4240 Movies

名探偵登場 Murder By Death (1976)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

製作レイ・スターク、脚本ニール・サイモンの名コンビによる、豪華キャスト競演の爆笑コメディ。
世界の名探偵が、殺人が起きるという晩餐会に招待され、そのホストである謎の富豪に翻弄されながら、仕掛けられた難問に挑むという、有名探偵らをパロディ化した抱腹絶倒のミステリー・コメディ。
トルーマン・カポーティピーター・フォークデヴィッド・ニーヴンピーター・セラーズジェームズ・ココエルザ・ランチェスターアレック・ギネスマギー・スミスアイリーン・ブレナンジェームズ・クロムウェル共演。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ムーア
製作:レイ・スターク
脚本:ニール・サイモン
撮影:デヴィッド・M・ウォルシュ
編集:ジョン・F・バーネット
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
ライオネル・トウェイン:トルーマン・カポーティ

サム・ダイヤモンド:ピーター・フォーク
ディック・チャールストン:デヴィッド・ニーヴン
シドニー・ワン:ピーター・セラーズ
ミロ・ペリエ:ジェームズ・ココ
ジェシカ・マーブルズ:エルザ・ランチェスター
ジェームズサー・ベンソンマム:アレック・ギネス
ドーラ・チャールストン:マギー・スミス
テス・スケフィントン:アイリーン・ブレナン
ウィザース:エステル・ウィンウッド
マルセル:ジェームズ・クロムウェル
イェッタ:ナンシー・ウォーカー
ウィリー・ワン:リチャード・ナリタ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1976年製作 94分
公開
北米:1976年6月23日
日本:1976年9月23日
北米興行収入 $32,511,050


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
大富豪のライオネル・トウェイン(トルーマン・カポーティ)は、”晩餐と殺人に御招待します”という招待状を、有名な5人の探偵に送る。

ニューヨークのディック(デヴィッド・ニーヴン)とドーラ(マギー・スミス)のチャールストン夫妻、カタリーナ島のシドニー・ワン(ピーター・セラーズ)、ブリュッセルのミロ・ペリエ(ジェームズ・ココ)、サンフランシスコの探偵サム・ダイヤモンド(ピーター・フォーク)、イングランドのジェシカ・マーブルズ(エルザ・ランチェスター)だった。

トウェインはその招待状を、盲目の執事ジェームズサー・ベンソンマム(アレック・ギネス)に郵送させる。

ワンは、日本人の養子ウィリー(リチャード・ナリタ)と共にトウェイン邸に向う途中、チャールストンに出くわして先を急ぐ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1978年に、姉妹編「名探偵再登場」が公開された。

*(簡略ストー リー)
大富豪トウェインは、世界の名探偵に”晩餐と殺人に御招待します”という”、挑戦状のような招待状を送る。
ニューヨークのチャールストン夫妻、カタリーナ島のワン、ブリュッセルのペリエ、サンフランシスコのダイヤモンド、イングランドのマーブルズは屋敷に到着するが、それぞれが師の危険を感じる。
食事が始まり、現われたトウェインは、12時に、この中の誰かが殺されて、また犯人この場にいると伝え、犯人を当てた者には100万ドルを渡すと言い残して姿を消す。
その後、盲目の執事ベンソンマムが殺され、その謎を検証するうちに、12時となり、トウェインが刺殺されてしまう。
不可解で謎の多い事件ではあったが、やがて、招待客は、それぞれが、トウェインを殺す動機があったことことが分かるのだが・・・。

__________

とにかく、巧みに練られたニール・サイモンの脚本が見事で、観客は混乱する間もなく、激しく入り乱れる展開により、画面に釘付けとなる。

個性派や名優それぞれの個性が見事に生かされ、パロディと考えなくても十分に楽しめる作品で、当時のコメディの中でも、指折りの快作とも言える。

北米興行収入も、約3300万ドルという大ヒットとなった。

謎の大富豪を、プロの役者並みに演ずる作家のトルーマン・カポーティサム・スペードのパロディ、ピーター・フォークとその秘書兼愛人アイリーン・ブレナンニック&ノラ・チャールズのパロディ、デヴィッド・ニーヴンとその妻役のマギー・スミスチャーリー・チャンのパロディ、ピーター・セラーズとその養子リチャード・ナリタ、美食家として登場するエルキュール・ポワロのパロディ、ジェームズ・ココと、その運転手役で、現在名バイプレイヤーとして活躍する若き日のジェームズ・クロムウェルミス・マープルのパロディ、エルザ・ランチェスターと看護師エステル・ウィンウッド、聾唖者のメイド、ナンシー・ウォーカー、そして、盲目の執事を怪演するアレック・ギネスなど、その見事な演技を堪能できる。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020