That's Movie Talk!     4057 Movies

マッドマックス2 Mad Max 2 (1981) 3.44/5 (34)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

メル・ギブソンの出世作となった「マッドマックス」(1979)の続編。
石油危機の末に起きる、自由を求める人々と凶悪集団のガソリン争奪戦に巻き込まれた男の戦いを描く、監督、脚本ジョージ・ミラー、主演メル・ギブソンブルース・スペンスマイク・プレストンケル・ニルソンヴァーノン・ウェルズ他共演のバイオレンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・ミラー
製作:バイロン・ケネディ
脚本
テリー・ヘイズ

ジョージ・ミラー
ブライアン・ハナント
撮影:ディーン・セムラー
編集
マイケル・マルソン
デイヴィッド・スティーヴン
ティム・ウェルバーン
音楽:ブライアン・メイ

出演
”マッド”マックス・ロカタンスキー:メル・ギブソン

ジャイロ・キャプテン:ブルース・スペンス
パッパガーロ:マイク・プレストン
ヒューマンガス:ケル・ニルソン
ウェズ・ジョーンズ:ヴァーノン・ウェルズ
フェラル・キッド/野生児:エミール・ミンティ
トーディー:マックス・フィップス
女戦士:ヴァージニア・ヘイ
メカニック:スティーブ・J・スピアーズ
ジャイロが惹かれる女性:アーキー・ホワイトリー

カーマジャン:シド・ヘイレン
ゼッタ:ウィリアム・ゼッパ

オーストラリア 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1981年製作 95分
公開
オーストラリア:1981年12月24日
北米:1982年5月21日
日本:1981年12月26日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $24,600,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
二大大国が争い始め世界が戦場と化し、人々は燃料を失い車は走れなくなった。

指導者の話し合いも空しく、全ては破壊されて文明は滅び、略奪と恐怖の時代となった。

道路は地獄となり、狂暴な暴走集団はガソリンを求め、人々は打ちのめされるだけだった。

特殊警察M.F.P.(Main Force Patrol)の警官だったマックス・ロカタンスキー(メル・ギブソン)も全てを失い、絶望の末に孤独の世界に迷い込んだ。

パワーアップした”インターセプター”に乗るマックスは、アウトバックを走行中、ガソリンの残り残量を気にしながら、暴走集団のウェズ・ジョーンズ(ヴァーノン・ウェルズ)らに追われる。

ウェズは仲間の矢を腕に受けながらマックスの追跡を続けるものの、諦めてその場を引き上げる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「マッドマックス」(1979)
・「マッドマックス2」(1981)
・「マッドマックス/サンダードーム」(1985)
・「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015)
・「マッドマックス ザ・ウエイストランド」

*(簡略ストー リー)
二大大国の争いの末に人類は燃料を失い、ガソリンの争奪戦が始まっていた。
家族を亡くしアウトバックをさ迷う元特殊警察M.F.P.のマックス・ロカタンスキーは、オートジャイロに乗るジャイロを捕え、ガソリンが大量にある精製所の存在を知らされる。
その場に向かったマックスは、ヒューマンガス率いる凶悪暴走集団が精製所を襲おうとしていることを確認する。
ヒューマンガスの部下ウェズに傷つけられた精製所の男を助けたマックスは、彼を仲間達の元に連れて行く。
リーダーのパッパガーロに迎えられたマックスだったが歓迎されず、ヒューマンガスとの戦いに巻き込まれる。
その後マックスは、ガソリンを積載したタンクローリーを運ぶトレーラーがある場所を知っていたため、それを取りに行く許可を得る。
ジャイロに強力させてトレーラーを手に入れたマックスは、精製所に戻ろうとするのだが、彼らにヒューマンガスらが襲い掛かる・・・。
__________

前作の成功を受けて製作された本作は、低予算で作りも荒かった部分が修正され、かなり本格的な映画になってきたという感じだ。

残虐性の描写などは前作に比べてやや控えめではあるが、オーストラリアの広大な大地を生かしたスケール感のある映像は迫力ある。

B級ホラー風の描写が目立った前作から、どっしりと構えた雰囲気を漂わせる重量感のある映像で見せる、ジョージ・ミラーの演出に注目したい。

世界的に知られるようになったからか、わずか数年で顔つきが変わってきたメル・ギブソンは、髭も蓄え正に”ウォリアー”として戦闘兵器のような活躍を見せる。

オートジャイロを操縦する、際立つ長身(198cm)でコミカルな男として登場し物語にアクセントを加える印象的なキャラクターのブルース・スペンス、精製所のリーダー、マイク・プレストン、凶悪集団のリーダー、ケル・ニルソン、その部下ヴァーノン・ウェルズ、同じくマックス・フィップス、精製所の女戦士ヴァージニア・ヘイ、野性児のような少年エミール・ミンティなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up