4213 Movies

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ Once Upon A Time In America (1984)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1952年に発表された、ハリー・グレイの小説”The Hoods”を基に製作された作品。
貧しいストリート・キッズから成り上がったギャングの40年以上にも及ぶ友情と苦悩を描く、監督、脚本セルジオ・レオーネ、主演ロバート・デ・ニーロジェームズ・ウッズエリザベス・マクガヴァンジェニファー・コネリージョー・ペシチューズデイ・ウェルドバート・ヤング他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:セルジオ・レオーネ
製作総指揮:クラウディオ・マンシーニ
製作:アーノン・ミルチャン
原作:ハリー・グレイ”The Hoods”
脚本
セルジオ・レオーネ

レオナルド・ベンヴェヌーティ
ピエロ・デ・ベルナルディ
エンリコ・メディオーリ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
編集:ニーノ・バラーリ
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
デヴィッド”ヌードルス”アーロンソン:ロバート・デ・ニーロ

マキシミリアン”マックス”バーコヴィッチ/クリストファー・ベイリー:ジェームズ・ウッズ
デボラ・ゲリー:エリザベス・マクガヴァン
デボラ・ゲリー(少女期):ジェニファー・コネリー
ジェームズ・コンウェイ・オドネル:トリート・ウィリアムズ
キャロル:チューズデイ・ウェルド
フランキー・マノルディ:ジョー・ペシ
パトリック”パッツィ”ゴールドバーグ:ジェームズ・ヘイドン
フィリップ”コックアイ”スタイン:ウィリアム・フォーサイス
モー”ファッツ”ゲリー:ラリー・ラップ
イヴ:ダーラン・フューゲル

ジョー・ミナルディ:バート・ヤング
バグジー:ジェームズ・ルッソ
ヴィンセント・アイエロ:ダニー・アイエロ
チルドレン・ジョー:リチャード・ブライト

アメリカ/イタリア 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1984年製作
初回劇場公開版:144分
劇場再公開版:205分
完全版:229分
公開
北米:1984年6月1日
日本:1984年10月6日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $5,300,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1933年、
ローワー・イーストサイドマンハッタンユダヤ人居住地区。

貧しい少年時代を生き抜き、ギャングとなった青年デヴィッド”ヌードルス”アーロンソン(ロバート・デ・ニーロ)は、当初の計画通りに警察に電話をかける。

その後ヌードルスは、フィリップ”コックアイ”スタイン(ウィリアム・フォーサイス)、パトリック”パッツィ”ゴールドバーグ(ジェームズ・ヘイドン)、そして、マキシミリアン”マックス”バーコヴィッチ(ジェームズ・ウッズ)の死を確認して阿片窟に向かう。

ヌードルスを追う組織の男達は、彼の恋人イヴ(ダーラン・フューゲル)を殺し、仲間のモー”ファッツ”ゲリー(ラリー・ラップ)を痛めつける。

翌日、ファッツの元に向かったヌードルスは危険を察知し、コインロッカーに隠してあった大金が消えていることを確認して、ニューヨークから姿を消す。
__________

1968年。
初老のヌードルスは、墓地の改葬通知を受け取り、旧友モーの元に姿を現す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ユダヤ人居住区で、貧しい不良少年として育ったヌードルスは、その地に越してきたマックスと意気投合して成り上がっていく。
街を支配するギャングの配下で活躍するヌードルスとマックスは、禁酒法を利用して大金を手に入れて、仲間達とそれを隠しておくことを誓い合う。
子供時代から心を寄せていたデボラが、女優を目指しハリウッドに向かうことを知ったヌードルスは失望し、それをきっかけに仕事への意欲も失い欠ける。
血気盛んなマックスは、禁酒法の廃止を知り、兼ねてから計画していた”連邦準備銀行”襲撃を実行しようとする。
しかしヌードルスは、失敗の可能性が高いその計画に反対し、マックスを守るために警察に密告するのだが・・・。
__________

製作者側の意図でズタズタにカットされ、ロバート・デ・ニーロ主演などで話題を呼んだにも拘らず、初公開時にはアメリカ国内では酷評され、興行的にも大失敗に終わった作品。

エンニオ・モリコーネの、哀愁漂う素晴しい音楽なども挿入されず、後から考えると信じ難いとしか言いようがないかたちで公開された、曰く付きの作品でもある。

ショックを受けたセルジオ・レオーネは自ら編集し直し、229分という、初公開版より90分も長い完全版を作り再び公開し、一転大絶賛され、結局本作は彼の代表作、そして遺作になった。

ユダヤ系とイタリア系との違いはあるが、作風や雰囲気、音楽まで同じような大叙事詩のドラマ「ゴッドファーザー」(1972)を思い起こさせる。

ゴッドファーザーPartⅡ」(1974)から10年、ハリウッドでも指折りの演技派となっていた主演のロバート・デ・ニーロは、早くも円熟の域に達しているという感じを受ける。

さらに、30年以上の時の流れを見事に表現したメイクは見事で、青年期と35年後では体形も変え、初老の男性らしく体重を増やしているところなどは、いかにも役に入れ込む彼らしい。

存在感のある共演者として、物語の中で才能を発揮するジェームズ・ウッズの熱演も印象に残る。

ロバート・デ・ニーロに比べると、老け役がいかにも作り物に見えるが、知的で冷酷さを感じる顔つきがなかなかいい。

見た目が幼く見えるために、デ・ニーロとは釣り合わないデボラ役のエリザベス・マクガヴァン、その少女時代を演じた、映画デビュー作となるジェニファー・コネリー、組合のリーダーのトリート・ウィリアムズ、マックス(J・ウッズ)の愛人役チューズデイ・ウェルド、友情出演的な端役ジョー・ペシ、少年のような風貌の主人公の仲間ウィリアム・フォーサイスジェームズ・ヘイドン、同じくラリー・ラップ、呆気なく殺されてしまうギャング役のバート・ヤング、悪徳警官役のダニー・アイエロ、主人公の恋人ダーラン・フューゲル、労使のゴタゴタを処理しようとする組織の男役リチャード・ブライトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020