4238 Movies

スタンドアップ North Country (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1988年に、ミネソタメサビ鉄山で実際に起きた、セクシャルハラスメント事件”ジェンソン対エベレス・タコナイト会社”(この件に関する世界初の集団訴訟)及び、2002年に発表された、カーラ・ビンガムとローラ・リーディ・ギャンスラーの共同著書”Class Action”(集団訴訟)を基に製作された社会派ドラマ。
高校生で出産し、人々から侮辱されながらも、二人の子供を必死で育てようとする女性が、ようやく見つけた職場で受けた、セクハラや孤立する立場に苦しみながら、勇気を持って立ち上がり訴訟で勝利し、家族の愛もとり戻すまでを描く、主演シャーリーズ・セロンフランシス・マクドーマンドシシー・スペイセクウディ・ハレルソンショーン・ビーンミシェル・モナハンリチャード・ジェンキンスジェレミー・レナー共演、監督ニキ・カーロによる感動のドラマ。


ドラマ(社会派)

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧
フランシス・マクドーマンド / Frances McDormand / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ニキ・カーロ
製作:ニック・ウェクスラー
製作総指揮
ヘレン・バートレット
ナナ・グリーンウォルド
ダグ・クレイボーン
ジェフ・スコール
原作
カーラ・ビンガム
ローラ・リーディ・ギャンスラー
脚本:マイケル・サイツマン
撮影:クリス・メンゲス
編集:デヴィッド・コウルソン
音楽:グスターボ・サンタオラヤ

出演
シャーリーズ・セロン:ジョージー・エイムズ
フランシス・マクドーマンド:グローリー・ダッジ
シシー・スペイセク:アリス・エイムズ
ウディ・ハレルソン:ビル・ホワイト
ショーン・ビーン:カイル・ダッジ
ミシェル・モナハン:シェリー
リチャード・ジェンキンス:ハンク・エイムズ
サンダー・バークレー:アーレン・パヴィッチ
ジェレミー・レナー:ボビー・シャープ
ラスティ・シュウィマー:ビッグ・ベティ
ジリアン・アルメナンテ:ペグ
リンダ・エモンド:レスリー・コンリン
ジェームズ・キャダ:ドン・ピアーソン
トーマス・カーティス:サミー・エイムズ
エル・ピーターソン:カレン・エイムズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2005年製作 126分
公開
北米:2005年10月21日
日本:2006年1月14日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $18,324,240
世界 $25,211,180


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優(シャーリーズ・セロン)
助演女優賞(フランシス・マクドーマンド)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1989年、ミネソタ州北部。
夫の暴力に絶えかねて家を出た、ジョージー・エイムズ(シャーリーズ・セロン)は、息子のサミー(トーマス・カーティス)と娘カレン(エル・ピーターソン)を連れて故郷の町に戻る。

男遊びの絶えなかったジョージーは、10代で父親が分からないサミーを産み、それがきっかけで、父親ハンク(リチャード・ジェンキンス)との仲は冷え切り、母親アリス(シシー・スペイセク)も、娘に対する周囲の目を気にしてばかりいた。

ある日ジョージーは、鉱山会社でトラックの運転手をしている、グローリー・ダッジ(フランシス・マクドーマンド)に再会する。

グローリーは、賃金のよい鉱山で働くことをジョージーに勧めるが、同じ鉱山で働く父ハンクに反対され、母アリスは、娘に夫と寄りを戻すことを望む。

しかし、ジョージは鉱山で働くことを決意し、グローリーと夫カイル(ショーン・ビーン)の家に居候することになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1989年、ミネソタ州北部。
夫の暴力に絶えかねて家を出たジョージー・エイムズは、幼い子供二人を連れて故郷の町に帰る。
男遊びの絶えなかったジョージーは、10代で出産し、父親ハンクとの仲は冷え切り、母親アリスは周囲の目を気にしてばかりいた。
そんなジョージーは、鉱山会社で働く知人のグローリーと再会し、賃金のよい鉱山で働くことを勧められる。
同じ鉱山で働くハンクには反対され、アリスは夫と寄りを戻すことをジョージーに望むが、結局、彼女は鉱山で働くことを決意しする。
グローリーと夫カイルの家に居候することになったジョージーは、男の世界である鉱山での、想像以上の厳しい視線や態度に驚いてしまう。
さらにジョージーは、高校時代に関係していた、同じ職場のボビーの存在も気になる。
その後、容赦しない仕打ちにショックを受けるジョージーは、グローリーに励まされながら、何とか新居を構える。
しかし、嫌がらせは子供達にまで及び、彼女らへのセクハラはエスカレートし、孤立してしまう・・・。
__________

第78回アカデミー賞では、主演女優(シャーリーズ・セロン)、助演女優賞(フランシス・マクドーマンド)にノミネートされた。

実際に悲惨な貧困生活の経験もあるシャーリーズ・セロンは、2年前のアカデミー主演賞受賞作「モンスター」(2003)に続く”汚れ役”と言っていい役柄を、体を張った迫真の演技で演じている。
スーパーモデルのような美しさから一転し、このような役を演じ切れる彼女の真の実力と、力強さを感じられる作品でもある。

注目は、ハリウッドを代表する演技派を集めた共演陣の素晴らしさで、地味な作品ながら重みのあるストーリーに仕上がっている。

病魔に倒れながらも、主人公を助けようとする同僚フランシス・マクドーマンドの精神的な逞しさ、娘をあくまで温かく見守るシシー・スペイセクと、孤立する娘を助けずにいられなくなる、不仲だった父リチャード・ジェンキンスとの親子愛の修復、息子トーマス・カーティスとの和解なども感動を呼ぶ。

ややイメージに合わない慎重な弁護士役ではあるが好演するウディ・ハレルソン、公平な立場でものを見る、冷静なグローリー(F・マクドーマンド)の夫役ショーン・ビーンセクハラに耐えながら、主人公の勇気に賛同する同僚のミシェル・モナハン、会社の上司役サンダー・バークレー、主人公のかつての恋人で、嫌がらせを繰り返すジェレミー・レナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020