4237 Movies

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 Lemony Snicket’s A Series of Unfortunate Events (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ダニエル・ハドラー(レモニー・スニケット)の原作「世にも不幸なできごと」シリーズの、第1-3巻「最悪のはじまり」「爬虫類の部屋にきた」「大きな窓に気をつけろ」を基に映画化された作品。
火事で両親を失った3人の子供達の財産を狙う強欲な伯爵と、襲い掛かる不幸を克服していく子供達の活躍を描く、製作総指揮バリー・ソネンフェルド、監督ブラッド・シルバーリング、主演ジム・キャリーエミリー・ブラウニングリアム・エイケンメリル・ストリープティモシー・スポール他共演のファンタジー・コメディ。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:ブラッド・シルバーリング
製作総指揮
バリー・ソネンフェルド

スコット・ルーディン 他
製作
ウォールター・F・パークス

ローリー・マクドナルド
原作:ダニエル・ハドラー
脚本:ロバート・ゴードン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
メイクアップ
ビル・コルソ
ヴァリ・オ・レイリー

美術・装置
リック・ヘインリックス

シェリル・キャラセック
編集:マイケル・カーン
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ジム・キャリー:オラフ伯爵
エミリー・ブラウニング:ヴァイオレット・ボードレール
リアム・エイケン:クラウス・ボードレール
カラ&シェルビー・ホフマン:サニー・ボードレール
メリル・ストリープ:ジョセフィーンおばさん
ティモシー・スポール:Mr.ポー
キャサリン・オハラ:ストラウス判事
ビリー・コノリー:モンティおじさん
セドリック・ジ・エンターテイナー:警官
クレイグ・ファーガソン:性別不明な男(劇団員)
ジェイミー・ハリス:かぎ爪の男(劇団員)
ルイス・ガスマン:坊主頭の男(劇団員)
ジェーン・アダムス:白い顔の女(劇団員)
ジェニファー・クーリッジ:白い顔の女(劇団員)
ジュード・ロウ:レモニー・スニケット
ダスティン・ホフマン:評論家

アメリカ 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
ドリームワークス(世界)
2004年製作 108分
公開
北米:2004年12月17日
日本:2005年5月3日
製作費 $140,000,000
北米興行収入 $118,627,120
世界 $209,073,650


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞
・受賞
メイクアップ賞
・ノミネート
美術・衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ボードレール家の14歳の長女ヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)は、何でも作り出せる発明家、実験台の弟のクラウス(リアム・エイケン)は読書好きの少年で、屋敷にある何万冊もの本を読破して全てを記憶してしまい、末っ子サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)は、何でも噛んでしまう不思議な女の子だった。

ある日、3人が遊んでいる最中、ボードレール家の遺産管理人Mr.ポー(ティモシー・スポール)が現れ、両親が火事で焼死したという悲しい知らせを伝える。

不可解な火事の原因や、両親に隠された秘密があったことを知ったボードレール家の子供達は、孤児になり、後見人の元に預けられることになる。

Mr.ポーは、3人を、一番近い親戚のオラフ伯爵(ジム・キャリー)に預けるため伯爵邸に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ボードレール家の14歳の長女ヴァイオレットは、何でも作り出せる発明家、実験台の弟のクラウスは読書好きの少年で、屋敷にある何万冊もの本を読破し全てを記憶し、末っ子のサニーは、何でも噛んでしまう不思議な女の子だった。
ある日、3人は遊んでいる最中、ボードレール家の遺産管理人Mr.ポーから、両親が火事で焼死したことを知らされる。
不可解な火事の原因や、両親に、隠された秘密があったことを知った子供達は、後見人として、一番近い親戚のオラフ伯爵に預けられることになる。
3人を迎えたオラフ伯爵だったが、偏屈な悪人の彼は、子供達の遺産を狙い、殺害まで考えていたのだった・・・。
__________

第77回アカデミー賞では、メイクアップ賞を受賞した。
・ノミネート
美術、衣装、デザイン、作曲賞

色彩を抑えた映像や、衣装、セットなども素晴らしく、トーマス・ニューマンの楽しい音楽も耳に残る。

製作費1億4000万ドル、北米興行収入は約1億1900万ドル、全世界では約2億900万ドルのヒットとなった。

怪優ジム・キャリーのワンマン作品ではなく、主人公は、あくまで災いの連続に健気に立ち向かう子供達で、その活躍に重点を置いているところが、要所要所で登場する主演のジム・キャリーの魅力を生かしている。

変装を含め三役をこなす、変幻自在のジム・キャリーの不気味な演技と、汚れを知らないように見えるが、実は大人びた逞しさを持つ子供達との”戦い”振りが見所だ。

知性と教養があり、そしてやんちゃな子供達、エミリー・ブラウニングリアム・エイケンカラ&シェルビー・ホフマン、おばジョセフィーン役メリル・ストリープ、遺産管理人のティモシー・スポール、判事のキャサリン・オハラ、モンティおじさん役のビリー・コノリー、巡査のセドリック・ジ・エンターテイナー、劇団員役のクレイグ・ファーガソンジェイミー・ハリスジェーン・アダムスルイス・ガスマンジェニファー・クーリッジ、評論家役のダスティン・ホフマン、そして、レモニー・スニケット役で、はっきりとした表情などは映し出されないジュード・ロウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020