4310 Movies

リターン・トゥー・マイ・ラヴ Lonesome Jim (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人生の道筋を定めることが出来ない青年の苦悩を描く、監督スティーヴ・ブシェミ、主演ケイシー・アフレックリヴ・タイラーケヴィン・コリガンメアリー・ケイ・プレイスシーモア・カッセル他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:スティーヴ・ブシェミ
製作
ガルト・ニーダーホッファー
ゲイリー・ウィニック
ジェイク・エイブラハム
セリーヌ・ラトレイ
ダニエラ・ソト=タプリン
製作総指揮
ジョナサン・セリング
キャロライン・カプラン
ジョン・スロス
リーガン・シルバー
アナ・ウォーターハウス
脚本:ジェームズ・C・ストラウス
撮影:フィル・パーメット
編集:プラミー・タッカー
音楽:エヴァン・ルーリー

出演
ジム・ラウシュ:ケイシー・アフレック
アニカ:リヴ・タイラー
ティム・ラウシュ:ケヴィン・コリガン
サリー・ラウシュ:メアリー・ケイ・プレイス
ドン・ラウシュ:シーモア・カッセル
ステイシー”イーヴィル/悪魔”:マーク・ブーン・ジュニア
ベン:ジャック・ロヴェロ

アメリカ 映画
配給
IFC Films(北米)
ライオンズゲート(世界)
2005年製作 91分
公開
北米:2005年1月22日
日本:未公開
製作費 $500,000
北米興行収入 $154,190
世界 $174,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
インディアナ州、ゴシェン
ニューヨークの生活を諦めて故郷に戻った27歳のジム(ケイシー・アフレック)は、バスステーションから歩いて実家に向かう。

兄ティム(ケヴィン・コリガン)に迎えられたジムは、母サリー(メアリー・ケイ・プレイス)と父ドン(シーモア・カッセル)にも歓迎されるものの、脱水症状で気分が悪くなってしまう。

回復したジムは入浴して落ちつき、帰ってきたことをサリーに喜んでもらう。

翌日、ニューヨークには戻らないことを家族に伝えたジムは、何をして暮らすか考えていなかった。

夕方、サリーの車を借りたジムはバー”リキズ”に向かうものの、話したくない男がいたために店を出る。

リキズの二号店もやめたジムは、三号店で看護師のアニカ(リヴ・タイラー)に出会う。

ニューヨークで生活のために犬の散歩の仕事をしていたと話したジムは、作家志望だとアニカに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
インディアナ州、ゴシェン
ニューヨークで作家になる夢を諦めて故郷に戻った27歳の青年ジムは実家に戻る。
家族に歓迎されたジムだったが、将来について前向きに考えることもできない。
そんなジムは、看護師のアニカと出会い惹かれ合うようになる。
ある日、ジムから、まともな職にもつけずに自分以上に最低な人生を送っていると言われた兄のティムは、ショックを受けて事故を起こ死昏睡状態になる。
ティムへの言葉を後悔したジムは、息子がいたアニカとの関係を続けながら、人生を見つめ直そうとするのだが・・・。
__________

個性派スターとして人気があるスティーヴ・ブシェミの監督作品で、長編映画として彼にとっては3作目の作品。

サンダンス映画祭でプレミア上映され、スティーヴ・ブシェミはグランプリにノミネートされた。

ニューヨークで暮らすものの作家になる夢を諦めた青年の挫折と、将来への不安などを描くコメディ・ドラマ。

スティーヴ・ブシェミ作品の常連とも言えるベテラン俳優シーモア・カッセルの晩年の作品であり、主人公の父親役で出演しているのもファンには嬉しい。

人生の道筋が見えずに苦悩する主人公を演ずるケイシー・アフレックは、既にキャリアを重ねていただけあり、その後、演技派として認められる才能が窺える作品として注目したい。

主人公と軽い気持ちで付き合いながら、心不安定な彼の人生に深く関わる看護師を好演するリヴ・タイラー、その息子ジャック・ロヴェロ、主人公の兄ケヴィン・コリガン、主人公を溺愛する母親メアリー・ケイ・プレイス、父親のシーモア・カッセル、主人公の叔父であるドラッグの売人マーク・ブーン・ジュニアなどが共演している。


 

Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020