4373 Movies

ロード・オブ・ウォー Lord of War (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

武器商人であることを”才能”と考えた男の生き様を描く、製作、監督、脚本アンドリュー・ニコル、製作、主演ニコラス・ケイジジャレッド・レトイーサン・ホークブリジット・モイナハン他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アンドリュー・ニコル

製作
ニコラス・ケイジ
ノーマン・ゴライトリー
アンドレアス・グロッシュ
アンドリュー・ニコル
クリス・ロバーツ
テリー=リン・ロバートソン
フィリップ・ルスレ
製作総指揮
ブラッドリー・クランプ
クリストファー・エバーツ
ファブリス・ジャンフェルミ
ゲイリー・ハミルトン
マイケル・メンデルソーン
アンドレアス・シュミット
ジェームズ・D・スターン
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:アミール・モクリ
編集:ザック・ステンバーグ
音楽:アントニオ・ピント

出演
ユーリ・オルロフ:ニコラス・ケイジ
ヴィタリー・オルロフ:ジャレッド・レト
ジャック・ヴァレンタイン:イーサン・ホーク
エヴァ・フォンテーン・オルロフ:ブリジット・モイナハン
アンドレイ・バプティストSr.:イーモン・ウォーカー
アンドレイ・バプティストJr.:サンミ・ロティビ
シメオン・ワイズ:イアン・ホルム
オリヴァー・サザン大佐:ドナルド・サザーランド
デミトリー・ヴォルコフ将軍:エフゲニー・ラザレフ

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2005年製作 121分
公開
北米:2005年9月16日
日本:2005年12月17日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $24,149,630
世界 $72,617,070


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1982年、ニューヨークブルックリンブライトン・ビーチ、リトル・オデッサ。
幼い頃ウクライナから移住したユーリ・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、弟ヴィタリー(ジャレッド・レト)と共に両親の経営するレストランを手伝っていた。

父親から向いのレストランの様子を見て来るようにと言われたユーリは、ギャングの抗争による銃撃を目撃する。

衝撃を受けたユーリは、飲食業ではなく、必要を満たす別の事業を考えて武器商人なる。

ユダヤ教徒を装っていたユーリは、手始めにイスラエルの短機関銃”UZI”を手に入れてさばき、その快感を味わう。

1983年、ベルリン、兵器フェア。
ヴィタリーをビジネスに引き入れたユーリは、武器商人の大物シメオン・ワイズ(イアン・ホルム)に接触するものの、素人の来る場所ではないと言われて、名刺も受け取ってもらえない。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1982年、ニューヨークブルックリンブライトン・ビーチ、リトル・オデッサ。
幼い頃ウクライナから移住したユーリ・オルロフは、弟ヴィタリーと共に両親の経営するレストランを手伝っていた。
ある日ユーリは、ギャングの抗争の銃撃戦を目撃し、武器商人になることを決める。
闇取引を始め、ヴィタリーを巻き込んで中東に向かったユーリは、レバノン内戦アメリカ軍が残した大量の武器を手に入れてさばき頭角を現す。
南米の麻薬組織などとも取引をしたユーリは、子供時代からの憧れの存在だったモデルのエヴァと結婚し、派手な生活を始める一方、合法的に闇ビジネスを展開する。
そして、”ソ連崩壊”による冷戦終結を最大のチャンスと見たユーリは、故郷ウクライナの武器庫を管理する叔父デミトリーの元に向かう。
膨大な武器を手に入れて運ぶ準備を整えたユーリだったが、インターポールのヴァレンタインの捜査が迫る・・・。
__________

武器商人である元ソ連陸軍中佐ビクトル・ボウトをモデルに、実話を参考にして製作された作品。

物語は、武器取引を自分の”才能”として捉えて行動する主人公のストイックな生き様を描く内容となっている。

主人公が扱う大量で巨額の武器取引は、国家レベルで考えれば些細なことで、紛争や殺戮を利用した、兵器開発や売買が国家間で行われている実態を描き、その最大の供給国が国連安保理常任理事国だという問題提起で終わるラストが怖い。

製作と脚本を兼ねるアンドリュー・ニコルの演出は、平面的で突っ込みが足りないような気もするが、闇社会の構造を比較的、理解し易く描いてはいる。

一般受けはしたが批評家には不評で、北米興行収入は約2400万ドル、全世界でも約7300万ドルで、製作費が5000万ドルであることを考えると成功した作品とは言えない。

武器の闇取引を天職”才能”と考える男を熱演するニコラス・ケイジ、麻薬に溺れながら兄をサポートするその弟ジャレッド・レト、主人公を追うインターポールイーサン・ホーク、主人公の妻ブリジット・モイナハンリベリア大統領のイーモン・ウォーカー、その息子サンミ・ロティビ、武器商人の大物イアン・ホルム、主人公に闇で手を貸す軍人で、顔が一切登場しないドナルド・サザーランド、主人公の叔父で、大量の武器を流すソ連軍の将軍エフゲニー・ラザレフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021