4219 Movies

オーシャンズ12 Ocean’s Twelve (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1960年公開「オーシャンと十一人の仲間」のリメイク作品”オーシャンズ・シリーズ”の第2作。
監督、撮影スティーブン・ソダーバーグジョージ・クルーニーブラッド・ピットマット・デイモンドン・チードルバーニー・マックアンディ・ガルシアジュリア・ロバーツキャサリン・ゼタ=ジョーンズアルバート・フィニーブルース・ウィリス他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧
ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧
ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮
ブルース・バーマン
ジョン・ハーディー

スーザン・イーキンズ
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ジョージ・ノルフィ

撮影:スティーブン・ソダーバーグピーター・アンドリュース
編集:スティーヴン・ミリオン

音楽:デイビッド・ホルムズ

出演
ダニー・オーシャン:ジョージ・クルーニー
ラスティ・ライアン:ブラッド・ピット
ライナス・コールドウェル:マット・デイモン
フランク・キャットン:バーニー・マック
バシャー・ター:ドン・チードル
ヴァージル・モロイ:ケイシー・アフレック
ターク・モロイ:スコット・カーン
イエン:シャオボー・チン
リヴィングストン・デル:エディ・ジェイミソン

ルーベン・ティシュコフ:エリオット・グールド
ソール・ブルーム:カール・ライナー
フランソワ・トゥルア:ヴァンサン・カッセル
イザベル・ラヒリ:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ギャスパール・ルマーク:アルバート・フィニー
テリー・ベネディクト:アンディ・ガルシア
テス:ジュリア・ロバーツ
マツイ/マクナリー:ロビー・コルトレーン
ナイゲル:エディ・イザード

モリー・スター/コールドウェル夫人:チェリー・ジョーンズ
ヴァン・デ・ヴァウダ:ジェローン・クラッベ
バシャーのエンジニア:ジャレッド・ハリス
本人:ブルース・ウィリス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2004年製作 125分
公開
北米:2004年12月10日
日本:2005年1月22日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $125,531,634
世界 $362,744,280


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
3年半前、ローマ
ギャンブラーのラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)は、恋人であるユーロポール(欧州刑事警察機構)の捜査官イザベル・ラヒリ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)から、捜査中のブルガリ事件の話を聞く。

イザベルから、左のかかとが磨り減ったブーツの跡が見つかり、毛髪をDNA鑑定にかけているので結果を待っていると言われたラスティは、自分が犯人だったために姿を消す。

3週間半前、コネチカット州、イーストヘブン
カジノ王のテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)の金庫から1億6000万ドルもの大金を盗み出してから3年。

ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、田舎町の銀行に口座を開設する。

元妻でベネディクトの愛人だったテス(ジュリア・ロバーツ)と寄りを戻し平穏に暮らしていたオーシャンは、彼女に電話をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「オーシャンズ11」(2001)
・「オーシャンズ12」(2004)
・「オーシャンズ13」(2007)

*(簡略ストー リー)
ダニー・オーシャンと仲間達が、カジノ王のベネディクトの金庫 から1億6000万ドルを盗み出してから3年。
オーシャンと寄りを戻していたテスの元にベネディクトが現れ、盗んだ現金に3年分の利子を付けて2週間以内に返済することを要求する。
ベネディクトは、”オーシャンズ”のメンバーを見つけ出し同じように彼らを脅す。
ホテル業で成功していたラスティを加えた仲間達は、現金を用意するため、新たな強盗計画を練る。
そしてオーシャンズは、国内での仕事は無理だと考え、アムステルダムに飛ぶのだが・・・。
__________

今回も、それほど大掛かりな作品という感じはしないが、製作費はアクション大作並みの1億1000万ドルとなり、豪華スター競演のギャラは抑えられたという噂は流れたが、どう考えてもこれだけの出演者では、出費が嵩む作品には違いない。

北米で約1億2600万ドル、全世界では約3億6300万ドルのヒットとなったが、前作より1億ドル弱の減少となった。(世界)

人気スターが多数出演する作品ではあるが、個人的には自分の好みの俳優が少なくて、どうもこのシリーズを好きになれないのが正直な意見だ。

本来の個性があまり生かされない俳優陣は、気の合う仲間が集まり、やりたい放題、好き勝手に作っているとしか思えない。

しかし、それに1億ドルを超す投資ができるところが、いかにもハリウッドらしい。

今回はレギュラーメンバーに加え、ユーロポール捜査官キャサリン・ゼタ=ジョーンズの役柄が一つのポイントとして描かれ、美しさと男勝りな彼女の魅力は注目だ。

大富豪である怪盗ヴァンサン・カッセルと、クライマックスでようやく顔を出すヨーロッパ一の強盗アルバート・フィニーの存在も見逃せない。

情報屋のロビー・コルトレーン、偽造屋のエディ・イザード、”オーシャンズ”を助けるライナス(マット・デイモン)の母チェリー・ジョーンズ、スタジオ・エンジニアのジャレッド・ハリス、大富豪であるウ骨董商のヘンリー・ツェニー、そして、本人役のブルース・ウィリスが楽しそうに演じている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020