(簡略ストー リー)
イタリア
ニューヨーク在住のジャーナリスト、マギー・フォークは、娘のサマーと共に20年ぶりに思い出の地を訪れる。
かつて愛し合ったルカに再会したマギーは浮かれるのだが、犯罪歴のあるボーイフレンドとの交際を認めない母に反抗するサマーは、一人で帰国することを考える。
ルカの母親カルメンが、ある目的で家を出たいことを知ったサマーは、彼女と共に車で逃亡する。
それを知ったマギーとルカは二人を追い、サマーは空港に向かおうとするものの、大事な用があるというカルメンにローマに行くことを強要される。
ルカは、友人のテレビ・リポーターのジュリアに協力を求め、その件は、アメリカ人の少女が老女を誘拐した事件として報道されてしまう・・・。
__________

かつて滞在したイタリアの地で恋が再燃するアメリカ人女性と、反抗する娘が巻き起こす騒動を描くロマンチック・コメディ。

人気スター、サラ・ジェシカ・パーカーイタリアの男優ラウル・ボヴァが共演し、二人の恋が再燃するドラマなのだが、実年齢で彼女が6歳年上であり、それなりに見えるので、何となく釣り合いがとれないところが気になる。

かつてセックスシンボルとして人気を誇った世界的女優クラウディア・カルディナーレの出演がファンには嬉しい。

スウェーデン人監督のエラ・レムハーゲンが女性の視線で描いた作品でもあり、重要な役を演ずるクラウディア・カルディナーレに敬意を表しているのが窺える。

20年前の思い出の地に戻り、かつて愛し合った相手との恋が再燃する主人公を演ずるサラ・ジェシカ・パーカー、恋多き男ではあるが、主人公との20年ぶりの恋を実らせるラウル・ボヴァ、彼の母親で、かつて一世を風靡したポップ歌手だったクラウディア・カルディナーレ、彼女と逃亡する主人公の娘ロージー・デイ、ルカ(ラウル・ボヴァ)の友人であるテレビ・リポーターのパス・ベガ、かつてカルメン(クラウディア・カルディナーレ)とデュオを組んでいたシェル・シャピロなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up