4216 Movies

コレラの時代の愛 Love in the Time of Cholera (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

コロンビアノーベル文学賞作家ガブリエル・ホセ・ガルシア=マルケスが1985年に発表した同名小説の映画化。
50年以上も初恋の相手を想い続けた男性が愛を手に入れるまでを描く、監督マイク・ニューウェル、主演ハビエル・バルデムジョヴァンナ・メッツォジョルノベンジャミン・ブラットジョン・レグイザモヘクター・エリゾンドリーヴ・シュレイバー他共演のラブロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:マイク・ニューウェル
製作:スコット・スタインドーフ
原作:ガブリエル・ホセ・ガルシア=マルケス
脚本:ロナルド・ハーウッド
撮影:アフォンソ・ベアト
編集:ミック・オーズリー
音楽:アントニオ・ピント

出演
フロレンティーノ・アリーサ:ハビエル・バルデム

フェルミーナ・ダーサ:ジョヴァンナ・メッツォジョルノ
フベナル・ウルビーノ医師:ベンジャミン・ブラット
ロレンソ・ダーサ:ジョン・レグイザモ
イルデブランダ・サンチェス:カタリーナ・サンディノ・モレノ
ドン・レオ:ヘクター・エリゾンド
ロタリオ・トゥグット:リーヴ・シュレイバー
オリンピア・スレータ:アナ・クラウディア・タランコン
トランシト・アリーサ:フェルナンダ・モンテネグロ
ナサレット:アンジー・セペダ
エスコラスティカ:アリシア・ボラッチェロ
フロレンティーノ・アリーサ(青年期):ウナクス・ウガルデ
サラ・ノリエガ:ローラ・ハリング
アメリカ・ヴィクーニャ:マルセラ・マール

アメリカ/コロンビア 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ

2007年製作 139分
公開
北米:2007年11月16日
日本:2008年8月9日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $4,607,610
世界 $31,337,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1931年。
かつて、コレラ撲滅に尽力した高名な医師であるフベナル・ウルビーノ医師(ベンジャミン・ブラット)が死亡する。

その妻フェルミーナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)の元に、51年9ヶ月4日、彼女を愛し続けたというフロレンティーノ・アリーサ(ハビエル・バルデム)が現れる。

しかし、フェルミーナはフロレンティーノを罵倒して追い返してしまう。

夫の葬儀を済ませたフェルミーナは、ある思い出にふける。
___________

1879年、コロンビアカルタヘナ
電報局で働く青年フロレンティーノ・アリーサ(ウナクス・ウガルデ)は、上司ロタリオ・トゥグット(リーヴ・シュレイバー)から、ラバを飼育しているロレンソ・ダーサ(ジョン・レグイザモ)に、電報を届けるよう命ぜられる。

フロレンティーノはダーサの屋敷で、娘フェルミーナに一目惚れしてしまい、徹夜で恋文を書き始める。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
温厚で思慮深く詩を愛する青年フロレンティーノ・アリーサは、裕福な商人の娘フェルミーナと出会い一目惚れしてしまう。
二人は、やがて愛を語り合うようになるのだが、フェルミーナの父親ロレンソの反対で二人は引き離されてしまう。
その後フェルミーナは、コレラの撲滅に尽力する医師フベナルと結婚することになる。
失意のフロレンティーノは、フェルミーナへの愛の苦しみから逃れるために、他の女性を求め続けるのだが・・・。
__________

50年以上も初恋の相手を想い続ける、生真面目な男の、一途な愛物語と言えば堅苦しく聞こえるが、穏やかな青年の愛への強い情熱が、初恋の人を想うばかりに、何百人もの女性と関係するという”矛盾”を、マイク・ニューウェルは、繊細且つ大胆な描写で描いている。

注目は、本作の北米公開5日後に公開される「ノーカントリー」(2007)で、恐怖の殺人鬼を演ずる、ハビエル・バルデムの怪演であり、彼の役者としての奥深さを知る上でも、興味深く貴重な作品。

役柄が、物腰も穏やかな男性なので違和感はないが、殺人鬼”アントン・シガー”を思いつつ彼の演技を見ていると、涙をこぼし大泣きする姿などが実に新鮮に見える。

50年以上もの間の、主人公達の衰えを見事なメイクで映し出してはいるが、世界遺産でもあるカルタヘナのロケが、今一生かされていなかったところなどは残念だ。

半世紀以上もの間の、女性の肉体的な変化などを、体当たりで演ずるジョヴァンナ・メッツォジョルノ、その夫で医師のベンジャミン・ブラット、父親のジョン・レグイザモ、従妹のカタリーナ・サンディノ・モレノ、主人公に事業を継がせる叔父ヘクター・エリゾンド、青年期の主人公の上司リーヴ・シュレイバー、母親フェルナンダ・モンテネグロ、関係を持つ女性達、アナ・クラウディア・タランコンアンジー・セペダローラ・ハリングマルセラ・マール、そして主人公の青年期を演ずるウナクス・ウガルデなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020