4186 Movies

マーティ Marty (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

本作品公開の2年前に、パディ・チャイエフスキーが手がけて大評判になったテレビ・ドラマを、彼自信が脚色して映画化した作品。
美男、美女が恋をして・・というハリウッドお決まりの物語とは正反対の主人公の男女が、苦悩しながら、人生の喜びを得るだろうという、当時ほとんど前例のなかったストーリーを描き、大胆に映画化して絶賛された、製作バート・ランカスターハロルド・ヘクト、監督デルバート・マン、主演アーネスト・ボーグナインベッツィ・ブレアジョー・マンテル共演によるロマンチック・コメディの傑作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:デルバート・マン
製作
ハロルド・ヘクト

バート・ランカスター
原作:パディ・チャイエフスキー
脚本:パディ・チャイエフスキー
撮影:ジョセフ・ラシェル
美術・装置
テッド・ハウワース

ウォルター・M・サイモンズ
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
アーネスト・ボーグナイン:マーティ・ピレッティ
ベッツィ・ブレア:クララ・スナイダー
ジョー・マンテル:アンジー
エスター・ミンチオッティ:ピレッティ夫人
ジェリー・パリス:トーマス
カレン・スティール:ヴァージニア
オーガスタ・チオーリ:カテリーナ
フランク・サットン:ラルフ
ウォルター・ケリー:キッド
ジェームズ・ベル:スナイダー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1955年製作 93分
公開
北米:1955年4月11日
日本:1955年12月25日
製作費 $343,000


アカデミー賞 ■
第28回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演男優(アーネスト・ボーグナイン)
脚本賞
・ノミネート
助演男優(ジョー・マンテル)
助演女優(ベッツィ・ブレア)
撮影(白黒)・美術賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークブロンクス
肉屋の店員マーティ・ピレッティ(アーネスト・ボーグナイン)は、気のいいイタリア系アメリカ人の青年だったが、 二枚目とは程遠いため、34歳にして独身だった。

次々現れる店の客に、弟や妹が結婚しているにも拘らず、情けないと冷やかされるマーティはうんざりしてしまう。

相変わらず男だけの土曜日の夜、親友のアンジー(ジョー・マンテル)と、その日の予定を決めていたマーティは、電話で母親(エスター・ミンチオッティ)に呼び出される。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
本作品公開の2年前に、パディ・チャイエフスキーが手がけて大評判になったテレビ・ドラマを、彼自信が脚色して映画化した作品。
美男、美女が恋をして・・というハリウッドお決まりの物語とは正反対の主人公の男女が、苦悩しながら、人生の喜びを得るだろうという、当時ほとんど前例のなかったストーリーを描き、大胆に映画化して絶賛された、ロマンチック・コメディの傑作。

*(簡略ストーリー)
肉屋で働くマーティは、父親を早くに亡くし、弟や妹のために家族を支え、34歳の現在まで独身でいる、気のいい青年だった。
周囲が、母親を含め結婚のことばかりを口にするため、マーティは、そのことでうんざりしてしまう。
自分が、醜い男だと決め付けるマーティは、気が進まないまま、その週末も、同じく独身である友人アンジーとダンスホールに向かう。
そこでマーティは、連れの男性に侮辱されて泣いている、高校教師クララが気の毒になり、声をかけてみる。
同じような境遇の二人は、お互いに興味を示し、特にマーティは堰を切ったように、止め処もなく話が弾み楽しい時を過ごす。
二人は惹かれ合うのだが、自分に自信が持てないまま、不器用ながらもほのかな愛を育てようとする。
翌日も、クララと会う約束をしたマーティだったが、相手を見つけた彼に、今度は母親は小言を言い始める。
そんなマーティは思い悩み、クララを誘うのをためらってしまう・・・。
__________

バート・ランカスターが、ハロルド・ヘクトと組んで設立した、ヘクト=ランカスター・プロの作品。

1994年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品。

第28回アカデミー賞では、作品賞をはじめ8部門にノミネートされ、作品、監督、主演男優(アーネスト・ボーグナイン)、脚本賞を受賞した。
・ノミネート
助演男優(ジョー・マンテル)
助演女優(ベッツィ・ブレア)
撮影(白黒)・美術賞(白黒)

さらに、カンヌ映画際でもパルム・ドールを受賞している。

テレビの演出家出身の、若きデルバート・マンの初監督作品で、派手さのない市民の、ごく普通の生活を淡々と描いている。
人の心の美しさや優しさを、ユーモアを交え、押し付けがましくなく描いた彼の演出は見事で、いきなりアカデミー監督賞を受賞することになる。

エンドロールで流れるロイ・ウェッブの主題曲も実に楽しいメロディで、ほのぼのした雰囲気で作品を見終わることが出来る。

本作以前もそれ以後も、いかつい悪役が最も似合うアーネスト・ボーグナインが、初めて主演した一世一代の当たり役にして絶賛された作品。
彼の人間味溢れる素朴な演技は、忘れ難い名演として、今観ても全く色あせることはない。
誠実で愛嬌もあり、体全体からほとばしるような、エネルギーを感じさせるラストの男意気は痛快でもあり、拍手を贈りたくなる。

ジーン・ケリー夫人として、共に彼の全盛期を支えたベッツィ・ブレアの、冴えない女性に成りきった演技力の高さも評価され、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

個性的な共演陣も素晴しく、アカデミー助演賞候補になる、偉そうなことを言っても実は寂しい男、主人公の友人ジョー・マンテル、息子が直面する恋愛に戸惑ってしまう主人公の母エスター・ミンチオッティ、嫁姑戦争に巻き込まれる、主人公の従弟ジェリー・パリスとその妻カレン・スティール、姑のオーガスタ・チオーリ、主人公の友人フランク・サットンなど、芸達者な役者がしっかりと脇を固めている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020