4545 Movies

コンフェッション~ある振付師の過ち~ Match (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2004年にブロードウェイで上演されたスティーヴン・ベルバー演出の”Match”を基に製作された作品。
元バレエ・ダンサーであるダンス・インストラクターが自分が実の父親であることを確かめようとする男性と妻と共に戸惑いながら葛藤する姿を描く、監督、脚本スティーヴン・ベルバー、主演パトリック・スチュワートカーラ・グギーノマシュー・リラード他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・ベルバー
製作
デヴィッド・パーマット
マット・ラトナー
リック・ローゼンタール
戯曲:スティーヴン・ベルバーMatch
脚本:スティーヴン・ベルバー
撮影:ルーク・ガイスビューラー
編集:マドレーヌ・ギャヴィン
音楽:スティーヴン・トラスク

出演
トバイアス”トビー”パウエル:パトリック・スチュワート
リサ:カーラ・グギーノ
マイク:マシュー・リラード
ラウル:ジェイミー・ティレリ
キャビー:マドューカ・ステディ
ダリル:ジェフリー・ノーフツ
ジム:ロブ・ヤン

アメリカ 映画
配給 IFC Films
2014年製作 92分
公開
北米:2014年1月14日
日本:未公開
北米興行収入 $37,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、”ジュリアード音楽院”。
ダンス・インストラクターのトバイアス”トビー”パウエル(パトリック・スチュワート)は、レッスンを終えて同僚のダリル(ジェフリー・ノーフツ)から声をかけられる。

山で週末を過ごすパーティーに誘われたトビーは、それを断る。

アパートで一人暮らしのトビーは、編み物を楽しみ、切った爪を瓶にためていた。

そんなトビーは、友人のラウル(ジェイミー・ティレリ)のダイナーである夫婦と待ち合わせをする。

マイク(マシュー・リラード)と妻のリサ(カーラ・グギーノ)は、ダイナーで待っていてくれたトビーに歓迎される。

会いに来た理由を尋ねたトビーは、リサから、バレエと振り付けの歴史を研究するための論文を書いていると言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク、”ジュリアード音楽院のダンス・インストラクターのトバイアス”トビー”パウエルは、マイクと妻リサのインタビューを受ける。
二人から、バレエと振り付けの歴史を研究するための論文を書いていると言われたトビーは、快くインタビューに応じる。
1960年代の交友関係などにこだわる二人の質問に疑問を感じたトビーは、マイクが自分を父親であるか確かめるために来たことを知り、それを否定するのだが・・・。
__________

2004年にブロードウェイで上演されたスティーヴン・ベルバーが演出の”Match”を、彼自身の脚本で監督した作品。

70歳を手前にした元バレエ・ダンサーでダンス・インストラクターの主人公が、孤独を好むように見えて、訪ねて来た夫婦のインタビューに快く応じ語り続ける冒頭のシーンが面白い。

世界各地で公演をしたアーティストらしい身の振る舞い、決して豊かではないが気品を感じさせる主人公が、バレエ、ダンス、その芸術を語る言葉の一つ一つに重みを感じる演出に注目したい。

同僚からの週末のパーティーの誘いを断り、自分のアパートでひっそりと過ごし時間を楽しむ姿も、ダンスのように優雅に見える描写なども興味深い。

レッスン以外は物静かに思える主人公が、夫婦のインタビューに快く応じる場面では、そのテンションの高さに圧倒されてしまう。

主演のパトリック・スチュワートは、芸術家にありがちな過去を持ち、それを振り返りながら人生を考える男性を繊細且つ深く演じている。

警察官の夫マシュー・リラードと共に、彼の父親と思える主人公に会い真実を確かめようとするカーラ・グギーノ、主人公の友人であるダイナーのオーナー、ジェイミー・ティレリ、主人公の同僚ジェフリー・ノーフツ、法医学研究所の研究員ロブ・ヤンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021