4222 Movies

ナイト&デイ Knight and Day (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

平凡な女性が謎の男との接触で当局が絡む陰謀に巻き込まれていくという、監督ジェームズ・マンゴールドトム・クルーズキャメロン・ディアスピーター・サースガードポール・ダノヴィオラ・デイヴィスマギー・グレイス共演のサスペンス・アクション超大作。


アクション/アドベンチャー

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮
アーノン・ミルチャン

ジョー・ロス
製作
キャシー・コンラッド

トッド・ガーナー
スティーヴ・ピンク
脚本:パトリック・オニール
撮影:フェドン・パパマイケル
編集
マイケル・マカスカー

クインシー・ガンダーソン
音楽:ジョン・パウエル

出演
ロイ・ミラー:トム・クルーズ

ジューン・ヘイヴンス:キャメロン・ディアス
ジョン・フィッツジェラルド:ピーター・サースガード
アントニオ・キンターナ:ジョルディ・モリャ
サイモン・フェック:ポール・ダノ
イザベル・ジョージ長官:ヴィオラ・デイヴィス
エイプリル・ヘイヴンス:マギー・グレイス
ロドニー:マーク・ブルカス
フランク・ジェンキンス:デイル・ダイ
モリー・ナイト:セリア・ウェストン
ナオミ:ガル・ガドット

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2010年製作 110分
公開
北米:2010年6月23日
日本:2010年10月9日
製作費 $117,000,000
北米興行収入 $76,418,650
世界 $261,930,440


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カンザス州、ウィチタ・ミッド・コンティネント空港
車の部品(ポンティアック・GTO)を調達してボストンに帰ろうとしていたジューン・ヘイヴンズ(キャメロン・ディアス)を観察する男がいた。

その男ロイ・ミラー(トム・クルーズ)は、ヘイヴンスとわざとぶつかる。

ミラーを気にしながら、搭乗手続きを済ませたヘイヴンズは、再び彼とぶつかってしまう。

同じボストンに向かう二人は搭乗口に向かうが、ヘイヴンズは便が違うと言われてしまう。

妹の結婚式が明日だと伝えるヘイヴンズは、満席だと言われ、結局その便への搭乗を拒否される。

ミラーはその便に向かうが、彼はヘイヴンズに”物事には理由がある”とささやく。

その頃、CIAのスパイ対策部長イザベル・ジョージ(ヴィオラ・デイヴィス)は、FBI特別捜査官ジョン・フィッツジェラルド(ピーター・サースガード)に、映像でミラーを監視させていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
車の部品を調達したジューン・ヘイヴンズは、空港で謎の男ロイ・ミラーに目を付けられる。
ミラーを追うCIAFBIの監視下で、彼と接触したヘイヴンズは、危険を伴う事件に巻き込まれていく。
その後ミラーは、永久使用が可能なバッテリー”ゼファー”争奪に絡む陰謀に関わっていることをヘイヴンズに伝える。
ヘイヴンズは、逃れることが出来なくなってしまい、そんな彼女を連れたミラーは、敵の襲撃をかわしていくのだが・・・。
__________

ハリウッドの超ビッグネーム、トム・クルーズキャメロン・ディアスが、「バニラ・スカイ」(2001)以来の共演ということで大いに話題になった作品。

しかし、大きな期待とは裏腹に、北米興行収入では、近年のトム・クルーズ作品としては最悪に近い、約7600万ドルに終わった。
二人の圧倒的な知名度からか、全世界では約2億6200万ドルのヒットとなった。

これだけのビッグスターの顔写真を載せないポスターも話題になり、トム・クルーズの人気の陰りを指摘された関係者は、それを”敗因”にもあげている。

確かにやや古風な感じを受けるポスターは、逆に新鮮にも思えるが、大きなインパクトを与えられなかったのは確かだろう。

また、当然ながらアップの多いトム・クルーズが、さすがに”老けた”なという感じも否めず、コメディに近い内容のためか、あえて主人公を戦いの”精鋭”、”達人”だという押し付けがましい演出が目立つ。
彼のアクション、特に肉弾戦はまずまず切れはある。

しかし、画期的なアクション・シーンなどという前宣伝ほどではなく、平均的な仕上がりだ。

一方、40歳に近いキャメロン・ディアスは、水着姿他も美しく、実際よりも若く見えると共に、犯罪に巻き込まれる平凡な女性を、体を張った演技で熱演している。

ボストンニューヨークオーストリアスペインなどを舞台にした、スケール感や美しい映像、目まぐるしい展開を見事にまとめ上げた、ジェームズ・マンゴールドの演出も見応えはある。

陰謀の黒幕のFBI捜査官ピーター・サースガードスペインの武器商人ジョルディ・モリャ、青年天才発明家ポール・ダノCIAのスパイ対策部長ヴィオラ・デイヴィス、ヘイヴンズの妹マギー・グレイス、同じく元恋人マーク・ブルカス、ミラーの両親デイル・ダイセリア・ウェストンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020