4505 Movies

マーシャル Marshall (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アフリカ系アメリカ人として史上初めて合衆国最高裁判所判事となったサーグッド・マーシャルの若き日の活動を描く、製作、監督レジナルド・ハドリン、主演チャドウィック・ボーズマンジョシュ・ギャッドケイト・ハドソンダン・スティーヴンスジェームズ・クロムウェルスターリング・K・ブラウン他共演にドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:レジナルド・ハドリン

製作
レジナルド・ハドリン
ポーラ・ワグナー
ジョナサン・サンガー
脚本
ジェイコブ・コスコフ
マイケル・コスコフ
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:トム・マカードル
音楽:マーカス・ミラー

出演
サーグッド・マーシャルチャドウィック・ボーズマン
サム・フリードマン:ジョシュ・ギャッド
エレノア”エリー”ストルービング:ケイト・ハドソン
ローリン・ウィリス:ダン・スティーヴンス
カール・フォスター判事:ジェームズ・クロムウェル
ジョゼフ・スペル:スターリング・K・ブラウン
ヴィヴィアン“バスター”バーレイ:キーシャ・シャープ
アーウィン・フリードマン:ジョン・マガロ
ウォルター・フランシス・ホワイトロジャー・グーンヴァー・スミス
リッチモンド夫人:アーナ・オライリー
ジョン・ストルービング:ジェレミー・ボブ
タッド・ランカスター:デリック・バスキン
モーリス・セイヤー医師:ジェフリー・デマン
ミントンズの歌手:アンドラ・デイ
ジェニファー:ソフィア・ブッシュ
ラングストン・ヒューズジャシー・スモレット
ゾラ・ニール・ハーストンレゾンダ“チリ”トーマス
バーサ・ランカスター:バレット・ドス
アイリーン・ランカスター:ザネテ・シャドウィック
バーク警部:ブレンダン・バーク
ステラ・フリードマン:マリーナ・スコーシアーティ

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ
2017年製作 118分
公開
北米:2017年10月13日
日本:未公開
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $10,051,660
世界 $10,116,820


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1941年、オクラホマ州、ヒューゴ
NAACP/全米黒人地位向上協会”の弁護士サーグッド・マーシャルチャドウィック・ボーズマン)は、人種的偏見により不当に罪を着せられた有色人種を弁護し、全国を回っていた。

コネチカット州、ブリッジポート
保険会社C.R.&L.バスの顧問弁護士サム・フリードマン(ジョシュ・ギャッド)は、会社の希望通り勝訴する。

ニューヨークNAACP支部。
オフィスに戻ったマーシャルは、同僚のウォルター・フランシス・ホワイトロジャー・グーンヴァー・スミス)からブリッジポートに向かうよう指示され、白人女性が黒人の運転手に暴行された事件を知らされる。

エレノア”エリー”ストルービング(ケイト・ハドソン)が、雇っていた運転手ジョゼフ・スペル(スターリング・)に襲われたという事件だった。

ブリッジポート
高校の同級生でNAACPのタッド・ランカスター(デリック・バスキン)から協力を求められたフリードマンは、刑事事件を扱う気はなかったが、共同経営者の弟アーウィン(ジョン・マガロ)が引き受けてしまったために、仕方なくマーシャルに協力することになる。

駅に向かったフリードマンは、到着したマーシャルを迎える。

フリードマンと共に留置場に向かったマーシャルはスペルに会い、エリーには何もしていないことを確認して、弁護を引き受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1941年。
NAACP/全米黒人地位向上協会”の弁護士サーグッド・マーシャルは、同僚のホワイトから、白人女性が黒人の運転手に暴行された事件を任され、コネチカット州のブリッジポートに向かう。
民事裁判専門の弁護士フリードマンは、地元のNAACPからの依頼で、マーシャルと共に弁護を担当することになる。
審問会が開かれ、マーシャルを承認しないフォスター判事は、法廷での彼の発言を許さなかった。
仕方なくマーシャルは、フリードマンに指示しながら裁判に挑むことになり、被告のスペルと被害者で雇い主のエリーの関係などを調べ始めるのだが・・・。
__________

アフリカ系アメリカ人として、史上初めて合衆国最高裁判所判事となった、サーグッド・マーシャルの若き日の活動を描くドラマ。

脚本家、製作者としても活躍するレジナルド・ハドリンが、製作を兼ねた監督作品。

本作はサーグッド・マーシャルの生涯の功績を伝え称える内容ではなく、”NAACP/全米黒人地位向上協会”の弁護士として全国を回り活動していた、彼の初期のキャリアを描いている。

人種偏見は描かれているものの、主人公らの若さを活かしたバイタリティ溢れる行動力や、信念を貫くことの重要性を焦点にしたドラマに仕上がっている。

第90回アカデミー賞では、主題歌”Stand Up for Something”が歌曲賞にノミネートされた。

サーグッド・マーシャルの若き日を演ずるチャドウィック・ボーズマンは、人間味のある主人公を魅力的に演じ、作品の好評価と共に各方面でその演技は絶賛された。

主人公と共に裁判に挑む弁護士のジョシュ・ギャッド、被害者の富豪夫人ケイト・ハドソン、主人公らと法廷で闘う検事のダン・スティーヴンス、裁判の判事ジェームズ・クロムウェル、被告人のスターリング・K・ブラウン、主人公の妻キーシャ・シャープ、フリードマン(ジョシュ・ギャッド)の弟で、法律事務所の共同経営者ジョン・マガロ、主人公の同僚であるNAACPの活動家ウォルター・フランシス・ホワイトロジャー・グーンヴァー・スミス、陪審員長のアーナ・オライリー、被害者である富豪夫人の夫ジェレミー・ボブ、地元のNAACP活動家デリック・バスキン、その妻バレット・ドス、その娘ザネテ・シャドウィック、産婦人科医ジェフリー・デマン、歌手のアンドラ・デイ、バーで主人公に話しかける女性ソフィア・ブッシュ、主人公の友人である作家ラングストン・ヒューズジャシー・スモレットゾラ・ニール・ハーストンレゾンダ“チリ”トーマス、事件を捜査した警部のブレンダン・バーク、フリードマンの妻マリーナ・スコーシアーティなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021