4234 Movies

蜘蛛女のキス Kiss of the Spider Woman (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1976年に発表された、アルゼンチンの作家マヌエル・プイグのベストセラー同名小説を基に製作された作品。
同じ監房に入れられた同性愛者の男性と政治犯の関係を描く監督エクトール・バベンコ、アカデミー主演賞受賞のウィリアム・ハートラウル・ジュリアソニア・ブラガ共演のドラマ。


ドラマ

ウィリアム・ハート / William Hurt / Pinterest


スタッフ キャスト ■
エクトール・バベンコ
製作総指揮:フランシスコ・ラマリオJr.
製作:デヴィッド・ワイズマン
原作:マヌエル・プイグ
脚本:レナード・シュレイダー
撮影:ロドルフォ・サンチェス
編集:マウロ・アリス
音楽:ジョン・ネシュリング

出演
ウィリアム・ハート:ルイス・モリーナ
ラウル・ジュリア:ヴァレンティン・アレギ
ソニア・ブラガ:レニ・ラメゾン/マルタ/ 蜘蛛女
ホセ・レーゴイ:刑務所長
ミルトン・ゴンカルヴェス:警察官
ハーソン・カプリ:ワーナー
ヌノ・リアル・マイア:ガブリエル
デニス・デュモン:ミシェル
フェルナンド・トーレス:アメリコ博士

ブラジル/アメリカ 映画
配給 Island Alive
1985年製作 120分
公開
北米:1985年7月26日
日本:1986年7月19日
北米興行収入 $17,005,229


アカデミー賞 ■
第58回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ウィリアム・ハート)
ノミネート
・作品・監督・脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ブラジル、あるの刑務所。
同じ監房の二人の男、同性愛者のルイス・モリーナ(ウィリアム・ハート)は少年に手を出して、ヴァレンティン・アレギ(ラウル・ジュリア)は、政治犯として収監されていた。

モリーナは、四六時中、以前に観た映画の話をし続け、アレギは、次々と投獄されて来る同志の様子を窺っていた。

アレギは、モリーナの映画の話に飽き飽きしていたのだが、同志のために何もできない状況で、仕方なく彼の話を聞いていた。

モリーナの話とは、
第二次世界大戦中、ナチ占領下のパリ
歌手レニ・ラメゾン(ソニア・ブラガ)と、ナチス・ドイツ親衛隊情報部将校ワーナー(ハーソン・カプリ)の恋物語だった。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

原作者マヌエル・プイグの手で戯曲化され、舞台劇ミュージカルにもなった。

*(簡略ストー リー)
同じ監房に入れられた、同性愛者の男性ルイス・モリーナと政治犯ヴァレンティン・アレギは、相容れない関係で日々を過ごしていた。
モリーナは、アレギの自分への態度を気にもせず、かつて観た恋愛映画の話をし続ける。
それを鬱陶しく思いながらも、活動の自由を奪われ拷問を受けるアレギは、モリーナの話を聞くことしか、癒されることがないのも事実だった。
しかし、アレギに優しく接するモリーナは、実は口を割らない彼から情報を聞き出すために、仮釈放を条件に送り込まれたスパイだった・・・。
__________

薄汚い刑務所内と、芸術作品のような映画や夢の世界の映像の対比が、独特の雰囲気を醸しだし、ほとんど全編を、密室の二人の会話で進行させた、アルゼンチン人監督エクトール・バベンコの演出は光る。

ジョン・ネシュリングの、美しく優雅な主題曲も素晴らしい。

上記のように、刑務所内のストーリーにも拘らず、映画の再現シーンなどはファンタジックな描写に徹していて、オープニング・タイトルロールなども実に洒落ている。

サン・パウロのロケも、ハリウッド作品にはない、新鮮な映像となっている。

第58回アカデミー賞では、ウィリアム・ハートが、主演男優賞を受賞した。
ノミネート
・作品、監督、脚色賞

若くて上品な顔立ちであるウィリアム・ハートは、同性愛者を演じても全く違和感がなく、老いた母親への想いや釈放のため、相手を利用しなくてはならない、苦悩する服役囚を見事に演じている。

彼は本作でアカデミー主演賞を獲得し、翌年の「愛は静けさの中に」(1986)、「ブロードキャスト・ニュース」(1987)、「ドクター」(1992)など、演技派として、着実にキャリアを積んでいくことになる。

共演のラウル・ジュリアも、地下活動に闘志を燃やす男を熱演している。
個人的には、彼もオスカーにノミネートされてよかったのではないかと思うが・・・。

ゴールデングローブ賞にはノミネートされた。

映画の追想場面や夢にのみ登場する、三役をこなすソニア・ブラガは、幻想的で芸術的でもある登場場面と、彼女自身の美しさが印象に残る。

刑務所長ホセ・レーゴイ、同じく主人公を政治犯の情報収集に利用する警察官ミルトン・ゴンカルヴェス、映画の場面のナチス親衛隊情報部将校ハーソン・カプリ、主人公の友人ヌノ・リアル・マイア、レニ(S・ブラガ)の親友デニス・デュモン、政治犯の博士フェルナンド・トーレスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020