4511 Movies

JUNO/ジュノ Juno (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

無計画な行動で妊娠してしまった少女、その心が次第に変化していく様をコミカルに描く、製作ジョン・マルコヴィッチ他、監督ジェイソン・ライトマン、主演エレン・ペイジマイケル・セラジェニファー・ガーナージェイソン・ベイトマンJ・K・シモンズ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジェイソン・ライトマン
製作総指揮
ジョセフ・ドレイク

ネイサン・カヘイン
ダニエル・ダビッキ
製作
ジョン・マルコヴィッチ

メイソン・ノヴィック
リアンヌ・ハルフォン
ラッセル・スミス
脚本:ディアブロ・コーディ

撮影:エリック・スティールバーグ
編集:デイナ・E・グローバーマン

音楽:マテオ・メシナ

出演
エレン・ペイジ:ジュノ・マクガフ
マイケル・セラ:ポーリー・ブリーカー
ジェニファー・ガーナー:ヴァネッサ・ローリング
ジェイソン・ベイトマン:マーク・ローリング
アリソン・ジャネイ:ブレンダ・マクガフ
J・K・シモンズ:マック・マクガフ
オリヴィア・サールビー:リア
エイリーン・ペッド:ゲルタ・ラウス
ヴァレリー・ティアン:スー・チン

カナダ/アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2007年製作 96分
公開
カナダ:2007年12月25日
北米:2007年12月25日
日本:2008年6月14日
製作費 $7,500,000
北米興行収入 $143,492,840
世界 $231,411,584


アカデミー賞
第80回アカデミー賞

・受賞
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
主演女優賞(エレン・ペイジ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

● 秋

16歳の高校生ジュノ・マクガフ(エレン・ペイジ)は、バンド仲間のポーリー・ブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位で愛し合い妊娠してしまう。

親友のリア(オリヴィア・サルビー)に妊娠したことを知らせたジュノは、中絶することを伝える。

妊娠を知らされたポーリーは、中絶を考えるジュノの考えに従うことを伝えて冷静に対応する。

その後ジュノは、クリニックに電話をして、中絶をするための予約を入れる。

元軍人で空調システムのエンジニアである父マック(J・K・シモンズ)は、ジュノが5歳の時に離婚し、ネイルサロンを経営するブレンダ(アリソン・ジャネイ)と再婚し、娘のリバティ・ベルが生まれていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
個性的で多感な16歳の女子高生ジュノ・マクガフは、バンド仲間のポーリーと興味本位で愛し合い妊娠してしまう。
中絶を考えていたジュノだったが、それを思い留まり、出産して子供を養子に出そうとする。
ジュノは、養子縁組を結ぶことになる、理想の夫婦に思えるマークとヴァネッサとの手続きを済ませる。
そしてジュノは、膨らんでいくお腹と共に、少しずつではあるが、大人の世界や愛についての自分の考えが変化していくことに気づく・・・。
__________

北米公開時、わずか7館の上映で始まり、ピーク時に2534館まで拡大公開され、750万ドルの低予算にも拘らず、北米だけで約1億4400万ドル、全世界では、なんと約2億3100万ドルのヒットとなった作品。

第80回アカデミー賞では、元ストリッパーのディアブロ・コーディが見事に脚本賞を受賞し、作品、監督、主演女優賞(エレン・ペイジ)にノミネートされた。

16歳の妊娠に、周囲を含めて全く悲壮感や後ろめたさがなく、同級生の目なども気にせず、淡々と物事を進める主人公の、健気というよりも風変わりな言動は常識破りで、複雑な社会環境に生きる現代の若者を象徴している。

アイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマンのテンポよく無駄のない演出、ビルボードのアルバムチャートのTOPも獲得した音楽や、ポップアートを使ったオープニング・タイトルなど、独特の感性と楽しさ満載の作品。

屈託のない個性的な女子高生を演じたエレン・ペイジは出色の好演を見せ、よくありがちな男勝りの勝気な少女とは一味違う、素朴な容姿とは裏腹な、大胆な演技は実に新鮮だ。

父親としての自覚を示さないまま、”学生らしく”主人公のジュノを愛するようになるマイケル・セラ、養子を迎えようとする気持ちが次第にエスカレートして、夫の夢を理解しなくなってしまうジェニファー・ガーナー、そんな妻を見限り離婚を決意するジェイソン・ベイトマン、娘の早過ぎる妊娠に動揺もせず、現実として受け止め優しく見守る父親をいい味で演ずるJ・K・シモンズと義母のアリソン・ジャネイ、ジュノの親友オリヴィア・サルビー、弁護士のエイリーン・ペッド、中絶に反対する主人公のクラスメイト、ヴァレリー・ティアンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021