4509 Movies

噂のギャンブラー Lay the Favorite (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2010年に発表された、ベス・レイマーの自伝”Lay the Favorite”を基に製作された作品。
ひょんなことからスポーツブック(賭博)に手を染めた女性と仲間達の関係を描く、監督スティーヴン・フリアーズ、主演ブルース・ウィリスレベッカ・ホールキャサリン・ゼタ=ジョーンズヴィンス・ヴォーン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・フリアーズ

製作
アンソニー・ブレグマン
ランドール・エメット
ジョージ・ファーラ
D・V・デヴィンセンティス
ポール・トライビッツ
原作:ベス・レイマー”Lay the Favorite”
脚本:D・V・デヴィンセンティス
撮影:マイケル・マクドノー
編集:ミック・オーズリー
音楽:ジェームズ・シーモア・ブレット

出演
ディンク・ヘイモビッツ:ブルース・ウィリス
ベス・レイマーレベッカ・ホール
チューリップ・ヘイモビッツ:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ジェレミー:ジョシュア・ジャクソン
トロイ”ロージー”ローズランド:ヴィンス・ヴォーン
ホリー:ローラ・プリポン
デイヴ・グリーンバーグ:ジョン・キャロル・リンチ
フランキー:フランク・グリロ
スコット:ウェイン・ペレ
ダーレン:ジョエル・マーレイ
デイヴ:ウェンデル・ピアース
ジェリー・レイマー:コービン・バーンセン
マジック:リオ・ハックフォード
マルシア・グリーンバーグ:アンドレア・フランクル

アメリカ 映画
配給
Cheetah Vision
Random House Films
ワインスタイン・カンパニー
2012年製作 94分
公開
北米:2012年12月7日
日本:2013年1月19日
製作費 $26,350,000
北米興行収入 $1,576,690


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フロリダ州、タラハシー
個人客専門のストリッパー、ベス・レイマーレベッカ・ホール)は、ペットの相手をするのが仕事だと思い込んでいる父ジェリー(コービン・バーンセン)に、転職を考えていることを伝える。

ラスベガスでウエイトレスになるとジェリーに伝えたベスは、希望に燃えて旅立つ。

現地に着いたベスはモーテルに泊まり、ストリッパーのホリー(ローラ・プリポン)から、ギャンブラーのディンク・ヘイモビッツ(ブルース・ウィリス)を紹介される。

スポーツブック(スポーツ賭博)を運営するディンクは、現れたスタッフのフランキー(フランク・グリロ)とスコット(ウェイン・ペレ)をベスに紹介する。

仕事が気に入ったベスは、数字とアルファベットに強いことをディンクに認められる。

今までしてきた仕事などを正直に話したベスは、ディンクに雇われることになり喜ぶ。

マジック(リオ・ハックフォード)の家にディンクと行くことになったベスは、自分ならいかないとホリーに言われ、彼の妻チューリップ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)に会えば分かると忠告される。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
フロリダ州。
個人客専門のストリッパー、ベス・レイマーは、生き方を変えるためにラスベガスに向かう。
ウエイトレスになろうとするものの、ギャンブラーのディンク・ヘイモビッツを紹介されたベスは、スポーツブック(賭博)を運営する彼に雇われる。
数字などに強いベスは仕事が楽しくなり、やがてディンクに惹かれるのだが、彼の妻チューリップが目を光らせていた・・・。
__________

スティーヴン・フリアーズの演出とブルース・ウィリスら魅力的なキャスティングなどが注目の作品。

世間知らずのストリッパーがギャンブルの世界に入り、やがて作家にまでなったベス・レイマーの自伝という、波瀾万丈の物語は実に興味深い。

闇では行われない公認ギャンブルが、エンターテインメントのように演出されているところや、州によって規制されているアメリカ社会の仕組みなど分かる面白い内容とはなっている。

様々な登場人物の個性を生かすスティーヴン・フリアーズの軽快な演出が見所の作品ではあるが、今一パンチが足りない平凡な仕上がりと言うところだろうか。

拡大公開されることもなく、興行的には失敗した作品。

スポーツブック(賭博)を運営しながら妻を愛する中年男を演ずるブルース・ウィリス、その妻キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、インテリ女性のイメージを払拭し、物語の主人公と言っていいベス・レイマーを熱演するレベッカ・ホール、彼女の恋人ジョシュア・ジャクソン、ブックメーカーを愉快に演ずるヴィンス・ヴォーン、ストリッパーのローラ・プリポンベスの顧客ジョン・キャロル・リンチ、主人公のブックのスタッフ、フランク・グリロとウェイン・ペレ、ストリッパー時代のベスの客ジョエル・マーレイベスの父親コービン・バーンセンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021