4134 Movies

ウソツキは結婚のはじまり Just Go With It (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1969年公開の「サボテンの花」(1969)のリメイク。
既婚者を装い女性をものにし続けていた美容外科医が、ある女性に出会い恋してしまったことから始まる騒動と恋を描く、監督デニス・デューガン、主演アダム・サンドラージェニファー・アニストンニコール・キッドマン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:デニス・デューガン
製作総指揮
バリー・ベルナルディ

アレン・コヴァート
ティム・ハーリヒー
スティーヴ・コーレン
製作
ジャック・ジャラプト

アダム・サンドラー
ヘザー・パリー
脚本
アラン・ローブ

ティモシー・ダウリング
原作
I・A・L・ダイアモンド 「サボテンの花
エイブ・バロウズ(戯曲) ”Cactus Flower
ピエール・バリエ(戯曲)
ジャン=ピエール・グレディ(戯曲)
”Fleur de cactus”
撮影:テオ・ヴァン・デ・サンデ

編集:トム・コステイン
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ

出演
ダニエル”ダニー”マカビー:アダム・サンドラー

キャサリン・マーフィー/デヴリン・マクビー:ジェニファー・アニストン
デヴリン・アダムス:ニコール・キッドマン
エディ・シムズ/ドルフ・ラングレン:ニック・スウォードソン
パーマー・ドッジ:ブルックリン・デッカー
マギー・マーフィー/キキ・デョー・マクビー:ベイリー・マディソン
マイケル・マーフィー/バート・マクビー:グリフィン・グラック
イアン・マクストーン=ジョーンズ:デイヴ・マシューズ
テニス・プレイヤー:アンディ・ロディック

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2011年製作 116分
公開
北米:2011年2月11日
日本:未公開
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $103,028,110
世界 $214,945,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1988年、ロングアイランド
心臓医見習いの青年ダニエル”ダニー”マカビー(アダム・サンドラー)は、結婚式を控えて花嫁が、自分の大きな鼻を馬鹿にして、二股までかけられていたことを知り、大きなショックを受けてその場を立ち去る。

失意のダニーはバーで気落ちしていたが、隣に座った美女が、彼が眺めていた結婚指輪に気づく。

妻のことなどを聞いた彼女は、ダニーの不幸な生活を知り同情して彼に付き合う。

1992年、UCLAのバー。
外科医から美容外科医に転身したダニーは、鼻を直して、結婚指輪を武器に女性を誘惑し続けた。

2011年、ビバリーヒルズ
ダニーは、助手兼受付係のキャサリン・マーフィー(ジェニファー・アニストン)と共に、医療センターでクリニックを開業していた。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

エイブ・バロウズブロードウェイ舞台劇である”Cactus Flower”を基に製作された、I・A・L・ダイアモンド脚本作品「サボテンの花」(1969)のリメイク作品。

*(簡略ストー リー)
若かりし頃、結婚相手に裏切られた美容外科医のダニエル”ダニー”マカビーは、それをきっかけに、既婚者を装い女性をものにするテクニックを身に付けていた。
ある日、ダニーはパーティーで、教師のパーマーに一目惚れし、その場で愛し合う。
しかし、パーマーは、ダニーが既婚者だと知り憤慨してその場を立ち去る。
クリニックの助手兼受付係のキャサリンに、相手に本当の気持ちを伝えることを助言されたダニーは、パーマーの元に向かう。
そこでダニーは、既婚者だが、妻とは離婚間近だと噓をついてしまい、それならばとパーマーは、その妻と話をしたいと言い出す。
困惑するダニーは、仕方なくキャサリンを妻にして偽装し、何とかしてパーマーの信頼を取り戻そうとするのだが・・・。
__________

サボテンの花」(1969)のリメイクとは言うものの、物語の設定が似ているだけで、それほど旧作を意識させない仕上がりになっている。

アダム・サンドラーとは名コンビと言っていい、ベテラン監督デニス・デューガンの作品で、1969年の旧作、それ以前の作品を想い起こさせるような、どことなく古風なギャグや作風が心地よい。

ハリウッドでもトップ・クラスのドル箱スター、絶大な人気を誇るアダム・サンドラーの作品が、どうも日本では軽視されているのが気になる。

大物揃いの豪華キャストも注目なのだが、これだけの作品が、日本では劇場未公開とは残念だ。

北米興行収入は1億ドルを突破し、全世界では約2億1500万ドルのヒットとなった。

但し、作品自体の評価は低く、アダム・サンドラーデニス・デューガンは揃ってラジー賞を受賞してしまい、大物出演者それぞれもノミネートされてしまった。

女性が目立つせいか、ややインパクトに欠ける役柄の主人公アダム・サンドラー、彼を上回る熱演を見せる、結構パワフルでもある、その助手のジェニファー・アニストン、彼女にしてはかなり羽目を外した役柄の、ヒロインの学友役のニコール・キッドマン、その夫デイヴ・マシューズ、主人公のいとこニック・スウォードソン、主人公と結ばれそうになる美しい女性ブルックリン・デッカー、彼女と出会うことのなるテニスプレイヤーで、実際の夫アンディ・ロディック、ヒロインの子供達ベイリー・マディソングリフィン・グラックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020