4506 Movies

死ぬまでにしたい10のこと My Life Without Me (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫と幼い子供がいる余命数か月と宣告された23歳の女性が、細やかな願いをかなえながら人生の終わりを迎える姿を描く、監督、脚本イザベル・コイシェ、主演サラ・ポーリースコット・スピードマンマーク・ラファロデボラ・ハリーアマンダ・プラマーアルフレッド・モリーナ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:イザベル・コイシェ
製作
エステル・ガルシア
ゴードン・マクレナン
製作総指揮
ペドロ・アルモドバル
アグスティン・アルモドバル
オグデン・ガヴァンスキ
原作:ナンシー・キンケイド”Pretending the Bed Is a Raft”
脚本:イザベル・コイシェ
撮影:ジャン=クロード・ラリュ
編集:リサ・ジェーン・ロビンソン
音楽:アルフォンソ・デ・ヴィラロンガ

出演
アン・マトランド:サラ・ポーリー
ドン・マトランド:スコット・スピードマン
リー:マーク・ラファロ
アンの母:デボラ・ハリー
ペニー・マトランド:ジェシカ・アムリー
パッツィー・マトランド:ケンヤ・ジョー・ケネディ
ローリー:アマンダ・プラマー
アン:レオノール・ワトリング
美容師:マリア・デ・メディロス
トンプソン医師:ジュリアン・リッチングス
アンの父:アルフレッド・モリーナ

カナダ/スペイン 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2003年製作 106分
公開
北米:2003年9月26日
日本:2003年10月25日
製作費 €2,000,000
北米興行収入 $400,950
世界 $9,726,950


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
大学の夜間清掃員をしている23歳のアン・マトランド(サラ・ポーリー)は、ダイエット中の同僚ローリー(アマンダ・プラマー)と仕事を終えて、レストランの厨房で働く母(デボラ・ハリー)を迎えに行く。

母の家の裏のトレーラーハウスに住むアンは、失業中の夫ドン(スコット・スピードマン)と、幼い娘ペニー(ジェシカ・アムリー)とパッツイー(ケンヤ・ジョー・ケネディ)と共に暮らしていた。

翌朝、仕事が見つかるかもしれないと言うドンと娘達を送り出したアンは、激しい腹痛に襲われて倒れてしまう。

アンが倒れていることに気づいた母は、彼女を病院に連れて行く。

検査をすることになったアンは、子供の迎えのことを気にしながら、医師トンプソン(ジュリアン・リッチングス)の超音波の検査を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1987年に発表された、ナンシー・キンケイドの短編”Pretending the Bed Is a Raft”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
大学の夜間清掃員をしている23歳のアン・マトランドは、母の家の裏のトレーラーハウスで、失業中の夫ドンと幼い娘ペニーとパッツイーと共に暮らしていた。
ある日、腹痛で倒れたアンは、病院で検査を受けた結果、卵巣腫瘍が見つかり、医師のトンプソンから、既に転移しているために余命2~3か月と宣告される。
貧血だったことにして病気のことは誰にも話さなかったアンは、死ぬまでの間にしたいことを10項目、書きだし、それを実行しようとする。
そんなアンは、失恋した男性リーと出会い、惹かれ合う仲になるのだが・・・。
__________

スペインの脚本家イザベル・コイシェの監督作品で、カナダとの合作であり、アメリカ人スターも出演する国際色豊かなキャスティングも注目の作品。

23歳の若さで余命数か月と宣告された女性が、夫と幼い娘達を残して世を去らなければならない、辛い思いを切実に描く内容となっている。

死を前にしてやるべきことを決めて実行に移す主人公が、病魔と闘いながら恋も体験するロマンスを、イザベル・コイシェの女性らしい視点と演出で描くドラマでもある。

主人公と家族との別れに向かう展開は観ていて辛いのだが、決めた項目を実行した主人公が悔いなく世を去るラストに悲しみは感じない。

スペインの”ゴヤ賞”や”ベルリン国際映画祭”などでも高い評価を得たイザベル・コイシェと主演のサラ・ポーリーは、2005年にも「あなたになら言える秘密のこと」でもコンビを組んでいる。

主演のサラ・ポーリーは、死の宣告を受けながらも、自分らしく生きることを心掛けて日々を過ごす幸薄い女性を好演している。

主人公の夫スコット・スピードマン、主人公と出会い愛し合う測量技師のマーク・ラファロ、人生を楽しもうとしない主人公の母親デボラ・ハリー、主人公の娘ジェシカ・アムリーとケンヤ・ジョー・ケネディ、主人公の職場の同僚で友人でもありダイエット中毒のアマンダ・プラマー、主人公と同じ名前の隣人レオノール・ワトリング、美容師のマリア・デ・メディロス、主人公に死を宣告する主治医のジュリアン・リッチングス、そして主人公の服役中の父親アルフレッド・モリーナなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021