4238 Movies

マーガレット Margaret (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

自分の責任で起きた死亡事故で、嘘の証言をしたことが罪悪感となり苦しむ少女の心の葛藤を描く、製作シドニー・ポラックアンソニー・ミンゲラ、出演アンナ・パキンマット・デイモンマーク・ラファロ、監督、脚本ケネス・ロナーガンによるドラマ。


ドラマ

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ケネス・ロナーガン
製作総指揮:アンソニー・ミンゲラ
製作
ゲイリー・ギルバート

シドニー・ポラック
スコット・ルーディン
脚本:ケネス・ロナーガン
撮影:リシャルト・レンチェウスキ
編集:アン・マッケイブ
音楽:ニコ・マーリー

出演
リサ・コーエン:アンナ・パキン

アーロン・ケイジェ:マット・デイモン
ジェラルド・マレッティ:マーク・ラファロ
ポール・ハーシュ:キーラン・カルキン
モニカ・スローン:オリヴィア・サールビー
マーガレット・マレッティ:ローズマリー・デウィット
ジョーン・コーエン:J・スミス=キャメロン
ジョン・アンドリュー:マシュー・ブロデリック
モニカ・パターソン:アリソン・ジャニー
ラモン・キャメロン:ジャン・レノ
エミリー・モリソン:ジーニー・バーリン
ミッチェル刑事:スティーヴン・アドリー=ギアギス
デイヴ:マイケル・イーリー
ラッセル・ドイチェ:ジョナサン・ハダリー
アビゲイル:ベッツィ・アイデム
ダレン・ロディファー:ジョン・ギャラガーJr.
カート・メイサー:マット・ブッシュ
カール:ケネス・ロナーガン

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

2011年製作 150分 特別編186分
公開
北米:2011年9月30日
日本:未公開
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $46,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークアッパー・ウェスト・サイド
高校生のリサ・コーエン(アンナ・パキン)は、テストのことで教師アーロン・ケイジェ(マット・デイモン)に、人の手を借りたことを注意されるものの、彼女は気にもしない。

クラスメイトのダレン・ロディファー(ジョン・ギャラガーJr.)と下校したリサは、彼に映画に誘われるものの即答を避ける。

父親と牧場に行くため、テンガロン・ハットを買いに行ったリサは、気に入った物が見つからない。

店を出たリサは、バスのドライバー、ジェラルド・マレッティ(マーク・ラファロ)が素敵なハットを被っていたため、走り出した彼に声をかけてバスを止めようとする。

マレッティはリサに気を取られ、赤信号に気づかず歩行者モニカ・パターソン(アリソン・ジャニー)を轢いてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨークアッパー・ウェスト・サイド
高校生のリサ・コーエンは、走り出したバスの運転手マレッティを呼び止める。
マレッティはリサに気を取られ、赤信号に気づかず、歩行者モニカを轢き殺してしまう。
リサは、自分の腕の中で息絶えた、モニカの死に大きなショックを受ける。
マレッティを意識しつつ、リサは警察の事情聴取で、信号が青だったと嘘の証言をしてしまう。
人の死に直面し動揺したとはいえ、嘘をついたリサは罪悪感を感じ、その思いを母親ジェーンや優しく接してくれる教師アーロンにうまく伝えられない。
そんなリサは、自分とマレッティが罪を負うべきだと判断して、モニカのいとこや友人のエミリーとコンタクトをとる。
そしてリサは、警察に向かい証言を訂正するのだが・・・。
__________

本作の公開は2011年(日本・劇場未公開)なのだが、撮影は2005年9~11月に行われ、2007年には劇場公開される予定であった。
その後、製作側のトラブルなどで公開が延期された経緯がある。

マット・デイモンなどが若く見えるのはそのためで、主演のアンナ・パキンは、30歳手前に思われ、高校生には見えないと批判する声もあるが、実際は当時23歳、主人公のような雰囲気の高校生は多くいるので、彼女の役柄に違和感はない。

それはともかく、撮影から公開の間に、製作者であるアンソニー・ミンゲラシドニー・ポラックが亡くなった。

ブロードウェイの雑踏の中の死亡事故現場で、目撃者が主人公とバスの運転手しかいないのが疑問だとか、事故の原因は、走行途中の公営バスを、無理に止めようとした主人公の責任が重いと思えるが、自分の罪を・・と言いながら、運転手を徹底的に責めようとする姿を単純に不自然と捉えた場合、本作は全くの駄作に思えるだろう。

時に、現実とは道理に合わないものであり、タイトルの”マーガレット”の意味を考えてみる必要がある。

ドラマの中で、イギリスの詩人”ジェラルド・マンリー・ホプキンス”の”Spring and Fall, To a Young Child”を、英文学教師マシュー・ブロデリックが、授業の教材にする場面がある。

その内容を聞く主人公は、舞い落ちる枯葉を見て悲しむ幼子”マーガレット”の思いが、自分の心境に近いことに気づく・・・・これが作品のタイトルとなった。

”人の命は枯れゆくもので、嘆くのは自分のためである・・・”

拡大公開もされずに、商業作品とは言えない本作だが、本国アメリカではまずまずの評価を受け、理解不能な行動も、作品の意味を考えれば納得できる、主人公を演ずるアンナ・パキンの熱演と、明確な自己主張が印象的な、事故の被害者の友人ジーニー・バーリン、主人公の父親も演ずる、脚本も兼ねるケネス・ロナーガンの演出なども、各映画賞で高い評価を受けた。

主人公と関係してしまう、高校の教師を地味に演ずるマット・デイモン、事故の当事者であるバスのドライバー、マーク・ラファロ、その妻ローズマリー・デウィット、娘と心触れ合うことができずに苦悩する、主人公の母親を好演するJ・スミス=キャメロン、彼女と付き合う実業家のジャン・レノ、英文学教師役のマシュー・ブロデリック、事故の被害者アリソン・ジャニー、刑事スティーヴン・アドリー=ギアギス、弁護士マイケル・イーリージョナサン・ハダリー、被害者のいとこベッツィ・アイデム、クラスメイト役のキーラン・カルキンオリヴィア・サールビージョン・ギャラガーJr.マット・ブッシュなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020