4184 Movies

北西への道 Northwest Passage (1940)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

フレンチ・インディアン戦争”を舞台に、インディアン討伐隊”ロジャース・レンジャーズ”と指揮官ロバート・ロジャーズ少佐の戦いを描く、監督キング・ヴィダー、主演スペンサー・トレイシーロバート・ヤングウォルター・ブレナン他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:キング・ヴィダー

製作:ハント・ストロンバーグ
原作:ケネス・ロバーツNorthwest Passage
脚本
ローレンス・スターリングス
タルボット・ジェニングス
撮影
シドニー・ワグナー
ウィリアム・V・スコール
編集:コンラッド・A・ネルヴィッヒ
音楽:ハーバート・ストサート

出演
ロバート・ロジャーズ少佐:スペンサー・トレイシー
ラングドン・タウン:ロバート・ヤング
”ハンク”マリナー:ウォルター・ブレナン
エリザベス・ブラウン:ルース・ハッシー
”キャップ”ハフ:ナット・ペンドルトン
ブラウン牧師:ルイ・ヘクター
ハンフリー・タウン:ロバート・バラット
アマースト卿:ラムスデン・ヘアー
マクノット軍曹:ドナルド・マクブライド
ジェニー・コイト:イザベル・ジュエル
エイブリー中尉:ダグラス・ウォルトン
クロフトン中尉:アディソン・リチャーズ
ジェシー・ビーチャム:ヒュー・ソーサーン
ウェブスター:リージス・トゥーミー
タウン夫人:ヴェルナ・フェルトン
ワイズマン・クラゲット:モンタギュー・ラブ
サム・リバモア:レスター・マシューズ
オグデン大尉:トルーマン・ブラッドリー
レンジャー:トム・ロンドン
レンジャー:ハンク・ウォーデン

アメリカ 映画
配給 MGM
1940年製作 125分
公開
北米:1940年2月23日
日本:1951年5月8日
製作費 $2,687,000


アカデミー賞
第13回アカデミー賞

・ノミネート
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1759年、ニューハンプシャー州、ポーツマス
青年ラングドン・タウン(ロバート・ヤング)は、ハーバード大学を放校処分となり故郷に戻る。

酒場を始めた”キャップ”ハフ(ナット・ペンドルトン)から、”ハンク”マリナー(ウォルター・ブレナン)が、弁護士ワイズマン・クラゲット(モンタグ・ラブ)と揉めたため、さらし刑にされていることを知る。

ハフと共にハンクの元に向かったラングドンは、総長を侮辱する風刺画を描いたために放校になったことを二人に話す。

父ハンフリー(ロバート・バラット)や弟たちを失望させたことを謝罪するラングドンだったが、母(ヴェルナ・フェルトン)に擁護してもらう。

ハンフリーは、ラングドンが望み通りに絵が描けることは素晴らしいことだと言う妻の意見に同意する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1759年、ニューハンプシャー州、ポーツマス
ハーバード大学を放校処分となった青年ラングドンは、町の住人ハンクと共に問題を起こし、逃亡することになる。
インディアン討伐隊”ロジャース・レンジャーズ”の指揮官ロバート・ロジャーズ少佐は、出会ったラングドンが地図を描けることを知り、ハンクと共に協力させようとする。
司令官から、アベナキ族を全滅させる命令を受けたロジャーズは部隊と共に出撃し、フランス軍を警戒しながら北部に向かうのだが・・・。
__________

1937年に発表された、ケネス・ロバーツの小説”Northwest Passage”を基に製作された作品。

フレンチ・インディアン戦争”を舞台に、インディアン討伐隊”ロジャース・レンジャーズ”と指揮官ロバート・ロジャーズ少佐の戦いを描く歴史ドラマ。

サイレント期から多くの秀作を残していたキング・ヴィダーが、「我は海の子」(1937)「少年の町」(1938)で2年連続アカデミー主演男優賞を受賞したスペンサー・トレイシーを主演に起用して監督した大作。

ロジャース・レンジャーズ”の苦難の行軍と戦いをスケール感のある映像で映し出し、信念の男である主人公”ロバート・ロジャーズ”の人間性を深く描く、キング・ヴィダーの力感溢れる演出が見どころの作品。

第13回アカデミー賞では、撮影賞(カラー)にノミネートされた。

フレンチ・インディアン戦争”時のインディアン討伐隊の物語であるため、残虐非道な先住民の行為に対し、それ以上の行動で対抗しようとする主人公の言動などは、現代では映像化できないような内容であることを承知して鑑賞することをお勧めします。

主演のスペンサー・トレイシーは、妥協を許さない行動で常に最善を尽くし全力で戦いに挑む、”ロジャース・レンジャーズ”の指揮官ロバート・ロジャーズ少佐を見事な演技で熱演している。

主人公に絵の才能を認められ、レンジャーズに加わる青年ラングドンを好演するロバート・ヤング、その友人であり彼を支える男を味のある演技で演ずるウォルター・ブレナン、ラングドンの恋人ルース・ハッシー、その父親で牧師のルイ・ヘクター、ラングドンの知人である酒場の主人ナット・ペンドルトン、ラングドンの父親ロバート・バラット、母親ヴェルナ・フェルトン、主人公の上官であるイギリス軍司令官ラムスデン・ヘアー、主人公の部下である軍曹ドナルド・マクブライド、インディアンに捕らえられていた白人女性イザベル・ジュエル、正気を失うレンジャーズ隊員のダグラス・ウォルトンアディソン・リチャーズ、同じく隊員のヒュー・ソーサーン、リージス・トゥーミー、主人公の副官トルーマン・ブラッドリー、隊員のトム・ロンドンハンク・ウォーデン、ラングドンと揉める弁護士のモンタギュー・ラブ、ラングドンの友人レスター・マシューズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020