4213 Movies

アウトロー Jack Reacher (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、リー・チャイルドの小説”One Shot”を基に製作された作品。
無差別狙撃事件の容疑者が指名した謎の男が、弁護チームに加わり悪に対し正義の制裁を加えるまでを描く、監督、脚本クリストファー・マッカリー、主演トム・クルーズロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンスヴェルナー・ヘルツォークロバート・デュヴァル他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリストファー・マッカリー
製作総指揮
ジェイク・マイヤーズ

ポール・シュウェイク
製作
トム・クルーズ

ポーラ・ワグナー
ゲイリー・レヴィンソン
ドン・グレンジャー
ケヴィン・J・メシック
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
原作:リー・チャイルドOne Shot
脚本:クリストファー・マッカリー

撮影:キャレブ・デシャネル
編集:ケヴィン・スティット
音楽:ジョー・クレイマー

出演
ジャック・リーチャー:トム・クルーズ

ヘレン・ロディン:ロザムンド・パイク
アレックス・ロディン:リチャード・ジェンキンス
エマーソン:デヴィッド・オイェロウォ
ゼック・チェロヴィェック:ヴェルナー・ヘルツォーク
マーティン・キャッシュ:ロバート・デュヴァル
チャーリー:ジェイ・コートニー
ジェームズ・バー:ジョセフ・シコラ
リンスキー:マイケル・レイモンド=ジェームズ
サンディ:アレクシア・ファスト
ジェブ・オリヴァー:ジョシュ・ヘルマン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2012年製作 130分
公開
北米:2012年12月21日
日本:2013年2月1日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $80,070,740
世界 $218,340,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ペンシルベニア州、ピッツバーグアレゲニー川
ある男(ジェイ・コートニー)が、対岸の歩行者など5人を無差別に殺害する。

現場に駆けつけたエマーソン(デヴィッド・オイェロウォ)刑事は、その場の証拠を調べて直ちに捜査を開始し、容疑者として、元軍人のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)を逮捕する。

エマーソンは、あらゆる状況証拠から罪を逃れることができないことをバーに伝える。

アレックス・ロディン検事(リチャード・ジェンキンス)と共に犯行を認めさせようとするエマーソンだったが、バーは黙秘を続け、”ジャック・リーチャーを呼べ”と紙に書き記す。

現時点であらゆる記録が不明なジャック・リーチャーは、軍人として輝かしい経歴を持ち、憲兵隊にも籍を置いた彼は、捜査官でありながらトラブルも起こし、その後に除隊して消息を絶っていた。

生死も不明なリーチャーだったが、年金は時々、引き出され、法には触れていない人物だということしか分からず、彼が現れるのを待つしかないとエマーソンはロディンに伝える。

そこに、リーチャー(トム・クルーズ)本人が現れるのだが、バーは、護送中に他の囚人に襲われて意識不明となっていた。

バーの容態を確認したリーチャーはその場を去ろうとするが、バーの弁護人でロディンの娘であるヘレン(ロザムンド・パイク)が現れる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:
・「アウトロー」(2012)
・「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK Jack」(2016)

*(簡略ストー リー)
ペンシルベニア州、ピッツバーグアレゲニー川
無差別狙撃事件が発生して5人の犠牲者をだし、元軍人のスナイパー、バーが容疑者として逮捕される。
刑事エマーソンと検事ロディンの追及に、黙秘を続けるバーは、”ジャック・リーチャーを呼べ”とだけ書き記す。
優秀な軍人だったリーチャーは、憲兵隊の捜査官でもあったが、除隊して姿を消していた。
現れたリーチャーは、バーの弁護士でロディンの娘ヘレンに協力を求められる。
しかしリーチャーは、かつて戦地で射殺事件を起こし捕えたバーを、葬りに来たとヘレンに伝える。
ヘレンに説得されたリーチャーは事件現場を調べ、狙撃のプロではあるが、その腕が最高とは言えないバーの犯行を疑い始める・・・。
__________

トム・クルーズと盟友ポーラ・ワグナーの製作、二人の作品の脚本でも知られるクリストファー・マッカリーが監督した作品。

”アウトロー”という邦題はやや頭を傾げたくもなるが、確かに、法を無視した一匹狼を表現するには、原題の主人公の名をそのまま使うよりも、日本では良かったとも思える。

トム・クルーズ自身のプロモーション・メッセージで、彼は日本の人々のために”アウトローをよろしく”と言っているところなどは流石だ。

人生の年輪も感じるようになったトム・クルーズの表情や身のこなし、小柄ではあるが他を寄せ付けない威圧感や雰囲気、益々魅力的な彼が、あらゆる世代、性別を問わずに支持される理由が分かる。

派手なアクションや銃撃戦は極力控えめであり、頭脳戦的な展開や古風な作風もなかなかいい。

続編が期待されるところだが、北米興行収入が約8000万ドルに終わり、その企画がなくなりかける。
ところが、世界で約2億1800万ドルのヒットとなたことで、リー・チャイルドの”ジャック・リーチャー”シリーズの新作”Never Go Back”を基に、再企画が検討されている。

主人公に協力を求める弁護士ロザムンド・パイク、その父親である検事のリチャード・ジェンキンス、刑事役のデヴィッド・オイェロウォ、事件の黒幕であるヴェルナー・ヘルツォーク、元海兵隊員で射撃場オーナー、ロバート・デュヴァル、犯人のジェイ・コートニー、濡れ衣を着せられるジョセフ・シコラ、犯人の仲間役マイケル・レイモンド=ジェームズ、殺される女性アレクシア・ファストと同僚ジョシュ・ヘルマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020