4511 Movies

愛し方を忘れたら Not Easily Broken (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

互いを運命の人と考えながら結婚した男女に生ずる亀裂とその関係改善に努力する姿を描く、監督ビル・デューク、主演モリス・チェスナットタラジ・P・ヘンソンミーヴ・クインラン他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ビル・デューク
製作:T・D・ジェイクス
原作:T・D・ジェイクス”Not Easily Broken”
脚本:ブライアン・バード
撮影:ギアリー・マクレオド
編集:ジョッシュ・リフキン

音楽:カート・ファークアー

出演
デイヴ・ジョンソン:モリス・チェスナット

クラリス・クラーク=ジョンソン:タラジ・P・ヘンソン
ジュリー・ソイヤー:ミーヴ・クインラン
ツリー:ケヴィン・ハート
ダーネル・グッデン:ウッド・ハリス
ブライソン・ソイヤー:キャノン・ジェイ
ブロック・ハウスマン:エディ・シブリアン

メアリー”ママ”クラーク:ジェニファー・ルイス
ミシェル:ニーシー・ナッシュ
ウィルキス司教:アルバート・ホール

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ

2009年製作 99分
公開
北米:2009年1月9日
日本:未公開
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $10,572,740
世界 $10,726,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1995年、ロサンゼルス
デイヴ・ジョンソン(モリス・チェスナット)は、運命の人クラリス(タラジ・P・ヘンソン)と結婚式を挙げる。

メジャー・リーガーを目指していたデイヴは大学時代の怪我でそれを諦め、個人経営の建築業者として働いていた。

キャリアを磨くため不動産会社で働くクラリスとはすれ違い気味の生活が続くデイヴは、友人のツリー(ケヴィン・ハート)ブロック・ハウスマン(エディ・シブリアン)と共にバスケットボールの試合に向い、プレイ中、自分を妬むダーネル・グッデン(ウッド・ハリス)と揉める。

帰宅したデイヴは、ベッドに入っていたクラリスを求めるが相手にしてもらえない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

2006年に発表された、T・D・ジェイクスの小説”Not Easily Broken”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
デイヴ・ジョンソンと妻クラリスは、互いを運命の人として考え結婚する。
やがて、個人経営の建築業者として地道に働くデイヴと、キャリアにこだわり不動産会社で働くクラリスとは考え方の違いもあり、夫婦関係に亀裂が生じ始める。
そんな時、交通事故でクラリスが重傷を負い、彼女の母メアリーはそれをデイヴのせいにして非難する。
家に住み込みクラリスの面倒をみ始めたメアリーは、理学療法士のジュリーと共に娘のリハビリに協力する。
部外者扱いされるデイヴは悩み、クラリスから完全に心が離れてしまう。
そんなデイヴは、息子ブライソンを愛するジュリーとの関係に安らぎを求め、やがて心惹かれるようになる・・・。
__________

アクション映画などの俳優、そして監督としても「天使にラブ・ソングを2」(1993)「奴らに深き眠りを」など話題作を手掛けるビル・デュークの監督作品。

幸せの絶頂として結婚した夫婦の多くが経験する問題を切実に描いた、ビル・デュークの深い演出が見所の作品。

悶々とする雰囲気で展開するドラマなのだが、苦しみぬく男女が互いを理解し将来に希望を抱かせるラストは実に心地よい。

”Not Easily Broken”という原題は、本作が言おうとする意味を見事に表現している素晴らしいタイトルだ。

苦悩する主人公を好演するモリス・チェスナット、愛を理解できずに過ごすものの、夫と共に苦難を乗り越えようと努力するタラジ・P・ヘンソン、その母親ジェニファー・ルイス、二人に関係する理学療法士ミーヴ・クインラン、その息子キャノン・ジェイ、主人公の友人ケヴィン・ハートエディ・シブリアン、過去のわだかまりで主人公を恨み続けるものの、理解し合う仲になるウッド・ハリス、クラリス(タラジ・P・ヘンソン)の同僚ニーシー・ナッシュ、主人公と妻に的確な助言をする司祭アルバート・ホールなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021