4214 Movies

HIT&RUN Hit and Run (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

証人保護プログラム”に守られている男と恋人の必死の逃亡劇を描く、監督、脚本、編集、出演ダックス・シェパードクリステン・ベルブラッドリー・クーパー他共演のアクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督
ダックス・シェパード

デヴィッド・パーマー
製作
ネイト・タック

アンドリュー・パネイ
キム・ウォートリップ
脚本:ダックス・シェパード
撮影:ブラッドリー・ストーンサイファー
編集
キース・クロケット

ダックス・シェパード
音楽
ロバート・マーヴァック

ジュリアン・ワス

出演
アニー・ビーン:クリステン・ベル

チャーリー・ブロンソン/ユル・パーキンス:ダックス・シェパード
ランディ・アンダーソン連邦保安官:トム・アーノルド
アレックス・ディミトリー:ブラッドリー・クーパー
デビー・クリーガー:クリスティン・チェノウェス
ギル・ラスビン:マイケル・ローゼンバウム
テリー・ラスビン:ジェス・ローランド
クリント・パーキンス:ボー・ブリッジス
サンダース:デヴィッド・ケックナー
ネヴ・テイタム:ジョイ・ブライアント
アレン:ライアン・ハンセン
キース・イェート連邦保安官:ジェイソン・ベイトマン
サンディ・オスターマン:ショーン・ヘイズ

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ

2012年製作 100分
公開
北米:2012年8月22日
日本:2013年2月16日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $13,746,600
世界 $14,453,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、ミルトン
恋人のアニー・ビーン(クリステン・ベル)と共に田舎で暮らす犯罪者チャーリー・ブロンソン(ダックス・シェパード)は、ゲイの連邦保安官ランディ・アンダーソン(トム・アーノルド)の監視下で証人保護プログラムを受けていた。

地元の大学の教授だったアニーは、カリフォルニア大学の社会学部で紛争解決学を任せたいという連絡を受けたことを、上司デビー・クリーガー(クリスティン・チェノウェス)から知らされる。

アニーからロサンゼルス行きの件を知らされたチャーリーは驚き、彼女と離れたくないが夢を叶えさせたい気持ちもあり悩む。

翌朝、デビーに元の職に戻してもらおうとしたアニーは大学に向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ミルトン
大学教授アニー・ビーンは”証人保護プログラム”で守られている犯罪者チャーリーと暮らしていた。
紛争解決学の専門家アニーは、カリフォルニア大学からのオファーがあったことを上司デビーから知らされる。
喜ぶアニーだったが、彼女と別れることができないチャーリーは、自分もロサンゼルスに向かう決心をする。
保護を放棄し危険を承知で旅立ったチャーリーを監視する連邦保安官のランディや、アニーが危険な男と行動を共にすることを知った元恋人のギルは彼女らを追う。
ギルは、弟のテリーにチャーリーの車を調べさせ、彼の本名を知り銀行強盗仲間アレックスに連絡を取る。
それを知ったアレックスは、チャーリーが持ち去った現金を奪い返すため、自分達を裏切った彼を追う・・・。
__________

主演のクリステン・ベルと同棲中であるダックス・シェパード、監督、脚本、編集の意欲作。

カリフォルニア大学からのオファーを受けた優秀な教授である主人公が、命を狙われる三流強盗と暮らしているという設定がまず可笑しい。

その主人公は紛争解決学の専門家ということで、揉め事と共に生きているような恋人が、彼女への愛や夢のために、自制心を失いかける自分と必死に戦う姿も愉快だ。

馬鹿げた内容はコメディなので許せるし、大物を含めた人気、個性派スター競演も嬉しい。

カー・アクションなどの見せ場も多く、200万ドルの低予算作品ながら、一歩間違えれば大化けしそうな雰囲気もある楽しい内容だが、制作費の数倍の収益はあげるものの、全世界で約1400万ドルの興行収入に終わった。
まともな作品ならば、ブラッドリー・クーパー一人分のギャラだろう・・・。

犯罪者と付き合っているために大変な事件に巻き込まれる大学教授クリステン・ベル、その恋人で、主役と言っていい活躍を見せる保護されている犯罪者ダックス・シェパード、彼を監視する間抜けなゲイの連邦保安官トム・アーノルド、脇役に徹する犯罪者仲間ブラッドリー・クーパー、主人公の上司クリスティン・チェノウェス、主人公の元恋人役マイケル・ローゼンバウム、その弟で警官ジェス・ローランド、チャーリー(D・シェパード)の父親ボー・ブリッジス、エンジン泥棒デヴィッド・ケックナー、銀行強盗仲間のジョイ・ブライアントライアン・ハンセン連邦保安官ジェイソン・ベイトマン、主人公を採用する大学教授ショーン・ヘイズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020