4311 Movies

ベイビー・トーク2/リトル★ダイナマイツ Look Who’s Talking Too (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1989年に公開された大ヒット作「ベイビー・トーク」の続篇。
子育てについて意見が対立してしまう主人公夫婦の奮闘と周辺で起きる騒動を描く、監督、脚本エイミー・ヘッカーリング、主演ジョン・トラボルタカースティ・アレイオリンピア・デュカキスイライアス・コティーズ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:エイミー・ヘッカーリング
製作:ジョナサン・D・クレイン
脚本
エイミー・ヘッカーリング

ニール・イズラエル
撮影:トーマス・デル・ルース
編集:デブラ・シアテ
音楽:デイヴィッド・キティ

出演
ジェームズ・ウブリアッコ/ジェームズの精子の声:ジョン・トラボルタ

モリー・ウブリアッコ/モリーの卵子の声:カースティ・アレイ
ロージー:オリンピア・デュカキス
スチュアート:イライアス・コティーズ
ロナ:トゥウィンク・キャプラン
ジョーイ:ギルバート・ゴットフリード
マイキー・ウブリアッコ:ローン・サスマン
マイキー・ウブリアッコ/声:ブルース・ウィリス

ジュリー・ウブリアッコ/声:ロザンヌ・バー
エディ/声:デイモン・ウェイアンズ
トイレット・マン/声:メル・ブルックス

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1990年製作 82分
公開
北米:1990年12月14日
日本:1991年4月12日
北米興行収入 $47,789,070


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
愛し合おうとしていたジェームズ・ウブリアッコ(ジョン・トラボルタ)と妻モリー(カースティ・アレイ)は、息子マイキー(ローン・サスマン/声:ブルース・ウィリス)が騒いだために邪魔されてしまう。

モンスターを見たというマイキーを安心させたジェームズは寝室に戻り、眠ろうとする彼女と愛し合う。

その後モリーは妊娠し、会社にマイキーを連れて行き同僚で親友のロナ(トゥウィンク・キャプラン)と遊んでいたため、社長に注意される。

申告シーズンとなり、操縦士教官としての稼ぎが少ないことについて、ジェームズはモリーの母親ロージー(オリンピア・デュカキス)に意見される。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

・「ベイビー・トーク」(1989)
・「ベイビー・トーク2 リトル・ダイナマイツ」(1990)
・「ベイビー・トーク3 ワンダフルファミリー」(1993)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
結婚して二人目の子供が生れることになったジェームズ・ウブリアッコと妻モリーは、息子マイキーの育て方で意見が食い違ってしまう。
母ロージーに操縦士教官のジェームズの稼ぎが悪いことを指摘されたモリーは、好きでもないタクシー・ドライバーのバイトをしている彼の気持ちが分からないでもない。
その後、モリーは無事に女の子ジュリーを出産し、家族は喜びに包まれ、ジェームズもパイロットの仕事を得る。
しかし、モリーの弟スチュアートが現れ彼女が同居を許したてめジェームズは苛立つ。
そしてジェームズは、モリーと口論の末に家を飛び出してしまう・・・。
__________

生まれて間もない赤ちゃんの視点で、”奇妙”な大人社会の様子を軽妙に描き大ヒットしたコメディ「ベイビー・トーク」(1989)シリーズの第二弾。

前作で大活躍した息子のマイキーに妹ができるという設定で進行するドラマは、ヒット曲などを効果的に使いグレードアップした雰囲気はあるのだが、第一作に比べるとパンチが足りない気がする。

赤ちゃん役のせいか、前作で感じた愛らしさも見慣れてしまったという感じもする。
火事の中、幼い兄妹が避難するシーンなどはあまり見たくない・・・。

結局は円満に終わる物語なのだが、主人公夫婦も殆どいがみ合っているため、なんとなくストレスがたまってしまう。

そんなこともあってか、北米興行収入も前作に比べて約1/3に激減してしまい、観客、批評家の評価もよくなかった。

遂に夢が叶いジェット機のパイロットになるのだが、子育てなどで妻と対立してしまう主人公を愉快に演ずるジョン・トラボルタ、自分の考えを曲げないため夫との仲がしっくりこないものの、愛する気持ちは変わらない妻を熱演するカースティ・アレイ、その母親オリンピア・デュカキス、トラブル・メイカー的な放蕩息子のイライアス・コティーズ、彼と親交を深めるヒロインの親友トゥウィンク・キャプラン、ベイビー・ジムのインストラクター、ギルバート・ゴットフリード、マイキーのローン・サスマン、その声ブルース・ウィリス、ジュリーの声ロザンヌ・バー、マイキーの友達の声デイモン・ウェイアンズ、そして、トイレット・マンの声は大御所メル・ブルックスが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020