That's Movie Talk!     4098 Movies

ワン・モア・タイム One More Time (2015)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人生に行き詰ったシンガーソングライターの女性と成功したミュージシャンの父や家族との関係を描く、主演クリストファー・ウォーケンアンバー・ハードケリ・ガーナーハミッシュ・リンクレイターオリヴァー・プラットアン・マグナソン他共演、監督ロバート・エドワードによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ロバート・エドワード

製作:ルーカス・ホアキン他
脚本:ロバート・エドワード
撮影:アン・エサリッジ
編集:モリー・ゴールドスタイン
音楽:ジョー・マクギニティ

出演
ポール・ロンバード/ポール・リップマ:クリストファー・ウォーケン
スターシャドウ”ジュード”リップマン:アンバー・ハード
コリーヌ・サンダーソン:ケリ・ガーナー
ティム・サンダーソン:ハミッシュ・リンクレイター
デヴィッド・サンダーソン:ヘンリー・ケルマン
ルシール・リップマン:アン・マグナソン
アラン:オリヴァー・プラット

アメリカ 映画
配給 Starz
2015年製作 98分
公開
北米:2015年4月18日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
売れないシンガーソングライターのスターシャドウ”ジュード”(アンバー・ハード)は、弁護士のアラン(オリヴァー・プラット)に悩みを電話で話ながら、かつて成功したムードシンガーの父ポール・ロンバード(クリストファー・ウォーケン)の家に向かう。

ロングアイランドハンプトンズ
ポールに迎えられたジュードは、姉コリーヌ(ケリ・ガーナー)と夫のティム(ハミッシュ・リンクレイター)、その息子のデヴィッド(ヘンリー・ケルマン)そして、義母ルシール(アン・マグナソン)と共に食事をする。

ジュードが家主と揉めてマンハッタンを離れたいという話などを聞いたポールは、皆にレコードを出すことを伝える。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
売れないシンガーソングライターのスターシャドウ”ジュード”は、人生に行き詰まり、ミュージシャンとして成功した父ポール・ロンバードの家があるロングアイランドハンプトンズに向かう。
ポールに歓迎されたジュードは、姉コリーヌと夫のティム、二人の息子デヴィッド、そした義母のルシールと共に過ごす。
様々な女性に手を出したポールのことを身勝手だと思うジュードは、コリーヌとの姉妹仲も悪く、更に、かつてティムと付き合っていた過去があった。
そんな、将来が見えないジュードは、父と衝突しながら苦悩する・・・。
__________

音楽の才能に恵まれているにも拘らず自堕落な生活を続け、父の生き方を身勝手だと思い傷つけられたと決めつける、人生を模索する女性の苦悩を描いたドラマ。

個性派ベテラン俳優のクリストファー・ウォーケンアンバー・ハードが父娘を演ずるという、実に興味深い作品。

撮影時はアンバー・ハードジョニー・デップは結婚目前だった。

主人公と言える娘の視点で描かれた作品で、長年、芸能界で生きた父は偏屈で頑固もな性格であり、才能がありながらも積極性に欠ける”反逆者”のような娘は、話がかみ合うはずもない。
そんな二人が、それなりに互いを理解する姿がしみじみと描かれている。

かつての栄光を思いつつ再起を目指すミュージシャンを、いい雰囲気で演ずるクリストファー・ウォーケン、人生の道を踏み外したことを、父や家族のせいにしながら苦悩するシンガーソングライターのアンバー・ハード、彼女の不仲の姉ケリ・ガーナー、その夫で、かつてジュード(アンバー・ハード)と付き合っていたハミッシュ・リンクレイター、その息子ヘンリー・ケルマン、主人公の妻アン・マグナソン、主人公の弁護士オリヴァー・プラットなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up