4213 Movies

ラブ・アクチュアリー Love Actually (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

イギリス映画のラブ・コメディ作品の優、リチャード・カーティス監督、脚本の、9つの恋愛劇をめまぐるしい展開で見せる、ロマンチック・コメディの快作。
ヒュー・グラントアラン・リックマンエマ・トンプソンコリン・ファースリーアム・ニーソンキーラ・ナイトレイビル・ナイローラ・リニービリー・ボブ・ソーントンマーティン・フリーマン他共演。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・カーティス
製作
ダンカン・ケンワーシー

ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
脚本:リチャード・カーティス
撮影:マイケル・コールター
編集:ニック・ムーア
音楽:クレイグ・アームストロング

出演
デイヴィッド/首相:ヒュー・グラント

ハリー:アラン・リックマン
カレン:エマ・トンプソン
ダニエル:リーアム・ニーソン
ジェイミーベネット:コリン・ファース
オーレリア・バルロス:ルシア・モニス
ジェイミーの恋人:シエンナ・ギロリー
ジュリエット:キーラ・ナイトレイ
マーク:アンドリュー・リンカーン
サラ:ローラ・リニー
カール:ロドリゴ・サントロ
ナタリー:マルティン・マカッチョン
ビリー・マック:ビル・ナイ
カーラ:デニス・リー・リチャーズ
ジョー:グレゴール・フィッシャー
アメリカ大統領:ビリー・ボブ・ソーントン
ルーファス:ローワン・アトキンソン
ピーター:キウェテル・イジョフォー
ジュディ:ジョアンナ・ペイジ
コリン・フリッセル:クリス・マーシャル
ステイシー:イヴァナ・ミリセヴィッチ
ジーニー:ジャニュアリー・ジョーンズ
キャロル=アンエリシャ・カスバート
ハリエット:シャノン・エリザベス
ジョン:マーティン・フリーマン
サム:トーマス・サングスター
ミア:ハイケ・マカッシュ
トニー:アブダル・サリス
キャロル:クラウディア・シファー
マイケル:マイケル・フィッツジェラルド
ジョアンナ:オリヴィア・オルソン
アニー:ニーナ・ソサーニャ

イギリス/フランス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2003年製作 138分
公開
北米:2003年11月14日
日本:2004年2月7日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $59,365,110
世界 $246,942,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン、クリスマスまで5週間。
イギリスの新首相デヴィッド(ヒュー・グラント)は、首相官邸”ダウニング街10番地”に到着する。

デヴィッドは、ポッチャリした秘書官のナタリー(マルティン・マカッチョン)に一目惚れしてしまう。

画家のマーク(アンドリュー・リンカーン)の親友ピーター(キウェテル・イジョフォー)は、若いジュリエット(キーラ・ナイトレイ)と結婚式を挙げる。

作家ジェイミーベネット(コリン・ファース)は、二人の挙式に出席する準備をしていた際、弟に恋人(シエンナ・ギロリー)を奪われたことを知る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
クリスマスを控えたロンドン
新首相デヴィッドは、少々太めの秘書官ナタリーに一目惚れしてしまい、彼女を意識しながら公務を続ける。
画家マークの親友であるピーターは、若くて美しいジュリエットと結婚するのだが、彼女はマークの余所余所しい態度が気になる。
作家のジェイミーは、弟に恋人を奪われ、傷心のうちに南仏のコテージで執筆活動を始める。
ジェイミーは、ポルトガル語しか話せないメードのオーレリアと出会い、惹かれ合うようになる。
もてない青年コリンは、イギリス女性を諦め、アメリカ行きを決心する。
ボディダブルの仕事で知り合ったジョンとジュディは、心通じ合うようになる。
最愛の妻を亡くしたダニエルは、彼女の連れ子のサムが、片思いで悩んでいることを知り、彼を励ます。
デザイナーのカールに心を寄せるサラは、それを知った社長のハリーから、行動を起こすように促される。
そのハリーは、部下のミアの誘惑に負けそうになり、首相デヴィッドの妹である妻のカレンは、夫の様子に気づき始める。
伝説のロックンローラー、ビリーは、復活のために奔走するマネージャーのジョーの苦労も知らずに、暴言を繰り返して世間を騒がせる・・・。
__________

関連する人々の様々なロマンスが、クリスマス・イヴに向かって進展または修復していく展開は、リチャード・カーティスの小気好い演出と脚本により、愉快であり心和ませ、そして痛快なドラマに仕上がっている。

様々な形の、”愛”そのものを描いた単純なストーリーは、頻繁に入れ替わる恋愛模様のようではあるが、実に解り易く、物語のクライマックスでもある、正にクリスマスに相応しい作品だ。

どぎついジョークが、日本人には通用しない時もある、イギリス人気質がうまく描写されていて実に楽しい。

北米興行収入は6000万ドル弱に留まるが、全世界では約2億4700万ドルの大ヒットとなった。

純粋なコメディでありながら、2時間15分の長尺も、全く飽きることなく見れる。

また、上記のように、イギリスの誇りを誇示する言動や、ハリウッド作品とは異質な雰囲気が実に新鮮だ。

イギリス映画を代表する、豪華スター競演は、キャラクターを生かした見事なハーモニーを醸し出し、これだけの出演者を平均的に物語りに溶け込ませる、リチャード・カーティスの絶妙とも言える演出手腕は見ものだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020