That's Movie Talk!     4071 Movies

マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road (2015) 4.11/5 (36)

  •  
  • 1
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

30年振りに復活したバイオレンス・アクション「マッドマックス」シリーズの第4作。
核戦争後の荒廃した世界を舞台に、武装集団から逃れようとした女戦士に協力する孤独な戦士の壮絶な戦いを描く、製作、監督、脚本ジョージ・ミラー、主演トム・ハーディシャーリーズ・セロンニコラス・ホルト他共演のバイオレンス・アクション。


アクション/アドベンチャー

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・ミラー

製作
ジョージ・ミラー
ダグ・ミッチェル
P・J・ヴォーテン
製作総指揮
イアイン・スミス
グレアム・パーク
ブルース・バーマン
脚本
ジョージ・ミラー
ブレンダン・マッカーシー
ニコ・ラサウリス
撮影:ジョン・シール
編集:マーガレット・シクセル
美術・装置
コリン・ギブソン
リサ・トンプソン
衣装デザイン:ジェニー・ビーヴァン
音楽:ジャンキーXL

出演
”マッド”マックス・ロカタンスキー:トム・ハーディ
フュリオサ・ジョ・バサ大隊長 :シャーリーズ・セロン
ニュークス:ニコラス・ホルト
スプレンディド:ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
トースト:ゾーイ・クラヴィッツ
ケイパブル:ライリー・キーオ
ダグ:アビー・リー・カーショウ
フラジール:コートニー・イートン
イモータン・ジョー:ヒュー・キース・バーン
リクタス・エレクタス:ネイサン・ジョーンズ
コーパス・コロッサス:クエンティン・ケニハン
スリット :ジョシュ・ヘルマン
エース:ジョン・イルズ
ドーフ・ウォーリアー :iOTA
ミス・ギディ:ジェニファー・ヘイガン
オーガニック・メカニック:アンガス・サンプソン
モロゾフ:クリス・パットン
最高司令官:リチャード・ノートン
ミルキング・マザー:エリザベス・クーニコ
武器将軍:リチャード・カーター
人食い男爵:ジョン・ハワード
バルキリー :ミーガン・ゲイル
種を持つ老婆:メリッサ・ジャファー
リフトの番人:スティーブン・ダンリービー

アメリカ 映画
配給
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザーズ
2015年製作 120分
公開
オーストラリア:2015年5月14日
北米:2015年5月15日
日本:2015年6月20日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $153,636,350
世界 $375,836,350


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・受賞
衣装デザイン・美術・メイクアップ&ヘアスタイリング・編集・音響編集・録音賞
・ノミネート
作品・監督・撮影・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
核戦争後、荒廃した石油と水の奪い合いが続く世界。
元警官の”マッド”マックス・ロカタンスキー(トム・ハーディ)は、愛する家族を奪われ、その亡霊と幻覚に悩まされながら、愛車”インターセプター”で荒野をさ迷い本能のままに生きていた。

ある日マックスは、暴走集団に襲われて捕えられる。

山岳地帯に築かれた砦”シタデル”に連れて行かれたマックスは、逃亡しようとするものの失敗する。

独自の教義の下で組織化する集団の首領イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)は、ウォー・リグでガスタウンに向かい、ガソリンを奪い弾薬も補給することを人々に伝える。

それを指揮するのは、ジョーの右腕でもあるフュリオサ・ジョ・バサ大隊長(シャーリーズ・セロン)だった。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

参考:
・「マッドマックス」(1979)
・「マッドマックス2」(1981)
・「マッドマックス/サンダードーム」(1985)
・「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015)
・「マッドマックス ザ・ウエイストランド」

*(簡略ストー リー)
核戦争後、荒廃した石油と水の奪い合いが続く世界。
元警官の”マッド”マックス・ロカタンスキーは、愛する家族を奪われ、その亡霊と幻覚に悩まされながら本能のままに生きていた。
暴走集団に襲われ、山岳地帯の砦”シタデル”に連れて行かれたマックスは、放射線障害の影響による者達のための血液ドナーとして拘束される。
確保してある豊富な水で集団と人々を支配する首領ジョーは、ガソリン強奪を右腕のフュリオサに命ずる。
ところが、フュリオサは、幽閉されているジョーの妻5人”ワイブス”と共に逃亡を図り”緑の地”を目指す。
それを知ったジョーは、武装戦闘集団”ウォー・ボーイズ”らを引き連れてフュリオサとワイブスを追跡しようとする。
マックスは、衰弱しているウォー・ボーイズ、ニュークスの”輸血袋”として、車に括り付けられて追跡に加わることになる・・・。
__________

ファン待望の、人気シリーズの30年振りの続編である第4作。

30年の歳月が経ったにも拘らず、シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが、製作、監督、脚本を兼ねた意欲作であることがとにかく嬉しい。

前3作は、当初はB級的だった作品がレベルアップしていき、本作では時代の流れもあり最先端技術を駆使し、本物のアクションと合わせたその迫力は度肝を抜く凄まじさだ。

荒廃した原野で繰り広げられるアクションが売り物であり、バイオレンスを前面に出す独特な世界観が見所の作品なのだが、どこか情緒的な雰囲気を感じさせる、ジョージ・ミラーのメリハリのある見事な演出にも注目したい。

気になっていたのは、この手の作品がアカデミー作品賞にノミネートされたこで、個人的な意見としては、手抜きのない娯楽映画としての出来はいいが、やはり作品賞にノミネートされるような内容ではないと思う。

その第88回アカデミー賞では、作品賞以下10部門にノミネートされ、衣装デザイン、美術、メイクアップ&ヘアスタイリング、編集、音響編集、録音賞を授賞した。
*ノミネート
作品、監督、撮影、視覚効果賞

1億5000万ドルかけた超大作であり、北米興行収入は約1億5400万ドル、全世界では約3億7600万ドルの大ヒットとはなったが、期待が大きかったためにやや物足りない気がする。

また、既に続編「マッドマックス ザ・ウエイストランド」の製作が決まっている。

メル・ギブソンの後を継ぐに相応しい、野性味のある逞しさで主人公を熱演するトム・ハーディ、人間味を感じさせる女戦士を深い演技で演ずるシャーリーズ・セロン、二人を追う立場から協力者となるウォー・ボーイのニコラス・ホルト、武装集団の首領ヒュー・キース・バーンの健康体の妻として幽閉されているロージー・ハンティントン=ホワイトリーゾーイ・クラヴィッツ、ニュークス(ニコラス・ホルト)と親交を深めるライリー・キーオアビー・リー・カーショウコートニー・イートン、首領の息子の二人、巨漢のネイサン・ジョーンズと小人のクエンティン・ケニハン、ウォー・ボーイのジョシュ・ヘルマン、ジョン・イルズ、火炎放射器付きのエレキギターを演奏しながら追跡に加わるiOTA、言い伝えを語る老女ジェニファー・ヘイガン、生体整備士のアンガス・サンプソン、ウォー・ボーイズのクリス・パットン、首領の側近リチャード・ノートン、乳母エリザベス・クーニコ、武器将軍のリチャード・カーター、人食い男爵のジョン・ハワード、フュリオサ(シャーリーズ・セロン)の母と本人を知るミーガン・ゲイル、彼女の仲間である、バイカーチームの植物の種を持つ老女メリッサ・ジャファー、渓谷の武装バイカー集団のリーダー、スティーブン・ダンリービーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up