4214 Movies

ミセス・ダウト Mrs. Doubtfire (1993)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻に見限られ家を出た失業男性が、子供達に会いたいがために女装して家政婦に扮して奮闘する姿を描く、監督クリス・コロンバス、製作、主演ロビン・ウィリアムズサリー・フィールドピアース・ブロスナン他共演のコメディ・タッチのファミリー・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:クリス・コロンバス
製作
マーシャ・ガーセス・ウィリアムス

ロビン・ウィリアムズ
マーク・ラドクリフ
製作総指揮:マシュー・ラシュトン
原作:アン・ファイン
脚本
ランディ・メイエム・シンガー

レスリー・ディクソン
撮影:ドナルド・マカルパイン
編集:ラジャ・ゴズネル
メイクアップ:グレッグ・キャノン
音楽:ハワード・ショア
主題歌:エアロスミスDude

出演
ダニエル・ヒラード/ミセス・ダウトファイア:ロビン・ウィリアムズ
ミランダ・ヒラード:サリー・フィールド
スチュワート・ダンマイア:ピアース・ブロスナン
フランク・ヒラード:ハーヴェイ・ファイアスタイン
ジョナサン・ランディ:ロバート・プロスキー
グロリア・チェイニー:ポリー・ホリデイ
リディア・ヒラード:リサ・ジャクブ
クリス・ヒラード:マシュー・ローレンス
ナタリー・ヒラード:マーラ・ウィルソン
ジャック:スコット・キャプーロ
セルナー:アン・ヘイニー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1993年製作 125分
公開
北米:1993年11月24日
日本:1994年4月16日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $219,195,050
世界 $423,200,000


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・受賞
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
声優のダニエル・ヒラード(ロビン・ウィリアムズ)は、演技中にアドリブを注意され、自分の主張を変えずにクビになってしまう。

ダニエルは、最愛の子供達のリディア(リサ・ジャクブ)、クリス(マシュー・ローレンス)、ナタリー・ヒラード(マーラ・ウィルソン)を学校に迎えに行き、仕事が速く終わったと言って遊び始める。

インテリア・デザイナーの妻ミランダ(サリー・フィールド)は、クリスの誕生日だということで、動物を家に連れてきてしまいバカ騒ぎするダニエルに呆れてしまう。

その後、二人は口論となり、ミランダは、妥協点を見つけようとするダニエルを許さずに見限ってしまう。

ダニエルは、メイクアップ・アーチストの兄のフランク(ハーヴェイ・ファイアスタイン)とパートナーのジャック(スコット・キャプーロ)の家に転がり込むが、ミランダが直ぐに許してくれると考えていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1987年に発表された、アン・ファインの小説”Madame Doubtfire”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
失業してしまった声優のダニエル・ヒラードは、妻ミランダに見限られ家を出ることになる。
ミランダに離婚を口にされたダニエルは、法廷で仕事を見つけることと、子供達に会うことを制限されてしまう。
テレビ局の下働きを始めたダニエルは、仕事が忙しいミランダが、家政婦を雇おうとしていることを知る。
それを妨害したダニエルは、老婦人に扮して自分が家政婦として雇われ、子供達に会うことを考える。
メイクアップ・アーチストの兄フランクの協力で、ダニエルは、”ミセス・ダウトファイア”と女性に扮して面接を受ける。
そしてダニエルは、ミランダに気に入られて家政婦に採用され、子供達との時を過ごせるようになるのだが・・・。
__________

怪優ロビン・ウィリアムズの女装メイクが話題になり、その素晴らしさが絶賛された作品。

内容や展開は、クリス・コロンバス作品そのもので、笑いの中に、きっちりと家族、父子愛が盛り込まれた、万人受けする仕上がりになっている。

”ミセス・ダウトファイア”のイメージを壊さないためか、素顔のシーンのロビン・ウィリアムズは、心なしか大人しいような、控え目な演技が印象的だ。

第66回アカデミー賞では、見事にメイクアップ賞を受賞した。

主人公のメイク意外は質素な内容なのだが、北米のみで約2億2000万ドル、全世界ではなんと約4億2300という大ヒットになった。

主人公のロビン・ウィリアムズの妻役サリー・フィールドは、実は彼よりも5歳年上なのだが、キュートな笑顔が印象的で好演している。

やや添え物的な役柄である、S・フィールドの元恋人役、この後007シリーズのジェームズ・ボンド役に抜擢されるピアース・ブロスナン、主人公の才能を見出すテレビ局社長ロバート・プロスキー、子供達リサ・ジャクブマシュー・ローレンスマーラ・ウィルソン、主人公の兄で、メイクをするゲイのハーヴェイ・ファイアスタイン、そのパートナー、スコット・キャプーロ、一家の隣人ポリー・ホリデイ、ケースワーカー、アン・ヘイニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020