4240 Movies

ジョン・カーター John Carter (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1917年に発表されたエドガー・ライス・バローズの著書”火星のプリンセス”を基に製作された作品。
大富豪ジョン・カーターの死後、遺産を受け継いだ甥が知ることになる、火星で繰り広げられる戦いを描く、主演テイラー・キッチュリン・コリンズサマンサ・モートンウィレム・デフォーマーク・ストロング、監督、脚本アンドリュー・スタントンによるスペクタクル・アクション・アドベンチャー大作。


アクション/アドベンチャー

マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・スタントン
製作
ジム・モリス

コリン・ウィルソン
リンジー・コリンズ
原作:エドガー・ライス・バローズ火星のプリンセス
脚本
アンドリュー・スタントン

マーク・アンドリュース
マイケル・シェイボン
撮影:ダニエル・ミンデル
編集:エリック・ザンブランネン
音楽:マイケル・ジアッキーノ

出演
ジョン・カーター:テイラー・キッチュ

デジャー・ソリス:リン・コリンズ
ソラ:サマンサ・モートン
タルス・タルカス:ウィレム・デフォー
タル・ハジュス:トーマス・ヘイデン・チャーチ
マタイ・シャン:マーク・ストロング
タルドス・モリス:キーラン・ハインズ
サブ・サン:ドミニク・ウェスト
カントス・カン:ジェームズ・ピュアフォイ
パウエル大佐:ブライアン・クランストン
サルコジャ:ポリー・ウォーカー
エドガー・ライス・バローズダリル・サバラ
トンプソン:ルパート・フレイザー
ダルトン:ニコラス・ウッドソン
ディックス:ドン・スターク
サーク族の若い戦士:デヴィッド・シュワイマー
ゾダンガの将軍:アート・マリック
サーク族のブックメーカー:ジョン・ファヴロー

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2011年製作 132分
公開
北米:2012年3月9日
日本:2012年4月13日
製作費 $250,000,000
北米興行収入 $73,078,100
世界 $282,778,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
火星は、空気もなく生物もいない惑星と思われているが、実は”バルスーム”というその星には、空気もあり死の星ではなかった。

滅びつつあるのは事実であり、それは、全てを奪い去る移動都市国家”ゾダンガ”のせいだった。

そのゾダンガは、バルスームの全てを奪っていたのだが、”ヘリウム”のみがそれに抵抗して、千年もの間、国を守った。

しかしある日、ゾダンガの支配者が砂嵐に遭い事態は変わった。

赤色人ゾダンガの皇帝サブ・サン(ドミニク・ウェスト)は、ヘリウムの攻撃を受ける。

その後、女神イサスに仕える”サーン”である、宇宙支配を画策するマタイ・シャン(マーク・ストロング)が現れ、ある武器を授けられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1881年のニューヨーク
冒険家でもあった大富豪のジョン・カーターが死亡し、彼の甥バローズが遺産を受け継ぐ。
日記を渡されたバローズは、何かを捜し求めていたカーターの、隠された冒険記を知ることになる・・・。
ある事件で洞窟に逃れたカーターは、現れた不審な人物に襲われ、彼が持っていたメダリオンにより別世界に転送される。
荒廃した地で意識が戻ったカーターは、並外れた身体能力が身に着いたことを知る。
サーク族に襲われたカーターは捕えられ、その地である”バルスーム”を支配しようとするゾダンガと、抵抗するヘリウムとの戦いを知る。
そしてカーターは、和平のため政略結婚を強要されたヘリウムの王女デジャーの危機を救い、その戦いに巻き込まれることになる・・・。
__________

「ターザン」の作者であるエドガー・ライス・バローズがドラマに絡む奇想天外な展開、製作費2億5000万ドルをかけた究極のVFX他、大いに話題となった作品でもある。

古典的SF冒険小説が原作であり、古風な物語と最新の映像、その迫力なども圧巻で、ファンタジックでもあり、全ての年齢層が楽しめる内容に仕上がっている。

しかし、どの場面を見ても、どこかで見た映像を思い出してしまう、新鮮味に欠けていることろが気になる。

結局は、北米興行収入は約7300万ドルと期待を大きく下回り、全世界で約2億8300万ドルのヒットとはなったが、製作費をようやく回収できる程度の結果に終わった。

助演陣に実力派が顔を揃えている、豪華キャストは注目だが、アニメ監督から実写長編のデビューとなったアンドリュー・スタントンの演出はやや単調という感じもする。

別世界に転送され、”人間味”を感じさせる演技で大活躍する主人公テイラー・キッチュ、彼と結ばれる王女を熱演するリン・コリンズ、二人の世話係となるサーク族のサマンサ・モートン、その父親で皇帝のウィレム・デフォー、邪悪な新皇帝のトーマス・ヘイデン・チャーチ、宇宙支配を画策するマーク・ストロング、ヘリウム皇帝キーラン・ハインズ、その部下ジェームズ・ピュアフォイ、ゾダンガ皇帝ドミニク・ウェスト、騎兵隊大佐役のブライアン・クランストン、サーク族のポリー・ウォーカー、主人公の甥で原作者エドガー・ライス・バローズダリル・サバラ、主人公の執事ルパート・フレイザー、弁護士のニコラス・ウッドソン、サーク族の戦士デヴィッド・シュワイマー、ブックメーカーでジョン・ファヴロー、ゾダンガの将軍アート・マリックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020