4544 Movies

レフト・ビハインド Left Behind (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1995年に最初の小説が発表された、ティム・ラヘイジェリー・B・ジェンキンズによるベストセラー小説(16部構成)”レフトビハインド”を基に製作された作品。
突然、人が消えるという異変に襲われた人々の恐怖を描く、監督、編集ヴィク・アームストロング、主演ニコラス・ケイジチャド・マイケル・マーレイキャシー・トムソンニッキー・ウィーランジョーダン・スパークスリー・トンプソン他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ヴィク・アームストロング
製作
ポール・ラロンド
マイケル・ウォーカー
製作総指揮
R・ブライアン・ライト
J・デビッド・ウィリアムズ
原作
レフトビハインド
ティム・ラヘイ
ジェリー・B・ジェンキンズ
脚本
ポール・ラロンド
ジョン・パトゥス
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:ヴィク・アームストロング
音楽:ジャック・レンズ

出演
レイフォード“レイ”スティール:ニコラス・ケイジ
キャメロン“バック”ウィリアムズ:チャド・マイケル・マーレイ
クローイ・スティール:キャシー・トムソン
ハティー・ダーハム:ニッキー・ウィーラン
シャスタ・カーヴェル:ジョーダン・スパークス
アイリーン・スティール:リー・トンプソン
メルヴィン・ウェア:マーティン・クレバ
ブルース・バーンズ牧師:ランス・E・ニコルズ
クリス・スミス:ウィリアム・ラグズデール
ジム:ジャド・ローマンド
サイモン:クィントン・アーロン
キミー:ステファニー・オノレ
デニス:ゲイリー・グラッブス
ヴェニス・バクスター:ジョージナ・ローリングス
ロリ:ロロ・ジョーンズ
エドウィン:ハン・ソト
レイフォード“レイミー”スティールJr.:メジャー・ドッドソン
ハシド:アレック・レイム
ルイス:ルイス・ダ・シルバJr.
ケイティ:カムリン・ジョンソン
老婦人:ローラ・スウィニー

アメリカ 映画
配給 フリースタイル・リリーシング
2014年製作 110分
公開
北米:2014年10月3日
日本:2015年6月27日
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $4,019,920
世界 $19,682,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港
アーカンソー中央大学の学生クローイ・スティール(キャシー・トムソン)は、到着したことを母アイリーン(リー・トンプソン)に連絡し、弟のレイフォード“レイミー”(メジャー・ドッドソン)が待っていると言われる。

パイロットである父レイフォード“レイ”(ニコラス・ケイジ)の誕生パーティーのことを訊いたクローイは、急なフライトで父がロンドンに向かうことを知らされる。

ターミナルでレイフォードを待つクローイは、有名なジャーナリストのキャメロン“バック”ウィリアムズ(チャド・マイケル・マーレイ)を見かける。

バックに質問する女性に意見したクローイは、その後、彼に声をかけられる。

フライトアテンダントのハティー・ダーハム(ニッキー・ウィーラン)と駐車場で待ち合わせをして、車の中で指輪を外してターミナルに向かったレイフォードは、クローイに気づき仕事のことを謝罪する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港
国際線のパイロットである父レイフォード“レイ”スティールの誕生日のために空港に着いたアーカンソー中央大学の学生クローイは、ターミナルで有名なジャーナリストのバックと出会う。
レイフォードが仕事のためにロンドンにむかうことを母アイリーンから知らされたクローイは、父がフライトアテンダントのハティーとターミナルに現れたために、その関係を疑う。
宗教にのめり込むアイリーンの考えを受け入れられないレイフォードは、ハティーと浮気するためにロンドンに向かおうとしていたのだった。
それに気づきながら実家に向かったクローイは、宗教観を語り始めたアイリーンの話にうんざりして、弟のレイミーを連れてモールに向かう。
ところが、その場でレイミーは、他の子供達と共に姿を消してしまう。
レイフォードの便の機内でも、何人もの乗客が姿を消してパニックとなる。
乗客を落ち着かせたレイフォードだったが、副操縦士のクリスも姿を消し交信も途絶えてしまう・・・。
__________

全米だけで6500万部を売り上げたと言われる原作の映画化だけに注目され、主演のニコラス・ケイジや若手期待のチャド・マイケル・マーレイの出演などが話題となった作品。

ヨハネの黙示録”の予言が現実のものとなる過程を描く内容なのだが、単なるB級パニック映画的な内容は酷評され、キリスト教徒を”異常者”扱いするような描写などには批判が集中した。

脚本は単調で演出や場面構成にメリハリがなく、サスペンス・タッチの緊迫感も欠けている。

”これは終わりでなく、始まりだ・・・”と言うラストのセリフもあり、間違いなく続編を意識しているのだが、北米で約400万ドル、全世界でも2000万ドル弱の興行成績に終わった。
5000万ドルの製作費をかける予定の続編が、本作に続きチャド・マイケル・マーレイキャシー・トムソンニッキー・ウィーランの出演で製作されそうなのだが、本当に実現するのだろうか、そして、どれだけの人がそれを期待しているのか疑問だ。

作品に恵まれないこと度々の主演のニコラス・ケイジは、家族を裏切り不倫目的でロンドンに向かう国際線パイロットを熱演するものの、ラジー賞にノミネートされてしまった。

ナイスガイ的な役柄ではあるが、物腰や雰囲気がジャーナリストには見えないチャド・マイケル・マーレイ、単なる女子大生には思えない行動を見せる主人公の娘キャシー・トムソン、主人公と関係を持とうとするフライトアテンダントのニッキー・ウィーラン、機内で娘(カムリン・ジョンソン)が失踪してしまう乗客のジョーダン・スパークス、宗教にのめり込み世界の終わりを予言する主人公の妻リー・トンプソン、乗客のマーティン・クレバクィントン・アーロンゲイリー・グラッブス、ジョージナ・ローリングス、ハン・ソト、アレック・レイムルイス・ダ・シルバJr.、ローラ・スウィニー、牧師のランス・E・ニコルズ、副操縦士のウィリアム・ラグズデール、空港職員のジャド・ローマンドとロロ・ジョーンズ、主人公の息子メジャー・ドッドソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021