4509 Movies

ネゴシエーター Metro (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

親友だった同僚刑事を殺されたネゴシエーター(交渉人)と、犯人である宝石強盗の死闘を描く、主演エディ・マーフィマイケル・ラパポートマイケル・ウィンコットカルメン・イジョゴ、監督トーマス・カーターによる刑事アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:トーマス・カーター
製作:ロジャー・バーンバウム
脚本:ランディ・フェルドマン
撮影:フレッド・マーフィ

編集
ピーター・E・バーガー

ジョン・ライト
音楽:スティーヴ・ポーカロ

出演
スコット・ローパー:エディ・マーフィ

ケヴィン・マッコール:マイケル・ラパポート
マイケル・コーダ:マイケル・ウィンコット
ヴェロニカ”ロニー”テイト:カルメン・イジョゴ
サム・バフェート:アート・エヴァンス
フランク・ソリス警部:デニス・アーント
エイコ・キムラ:キム・ミヨリ
フォーブス:ジェームズ・カーペンター
クラレンス・ティール:ポール・ベン=ビクター
アール:ドナル・ローグ

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ

1997年製作 117分
公開
北米:1997年1月17日
日本:1997年4月19日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $32,000,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
市警のスコット・ローパー(エディ・マーフィ)は、本部からの連絡を受けて事件現場に向かう。

銀行強盗に失敗した犯人アール(ドナル・ローグ)が、人質を取って立てこもったことを同僚エイコ・キムラ(キム・ミヨリ)から知らされたネゴシエーター(交渉人)のスコットは、サム・バフェート警部補(アート・エヴァンス)を説得して銀行内に入る。

スコットは、人質に銃を向けながら動揺する犯人アールを説得し、SWATが狙っていることを知らせる。

焦るアールに要求された車を用意すると伝え、銃弾を受けた警備員を表に連れ出したスコットは、警官から銃を受け取りそれを隠して戻る。

三人を解放させて、車を手配しに行くため入り口に向かったスコットは、振り向き様にアールを銃撃して捕える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
市警のネゴシエーター(交渉人)スコット・ローパーは、エリートである元狙撃手ケヴィンの教育を上司から命ぜられる。
そんなスコットは、宝石強盗の件で聞き込みに行った、親友で同僚の警部補サムを殺害されてショックを受ける。
サムと親しかったために捜査から外されたスコットだったが、犯人と思われるコーダの情報を集める。
コーダは計画通り宝石店を襲い、彼と交渉するスコットだったが、コーダは逃走する。
それを追ったスコットとケヴィンはコーダを逮捕し、彼は刑務所に入れられる。
しかしコーダは、従弟のクラレンスにスコットの元恋人ロニーを襲わせる。
それを阻止したスコットだったが、脱獄してロニーを連れ去ったコーダと対決することになる・・・。
__________

コメディ色を極力排除した、エディ・マーフィ主演の犯罪刑事アクションなのだが、時折見せる彼らしいユーモアなどは健在でまずまず楽しめる作品。

ビバリーヒルズ・コップ」(1984)から十数年、それを意識しているようなシーンもあり、ファンには嬉しいのだが、新鮮味はなく内容は平凡だ。

しかし、サンフランシスコや名物のケーブルカーを利用したカーチェイスやアクションはかなり派手で、その点の手抜きがないところは注目だ。

既にキャリア十分の大スター、エディ・マーフィは、30代半ばということでまだまだ若々しく、身のこなしに無駄もなくフル回転で活躍する。

主人公をサポートするエリート警官マイケル・ラパポート、凶悪な宝石強盗マイケル・ウィンコット、主人公の元恋人カルメン・イジョゴ、主人公の親友で同僚のアート・エヴァンス、警部デニス・アーント、同僚刑事キム・ミヨリジェームズ・カーペンター、宝石強盗犯の従弟ポール・ベン=ビクター、銀行強盗ドナル・ローグなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021