4216 Movies

ミスティック・リバー Mystic River (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

2001年に発表された、デニス・ルヘイン同名小説を基に製作された作品。
少年時代の辛い体験を引きずりながら成長した三人の幼馴染みの運命を描く、製作、監督、音楽クリント・イーストウッド、主演ショーン・ペンティム・ロビンスケヴィン・ベーコンローレンス・フィッシュバーンマーシャ・ゲイ・ハーデンローラ・リニーエミー・ロッサム他共演によるサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest
ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:ブルース・バーマン
製作
クリント・イーストウッド

ジュディ・ホイト
ロバート・ロレンツ

原作:デニス・ルヘイン
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:トム・スターン
編集:ジョエル・コックス
音楽:クリント・イーストウッド

出演
ジミー・マーカム:ショーン・ペン

デイヴ・ボイル:ティム・ロビンス
ショーン・デヴァイン:ケヴィン・ベーコン
ホワイティ・パワーズ:ローレンス・フィッシュバーン
セレステ・ボイル:マーシャ・ゲイ・ハーデン
アナベス・マーカム:ローラ・リニー
ケイティ・マーカム:エミー・ロッサム
ヴァル・サヴェージ:ケヴィン・チャップマン
ニック・サヴェージ:アダム・ネルソン
ケヴィン・サヴェージ:ロバート・ウォルバーグ

ブレンダン・ハリス:トム・グイリー
レイ・ハリス:スペンサー・トリート・クラーク
マイケル・ボイル:ケイデン・ボイド
ルーニー:イーライ・ウォラック

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2003年製作 137分
公開
北米:2003年10月15日
日本:2004年1月10日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $90,135,190
世界 $156,822,000


アカデミー賞 ■
第76回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ショーン・ペン)
助演男優賞(ティム・ロビンス)
・ノミネート
作品・監督
助演女優(マーシャ・ゲイ・ハーデン)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1975年、ボストン
仲のいい三人組の少年ジミー、デイヴ、ショーンは、通りで遊んでいる際、道路工事の固まっていないコンクリートに自分達の名前を書いてしまう。

そこに現れた、警官風の男二人に注意された三人は、家の遠かったデイヴだけが車に乗せられ連れ去られる。

デイヴは男達に性的暴行を受け何んとか逃げ出して来るものの、心を閉ざしてしまう。

25年後。
かつて、強盗で服役したこともあるジミー・マーカム(ショーン・ペン)は雑貨店を経営し、デイヴ・ボイル(ティム・ロビンス)は妻子と平凡に暮らし、ショーン・デヴァイン(ケヴィン・ベーコン)は刑事となっていたものの、今では交流は殆どなかった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1975年、ボストン
ジミー・マーカム、デイヴ・ボイル、ショーン・デヴァインの少年三人は、通りで遊んでる際、警官風の男二人組にデイヴだけ連れ去られてしまう。
デイヴは二人に性的虐待を受け、その場から逃げ出すものの心を閉ざし、少年達の交流もなくなる。
25年後、服役したこともあるジミーは雑貨店を経営し、デイヴは妻子と平凡に暮らして、ショーンは刑事になっていた。
ある日、バーで、ジミーの19歳の娘ケイティを見かけたデイヴは、手を血だらけにして帰宅し、妻セレステは、男に襲われ相手を殺したかもしれないと彼から聞き動揺する。
翌日、車内が血だらけの車が発見され、現場に駆け付けたショーンは、ケイティが殺害されたことを確認する。
現場近くにいたジミーは、車がケイティのものだと気づき、娘の死を知り絶叫する・・・。
__________

ある殺人事件をきっかけに、再び親交を持った三人の男達の、少年時代の忌まわしい思い出を背負いながらの運命、その行くつく先に向かうまでの、登場人物の心理描写など、クリント・イーストウッドの繊細な演出は秀逸であり、ドラマに引き込まれる。

当然ながら謎解きの要素を多く含み、序盤から、意外な犯人を示唆するヒントも挿入する巧みな演出、実力派スター競演も合わせて、見応え十分の作品に仕上がっている。

クリント・イーストウッドのベスト作に上げる声も多く、70歳を過ぎた彼の衰えぬバイタリティも感じる、静かな展開の中でも力感を溢れる作風に圧倒される。

単なる悲劇でもなく、全てが解決するドラマでもない、現実社会を直視する、イーストウッドの厳しい視線も感じられる見事な作品だ。

第76回アカデミー賞では、主演男優賞(ショーン・ペン)と助演男優賞(ティム・ロビンス)を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演女優(マーシャ・ゲイ・ハーデン)
脚色賞

ついにオスカーを獲得したショーン・ペンは、その後の活躍でも証明する、ハリウッドでも指折りの演技派としての地位を築き上げ、複雑な人間性を持つ危険な主人公を重厚に演じている。

心に傷を持つ男性を物静かに演ずる、出色の名演を見せるティム・ロビンス、事件を担当して解決する刑事を冷静に演ずるケヴィン・ベーコン、その相棒ローレンス・フィッシュバーン、夫の言動に対する不安と信頼を失ったことで、結局は悲劇を招く、デイヴ(T・ロビンス)の妻を好演するマーシャ・ゲイ・ハーデン、ジミー(S・ペン)の妻ローラ・リニー、殺害される娘エミー・ロッサム、主人公の仲間である兄弟ケヴィン・チャップマン、アダム・ネルソン、ロバート・ウォルバーグ、被害者の恋人トム・グイリー、その弟役のスペンサー・トリート・クラーク、そして、イーストウッドの盟友でもある、90歳手前のイーライ・ウォラックが、酒店の主人役で登場するのはファンには嬉しい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020