4751 Movies

浮かれ姫君 Naughty Marietta (1935)

ヴィクター・ハーバートによる1910年のオペレッタ”Naughty Marietta”を基に製作された作品。
政略結婚から逃れた王女が逃亡の地で巻き起こす騒動と恋を描く、監督ロバート・Z・レナードW・S・ヴァン・ダイク(製作兼)、主演ジャネット・マクドナルドネルソン・エディフランク・モーガンエルザ・ランチェスターダグラス・ダンブリル他共演のミュージカル・ロマンス。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督
ロバート・Z・レナード
W・S・ヴァン・ダイク
製作
ハント・ストロンバーグ
W・S・ヴァン・ダイク
原作
Naughty Marietta
ヴィクター・ハーバート
リダ・ジョンソン・ヤング
脚本
フランセス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
ジョン・リー・メイヒン
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
編集:ブランチ・シューエル
音楽
ヴィクター・ハーバート
ハーバート・ストサート

出演
マリー・ド・ナモール・デ・ラ・ボンファン王女:ジャネット・マクドナルド
リチャード・ウォリントン大尉:ネルソン・エディ
ガスパール・ダナール総督:フランク・モーガン
マダム・ダナール:エルザ・ランチェスター
ナモール・デ・ラ・ボンファン王子:ダグラス・ダンブリル
ジュリー:セシリア・パーカー
ドン・カルロス・デ・ブラガンザ:ウォルター・キングスフォード
ヘアー・シューマン:ジョセフ・コーソーン
フロー・シューマン:グレタ・マイヤー
ルドルフォ:エイキム・タミロフ
アブラハム”エイブ”:ハロルド・ヒューバー
エゼキエル”ゼケ”クレイマー:エドワード・ブロフィー
マリエッタ・フラニーニ:ヘレン・シップマン
ダンシング・ドール:アドリアナ・カセロッティ
フィーユ・デ・ガール:メアリー・ドーラン(クレジットなし)
海賊:レイモンド・マッセイ(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 MGM
1935年製作 103分
公開
北米:1935年3月29日
日本:1935年10月
製作費 $782,000
北米興行収入 $1,058,000
世界 $2,057,000


アカデミー賞
第8回アカデミー賞
・受賞
録音賞
・ノミネート
作品賞


ストーリー
パリ
マリー・ド・ナモール・デ・ラ・ボンファン王女(ジャネット・マクドナルド)は、スペインの公爵ドン・カルロス・デ・ブラガンザ(ウォルター・キングスフォード)と政略結婚させようとする、伯父ナモール・デ・ラ・ボンファン王子(ダグラス・ダンブリル)の考えに従う気はなかった。
マリーは、伯父の召使いマリエッタ・フラニーニ(ヘレン・シップマン)が、好きな男性と結婚できず、”カスケット・ガール”としてニューオーリンズに向かい、地元の男性と結婚することを知りあることが閃く。
マリエッタに扮したマリーは、カスケット・ガールと共に乗船して旅立ち、今後のことを不安に思う女性ジュリー(セシリア・パーカー)を励まし親しくなる。
途中、海賊に襲われた船は乗組員を殺され、マリーらは連れ去られる。
傭兵部隊の歌声が聴こえたマリーは、隊長のリチャード・ウォリントン大尉(ネルソン・エディ)に助けを求め、部隊は海賊を倒す。
マリーに惹かれたウォリントンだったが、結婚するつもりはないことを彼女に伝える。
ウォリントンらはマリーらを無事にニューオーリンズに連れて行き、総督ガスパール・ダナール(フランク・モーガン)と妻(エルザ・ランチェスター)に歓迎される。
カスケット・ガールは修道院に向かい、夫となるべき男性たちと交流を深めていく。
結婚を拒んだマリーは、部屋を用意してくれたウォリントンの隙を見て姿を消す。
自分の美声を認めてくれた、ジプシー一座の団長ルドルフォ(エイキム・タミロフ)の世話になったマリーだったが、出演した人形劇を観たウォリントンに見つかってしまう。
その頃、マリーが逃亡したことを知った伯父ナモールは、ドン・カルロスと共にニューオーリンズに向かい、彼女を連れ戻そうとするのだが・・・。


解説 評価 感想

ヴィクター・ハーバートのオペレッタ”Naughty Marietta”を基に、監督ロバート・Z・レナードW・S・ヴァン・ダイクジャネット・マクドナルドネルソン・エディの共演が話題になった作品。

初共演のジャネット・マクドナルドネルソン・エディは、本作以降8作で共演することになる。
ジャネット・マクドナルド & ネルソン・エディ共演作

政略結婚から逃れた王女が逃亡の地で巻き起こす騒動と恋を描く

ミュージカル・ロマンス。

ルイジアナフランス植民地に結婚するために移住する女性”カスケット・ガール”に、政略結婚から逃れようとする王女が紛れ込んで旅するという、序盤の展開がまず興味深い。

何と言っても、”逃亡王女”ジャネット・マクドナルドと傭兵の逞しい隊長を演ずるネルソン・エディの圧倒的な歌唱力が注目の作品であり、ヴィクター・ハーバートの5つの楽曲をメインにしたミュージカルとロマンスに加え、アドベンチャー的な要素も楽しめる見応えある作品に仕上がっている。

第8回アカデミー賞では録音賞を受賞し、作品賞にノミネートされた。

2003年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

トラブルに対処する総督を愉快に演ずるフランク・モーガン、その妻エルザ・ランチェスター、逃亡した姪である王女を連れ戻そうとするダグラス・ダンブリル、ヒロインに優しくしてもらい親しくなるカスケット・ガールセシリア・パーカー、ヒロインの結婚相手ウォルター・キングスフォード、ヒロインの恩師夫妻ジョセフ・コーソーングレタ・マイヤー、ヒロインの歌の才能を認めるジプシー一座の団長エイキム・タミロフカスケット・ガールの話を聞いたヒロインが入れ替わる召使いのヘレン・シップマン、海賊役で端役出演のレイモンド・マッセイ他、ハロルド・ヒューバーエドワード・ブロフィーアドリアナ・カセロッティメアリー・ドーランなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022