4213 Movies

カバーガール Cover Girl (1944)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

一躍ファッション誌のカバーガールとして脚光を浴びたがナイトクラブのコーラス・ガールが、愛する恋人との恋を選ぶまでを描く、監督チャールズ・ヴィダー、主演リタ・ヘイワースジーン・ケリーフィル・シルヴァース他共演によるミュージカル仕立てのラブ・ロマンス。


ドラマ(ミュージカル)

ジーン・ケリー / Gene Kelly / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・ヴィダー
製作:アーサー・シュワルツ
原案:アーウィン・ゲルシー
脚本
ヴァージニア・ヴァン・アップ

マリオン・パーソネット
ポール・ガンジェリン
撮影
ルドルフ・マテ

アレン・M・デーヴィ
編集:ヴィオラ・ローレンス
美術・装置
ライオネル・バンクス

キャリー・オデル
フェイ・バブコック
音楽
モリス・ストロフ

カーメン・ドラゴン
作詞:アイラ・ガーシュウィン
作曲:ジェローム・カーン

出演
ラスティ・パーカー/マリベル・ヒックス:リタ・ヘイワース

ダニー・マグワイアー:ジーン・ケリー
ジーニアス:フィル・シルヴァース
ジョン・クデール:オットー・クルーガー
ノエル・ウィートン:リー・ボウマン
コーネリア”ストーンウォール”ジャクソン:イヴ・アーデン
モーリン:レスリー・ブルックス
ジョン・クデール(青年期):ジェス・バーカー
ジョー:エドワード・ブロフィー
コーラス・ガール:シェリー・ウィンタース

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1944年製作 107分
公開
北米:1944年3月30日
日本:1977年10月


アカデミー賞 ■
第17回アカデミー賞
・受賞
音楽賞(ミュージカル)
・ノミネート
撮影・美術・録音・歌曲賞”Long Ago and Far Away”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークブルックリン
ナイトクラブのコーラス・ガール、ラスティ・パーカー(リタ・ヘイワース)は、舞台を仕切る恋人のダニー・マグワイア(ジーン・ケリー)から厳しい指導を受ける。

そんなラスティは、同僚のモーリン(レスリー・ブルックス)から、雑誌”ヴァニティ”のカバーガール応募の話を聞き、早速、審査会場に向かう。

会場で先に呼ばれたモーリンは、審査担当コーネリア・ジャクソン(イヴ・アーデン)に、まずまずの評価を受けたため、ラスティが採用されないように”助言”して彼女を審査に向かわせる。

ラスティは、モーリンに言われた通り、おどけた雰囲気で審査を受けるが、見事に不採用になってしまう。

雑誌発行人のジョン・クデール(オットー・クルーガー)は、注目されたモーリンを確かめにナイトクラブに向かう。

その夜、店に現れたラスティは、ダニーに成功への近道を歩みたくなったことを告げるのだが、地道な努力が大切だとダニーに言われて励まされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ナイトクラブのコーラス・ガール、ラスティ・パーカーは、ファッション誌”ヴァニティ”のカバーガールに応募する。
ラスティを一目見て気に入った雑誌発行人のクデールは、かつての思い出が甦る。
クデールは、ラスティに瓜二つの歌姫マリベルに、心奪われた40年前の時ことを思い起こしたのだった。
そんなクデールは、ラスティがマリベルの孫だということを知る。
クデールは、早速ラスティをカバーガールとして採用し、彼女は”ヴァニティ”の表紙を飾る。
ラスティは、一躍、世間の注目を浴びるようになり、自分の成功を祈るものの、別れを躊躇する恋人ダニーの気持ちを察し・・・。
__________

2年後「ギルダ」(1946)でもリタ・ヘイワースとコンビを組むチャールズ・ヴィダーが、総天然色カラーの映像を生かし、女性の外見的な美しさを極限まで表現した、ハイセンスな作品ではあるが、結局はスターの道を捨てて物欲でなく地道に生きる恋人を選ぶという、人間味や人情も描いている。

第17回アカデミー賞では、音楽賞を受賞した。
(ミュージカル)
・ノミネート
撮影・美術・録音
歌曲賞
”Long Ago and Far Away”

作詞アイラ・ガーシュウィンと作曲ジェローム・カーンの、ミュージカル・ナンバーの数々は素晴らしい。

1944年、第二次大戦最中の北米公開を考えると、日本では公開されるはずもなく、1977年10月に日本公開された。

オープニングでは、それほど目立たないリタ・ヘイワースが、”カバーガール”に選ばれようとするあたりから、突然、オーラを感じさせる雰囲気を漂わせるような演出は見事で、美女が勢揃いする作品の中で、完璧さを超越した、彼女の際立つ美しさはたを圧倒し、全盛期の魅力を堪能できる貴重な作品でもある。

デビューしたばかりの、注目のジーン・ケリーは、初々しくもダンサーとしての貫禄は十分で、華麗なステップを見せてくれる。
本作はコロンビア・ピクチャーズの作品だが、彼はこの後、MGMを支える大スターに成長していく。

ドラマチックでもあるラブ・ロマンスに、アクセントを与えるコメディアン、陽気なボードヴィリアンフィル・シルヴァース、かつての思い出に浸る雑誌社社主オットー・クルーガー、口うるさいその補佐ながら、クライマックスで爽やかな人情味を見せるイヴ・アーデンブロードウェイのプロデューサーのリー・ボウマン、主人公の同僚レスリー・ブルックス、雑誌社社主の青年期を演ずるジェス・バーカー、主人公らの馴染みの酒場主人エドワード・ブロフィー、そして、若き日のシェリー・ウィンタース(23歳)が、コーラス・ガールのメンバーとして端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020