4214 Movies

オブリビオン Oblivion (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

製作、監督、脚本を兼ねるジョセフ・コシンスキーの未発表のグラフィック・ノベル(編集ラディカル・コミックス)を基に製作された作品。
異星人の侵略後の滅亡の危機にある地球で、監視活動を続ける男の運命を描く、主演トム・クルーズモーガン・フリーマンオルガ・キュリレンコアンドレア・ライズボロー他共演のSFアクション。


SF

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・コシンスキー
製作
ジョセフ・コシンスキー

ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
バリー・レヴィン
ダンカン・ヘンダーソン
製作総指揮
イェッセ・ベルガー

デイヴ・モリソン
原作:ジョセフ・コシンスキー
脚本
ジョセフ・コシンスキー

カール・ガイダシェク
マイケル・アーント
撮影:クラウディオ・ミランダ
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:M83

出演
ジャック・ハーパー:トム・クルーズ

マルコム・ビーチ:モーガン・フリーマン
ジュリア・ルサコーヴァ:オルガ・キュリレンコ
ヴィクトリア“ヴィカ”オルセン:アンドレア・ライズボロー
サイクス:ニコライ・コスター=ワルドー
サリー:メリッサ・レオ
ジュリアの娘:アビゲイル・ロウ/イザベル・ロウ
カラ:ゾーイ・ベル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2013年製作 124分
公開
北米:2013年4月19日
日本:2013年5月31日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $89,107,240
世界 $286,168,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2077年。
異星人”スガウ”の星が死にかけ、彼らは半世紀前に月を破壊した。

地球は、地震と津波で世界各地の都市が破壊され、その後”スガウ”の侵略が始まった。

戦いを挑んだ人類は勝利するものの、使用した核兵器の放射能汚染で地球を失った。

人類は、土星の衛星”タイタン”へ移住するための拠点となる、宇宙管制センター”テット”を建設した。

5年前に記憶を消されたジャック・ハーパー(トム・クルーズ)は、恋人ヴィクトリア“ヴィカ”オルセン(アンドレア・ライズボロー)と共に、空中の”タワー49”で地球の海水を核エネルギー化する採水プラントの警備に就いていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2077年。
異星人の侵略を受けた人類は、滅亡の危機にある地球から、土星の衛星”タイタン”への移住計画を進めていた。
ジャック・ハーパーと恋人ヴィカは、地球の海水をエネルギー化するプラントを警備していた。
ある日、飛来物体墜落を目撃したジャックは、その現場に向かい、それが戦争前の地球の宇宙船であり乗組員がいることを確認する。
睡眠状態の乗組員ジュリアをタワーに運んだジャックは、意識が戻った彼女と共に墜落した宇宙船のフライトレコーダーを回収する。
しかし、何者かに襲われたジャックは拘束され、人類の生存者ビーチから、移住の拠点となる管制センター”トット”破壊を強要される。
ジュリアを殺すと脅されたジャックは、彼女と共に”エンパイア・ステート・ビルディング”に向かい、彼女からある事実を知らされるのだが・・・。
__________

異星人の侵略、核戦争、地球外への脱出そしてクローンなど、様々なSFの要素を網羅した無難に仕上げられた作品。

その全てに目新しさもなく、1970年代のSFへのオマージュだというジョセフ・コシンスキーの演出は平凡で、トム・クルーズの魅力と映像の美しさだけが見どころといったところだろうか。

トム・クルーズ作品としてはやや寂しい、北米興行収入は約8900万ドルに終わるものの、全世界では約2億8600万ドルのヒットとなった。

単調な展開も、期待のモーガン・フリーマンの登場で盛り上がるかと思いきやそうでもない。
悪党の雰囲気で登場する生存者のリーダー、モーガン・フリーマンに頭をかしげていると、終盤では、彼らしい人間味を感じさせる演技で存在感を発揮する。
それでも、彼のファンにとっては物足りない演技ではなかっただろうか。

主演のトム・クルーズは、流石にその表情だけで”スター”を意識させるオーラが違う。
単なるアクションだけでは終わらせない、彼の仕事に対する熱意を体全体から感じることができる。

素朴な雰囲気がいい、主人公の妻オルガ・キュリレンコ、主人公とチームを組む恋人のアンドレア・ライズボロー、彼女らに指令を出す、モニター映像のみの出演となる管制官のメリッサ・レオ、生存者組織の一員のニコライ・コスター=ワルドーゾーイ・ベル、ヒロインの娘アビゲイル・ロウ/イザベル・ロウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020