4216 Movies

LOOPER/ルーパー Looper (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

未来から送り込まれるターゲットを始末する殺し屋”ルーパー”である青年と、現れた30年後の彼との運命を描く、監督、脚本ライアン・ジョンソン、主演ジョゼフ・ゴードン=レヴィットブルース・ウィリスエミリー・ブラントポール・ダノ他共演のSFアクション。


SF

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ライアン・ジョンソン
製作総指揮
ジュリー・ゴールドスタイン

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ダグラス・ハンセン
ダン・ミンツ
ピーター・シュレッセル
製作
ラム・バーグマン

ジェームズ・D・スターン
脚本:ライアン・ジョンソン
撮影:スティーヴ・イェドリン
編集:ボブ・ダクセイ
音楽:ネイサン・ジョンソン

出演
ジョー:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

オールド・ジョー:ブルース・ウィリス
サラ:エミリー・ブラント
セス:ポール・ダノ
エイブ:ジェフ・ダニエルズ
キッド・ブルー:ノア・セガン
スージー:パイパー・ペラーボ
シド:ピアース・ガニォン
ジェシー:ギャレット・ディラハント
オールド・ジョーの妻:シュイ・チン
ベアトリクス:トレイシー・トムズ

アメリカ 映画
配給
トライスター・ピクチャーズ

フィルム・ディストリクト
2012年製作 119分
公開
北米:2012年9月28日
日本:2013年1月12日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $66,486,210
世界 $176,506,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2044年、カンザス州、カンザス・シティ
タイムトラベルが可能な未来ではそれが禁止されていたが、犯罪組織が法を破り殺しのターゲットを過去に送り、殺し屋”ルーパー”に始末させていた。

ルーパー達は、現在では存在しないターゲットの遺体を処分し、報酬として銀の延べ棒を受取る。

腕利きのルーパー、ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、”TK”(念力)を持つ親友セス(ポール・ダノ)が、未来から送られた自分を、殺すことができなかったことを知らされる。

助けを求められたジョーは、セスに逃げるよう伝えるが、ルーパーを仕切るために未来から送り込まれたエイブ(ジェフ・ダニエルズ)の指示でキッド・ブルー(ノア・セガン)らが現れたためセスを匿う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

2044年、カンザス州、カンザス・シティ
タイムトラベルが開発された未来では、法で禁じられているそれを犯罪組織が利用し、過去にターゲットを送り込み、殺し屋”ルーパー”に始末させていた。
凄腕のルーパー、ジョーの前に30年後の自分がターゲットとして現れ殺害をためらってしまう。
オールド・ジョーは、逃げろという忠告を守らない追われる身となったジョーを助け、強大な力を持つ犯罪組織のリーダー”レインメーカー”を始末する必要があることを伝える。
自分の人生を変えてくれた妻を、組織に殺されたオールド・ジョーは、レインメーカーがこの地域にいると知り彼を捜そうとする。
オールド・ジョーと別れたジョーは、指示された農家に向かい住人サラに警戒される。
そしてジョーは、サラの息子シドを含む三人の子供の命を、オールド・ジョーが狙っていることに気づくのだが・・・。
__________

「BRICK ブリック」(2006)で組んだライアン・ジョンソンジョゼフ・ゴードン=レヴィットの作品で、未来のテクノロジーをそれほど強調せず、終盤では”念力”がキーポイントとなるスリラー的な仕上りとなっている。

未来の犯罪組織を牛耳る謎のリーダー抹殺が中盤から描かれているが、その人物である子供を狙う筋立ては、「ターミネーター」(1984)シリーズを彷彿させる。
子供の母親が同名の”サラ”というのも思わせ振りだ。(SarahとSaraで綴りはちがうが・・・)

豪華キャストや設定の割には製作費は3000万ドルに抑えられ、北米興行収入は約6700万ドルに留まるが、全世界では約1億7700万ドルのヒットとなった。

主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、さすがに若手実力派らしく、大スターのブルース・ウィリスを相手に引けを取らない存在感で画面を支配する。

別人のような顔で登場するジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、鼻の形や口元など、ブルース・ウィリスの特徴を良く捉えた見事なメイクで、表情や仕草なども雰囲気を出して好演。
助演に徹し出番が少ないかと思ったブルース・ウィリスも、重要な役柄を熱演している。

息子の運命を知る念力能力を持つ女性を演ずるエミリー・ブラント、呆気なく姿を消すのが残念な主人公の親友ポール・ダノなど、豪華な顔ぶれも嬉しい。

”ルーパー”を仕切るジェフ・ダニエルズ、その部下で、しぶとく画面に登場するノア・セガン、主人公と関係する売春婦パイパー・ペラーボ、恐ろしい演技が印象的な、”レインメーカー”になるはずの少年ピアース・ガニォン、組織の一員ギャレット・ディラハント、オールド・ジョーの妻シュイ・チン、ダイナーのウエイトレス役でトレイシー・トムズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020