4234 Movies

ミッドナイト・ラン Midnight Run (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

元警察官の賞金稼ぎがギャングの資金を横領した会計士を捕らえ、FBIやギャングに追われながらの大陸横断する逃亡劇を描く、製作、監督マーティン・ブレスト、主演ロバート・デ・ニーロチャールズ・グローディンヤフェット・コットー他共演のアクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・ブレスト
製作総指揮:ウィリアム・S・ギルモア
製作:マーティン・ブレスト

脚本:ジョージ・ギャロ
撮影:ドナルド・E・ソーリン
編集
ビリー・ウェバー

クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ジャック・ウォルシュ:ロバート・デ・ニーロ

ジョナサン・マデューカス:チャールズ・グローディン
アロンゾ・モーズリー:ヤフェット・コットー
マーヴィン・ドーフラー:ジョン・アシュトン
ジミー・セラノ:デニス・ファリーナ
エディ・モスコーネ:ジョー・パントリアーノ
トニー・ダーボ:リチャード・フォロンジー
ジョーイ:ロバート・ミランダ
ジェリー・ガイスラー:ジャック・キーホー

デニース・ウォルシュ:ダニエル・デュクロス
シドニー:フィリップ・ベイカー・ホール
ゲイル:ウェンディ・フィリップス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1988年製作 126分
公開
北米:1988年7月20日
日本:1988年12月3日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $38,413,610
世界 $81,613,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
シカゴ市警を引退して”バウンティ・ハンター”(賞金稼ぎ)をしているジャック・ウォルシュ(ロバート・デ・ニーロ)は、ある男を捕らえようとして同業のマーヴィン・ドーフラー(ジョン・アシュトン)に邪魔される。

ターゲットを横取りされそうになったジャックは、マーヴィンを殴り倒し、男を警察に連行する。

賞金を受け取るために、保釈金専門の金融業者エディ・モスコーネ(ジョー・パントリアーノ)の元に向かったジャックは、ある仕事を頼まれる。

ギャングのジミー・セラノ(デニス・ファリーナ)の資金を横領して福祉に寄付してしまい逮捕された会計士ジョナサン・マデューカス(チャールズ・グローディン)の保釈金を払ったエディは、行方をくらました彼を連れ戻すことをジャックに依頼する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
シカゴ市警の警官ジャック・ウォルシュは、引退して”バウンティ・ハンター”(賞金稼ぎ)をしていた。
そんなジャックは、保釈金専門の金融業者エディから、ギャング、セラノの資金を横領し、福祉に寄付してしまった会計士マデューカスが姿をくらまし、保釈金が踏み倒される可能性があるため、彼を捜して連れ戻す仕事を依頼される。
10万ドルでそれを請け負ったジャックは、早速ニューヨークに向かう。
セラノや、彼を監視するFBIのモーズリーもジャックに接触し探りを入れる。
ジャックは、モーズリーのバッジを奪い偽造し、難なくマデューカスを捕らえ、意気揚々と飛行機でロサンゼルスに戻ろうとする。
しかし、マデューカスは飛行機恐怖症を訴え、セラノは彼の抹殺を命令を部下に出し、それらを知ったモーズリーもジャックらを追う。
仕方なく飛行機を降りたジャックは、あれやこれやと世話を焼く面倒なマデューカスに梃子摺りながら、ロサンゼルスを目指すのだが・・・。
__________

どんな役柄でもこなすロバート・デ・ニーロと、「ビバリーヒルズ・コップ」(1984)で大ヒットを記録したマーティン・ブレストがコンビを組んだ痛快コメディ。

マーティン・ブレストの軽快な演出は、正にその「ビバリーヒルズ・コップ」を髣髴させる歯切れの良さで、日本では考えられない”賞金稼ぎ”の活躍や、それに絡む人情物語などを含め、見所満載の快作に仕上がっている。

評価は悪くもなかったのだが、以外にも興行成績は伸びずに、北米で約3800万ドル、全世界でも約8200万ドルという結果に終わった。

家族との別れや警官を辞めた理由など、過去がある賞金稼ぎを演ずるロバート・デ・ニーロは、コミカルではあるが深みも感じる演技で、その実力を見せ付けてくれる。

彼と旅をすることになる、人情味溢れるチャールズ・グローディンの、ベテランらしい味のある演技も見逃せない。

二人に翻弄されるFBI捜査官ヤフェット・コットー、物語にアクセントを加え活躍する主人公の同業者のジョン・アシュトン、ギャングのボス、デニス・ファリーナ、間抜けな手下リチャード・フォロンジーとロバート・ミランダ、弁護士フィリップ・ベイカー・ホール、保釈金金融業者ジョー・パントリアーノと、相棒でギャングに通じているジャック・キーホー、主人公の元妻役のウェンディ・フィリップス、娘のダニエル・デュクロスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020