4239 Movies

J・エドガー J. Edgar (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

死亡するまでの48年間、FBI創設以前から司法省捜査局長官を務めたジョン・エドガー・フーヴァーの、司法権力に君臨した人生を描くドラマ。
製作、監督、音楽のクリント・イーストウッドと主演のレオナルド・ディカプリオが、初めて組んだことでも話題になった作品。
アーミー・ハマーナオミ・ワッツジョシュ・ルーカスジュディ・デンチ他共演。


ドラマ

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest\
レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮
ティム・ムーア

エリカ・ハギンズ
製作
クリント・イーストウッド

ブライアン・グレイザー
ロバート・ロレンツ
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
撮影:トム・スターン
編集
ジョエル・コックス

ゲイリー・D・ローチ
音楽:クリント・イーストウッド

出演
ジョン・エドガー・フーヴァーレオナルド・ディカプリオ

クライド・トルソンアーミー・ハマー
ヘレン・ギャンディナオミ・ワッツ
チャールズ・リンドバーグジョシュ・ルーカス
アンナ・マリー:ジュディ・デンチ
スミス捜査官:エド・ウェストウィック
ブルーノ・ハウプトマンデイモン・ヘリマン
ロバート・F・ケネディジェフリー・ドノヴァン
ハーラン・F・ストーンケン・ハワード
アーサー・コーラースティーヴン・ルート
アルバート・S・オズボーンデニス・オヘア
A・ミッチェル・パーマージェフ・ピアソン
リーラ・ロジャースリー・トンプソン
ギャリソン捜査官:マイルズ・フィッシャー
エマ・ゴールドマンジェシカ・ヘクト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 137分
公開
北米:2011年11月9日
日本:2012年1月28日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $37,304,950
世界 $76,906,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1960年代初頭。
FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァー(レオナルド・ディカプリオ)は、回顧録の執筆準備を始める。

1919年。
司法長官A・ミッチェル・パーマー(ジェフ・ピアソン)の自宅が、左翼過激派批判の恨みを買って爆破される事件が起きる。

パーマーと共に過激派と戦っていた、20代半ばのフーヴァーは、上司の自宅に向かう。

爆破が早過ぎたために犯人自身が死亡し、パーマーと家族は無事だった。

当時は、科学的捜査の概念がなく、駆けつけた警察の行動は犯行を追及できるものではなかった。

しかし、その事件で、フーヴァーは自分の使命に気づくことになり、パーマーは彼に目をつける。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
人生を司法捜査の現場に捧げた、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーは、回顧録の執筆を始める。
1919年、20代のフーヴァーは、左翼の過激派に狙われた司法長官パーマー邸の爆破事件をきっかけにして、自分の使命に気づく。
フーヴァーは、パーマーに認められて重責を担った頃、新人秘書のヘレン・ギャンディに惹かれて求婚しようとする。
しかし、仕事を第一に考え結婚に興味のないギャンディは、それを受け入れずにフーヴァーの秘書となる。
捜査局長代行となったフーヴァーは、犯罪者の情報収集と科学的捜査を重視して、共産主義者の過激派の活動を封じ込めて実績をあげる。
同じ頃、優秀な人材を集めていたフーヴァーは、弁護士志望のクライド・トルソンに目をつけ、彼を右腕にする。
そしてフーヴァー、20代後半にして異例の出世を果たし、精力的に活動を始める・・・。
__________

司法省捜査局がFBIと改名するのは1935年の7月1日であるため、それよりはるか以前の組織内部の様子などが、興味深く描かれてはいる。

実力を兼ね備えるレオナルド・ディカプリオジョン・エドガー・フーヴァーを演じて、演出がクリント・イーストウッドということでもあり大いに期待したものの、さすがにまとまりのある仕上がりにはなっているが、全てが平均点というところだろうか。

アメリカ史に残る人物の伝記映画であり、大物がタッグを組んだ作品ではあるが、北米興行収入は約3700万ドル、全世界で約7700万ドルに留まった。

度々語っている、美しいメロディであることは認めるが、イーストウッドの音楽はどの作品もみな同じ雰囲気で、40年以上のファンではある私でも、どうも好きになれない。

熱演のディカプリオだが、個性的な顔立ちの主人公フーヴァーに無理矢理に成りきっている感じを受け、メイクの割には本人に似ていないのも気になる。

どちらかというと、老けたメイクは、映画の紹介で2度登場する、ジェームズ・キャグニーに似ているように思えて仕方がなかった。

自分の情報は一切明かさない、犯罪組織との癒着や賄賂、賭博好きだったというフーヴァーが、司法権力の座を半世紀近くも守れたのはなぜなのか・・・。
同性愛者であったとも言われるフーヴァーが、ルーズベルト大統領夫人エレノアまで揶揄して、自分と同じゲイであったという証拠の機密文書が、ラストで登場するあたりの演出は面白い。

メイクがどぎつ過ぎる、フーヴァーの盟友、主人公と同じく生涯を独身で通す副長官クライド・トルソンアーミー・ハマー、重要人物ではあるが、意外にも目立たない役がやや残念な、50年以上フーヴァーの秘書を務め、彼女も独身を通したヘレン・ギャンディナオミ・ワッツ、主人公の母親ジュディ・デンチチャールズ・リンドバーグジョシュ・ルーカス、回顧録の執筆を担当する捜査官エド・ウェストウィック、冤罪説もあるリンドバーグ事件の犯人ブルーノ・ハウプトマンデイモン・ヘリマンロバート・F・ケネディジェフリー・ドノヴァン最高裁長官ハーラン・F・ストーンケン・ハワード、メイクで彼とは分からない、リンドバーグ事件の科学捜査で成果を上げるアーサー・コーラースティーヴン・ルート、同じく筆跡鑑定の専門家アルバート・S・オズボーン役のデニス・オヘア、主人公の上司で、司法長官A・ミッチェル・パーマージェフ・ピアソンジンジャー・ロジャースの母リーラリー・トンプソン、捜査官マイルズ・フィッシャーアナキストの過激派エマ・ゴールドマンジェシカ・ヘクトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020