4505 Movies

水爆と深海の怪物 It Came from Beneath the Sea (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

水爆実験の影響で巨大化したタコの脅威に立ち向かう潜水艦艦長と科学者の戦いを描く、特撮レイ・ハリーハウゼン、監督ロバート・ゴードン、主演ケネス・トビーフェイス・ドマーグドナルド・カーティスイアン・キース他共演のSFホラー。


SF


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ゴードン

製作:チャールズ・H・シニア
原案:ジョージ・ワーシング・イエーツ
脚本
ジョージ・ワーシング・イエーツ
ハル・スミス
撮影:ヘンリー・フリューリッヒ
編集:ジェローム・トムス
特撮:レイ・ハリーハウゼン
音楽:ミッシャ・バカライニコフ

出演
ピート・マシューズ中佐:ケネス・トビー
レスリー・ジョイス教授:フェイス・ドマーグ
ジョン・カーター博士:ドナルド・カーティス
バーンズ提督:イアン・キース
ノーマン提督:ディーン・マドックスJr.
グリフ中尉:チャック・グリフィス
ビル・ナッシュ保安官補:ハリー・ラウター
ステイシー大佐:リチャード・W・ピーターソン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1955年製作 79分
公開
北米:1955年7月
日本:1958年12月25日
製作費 $150,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
太平洋
テスト航行中のアメリカ海軍最新鋭原子力潜水艦の艦長ピート・マシューズ中佐(ケネス・トビー)は、巨大なソナー反応を確認し、戦闘配置につくよう乗員に命ずる。

何かが接近するために潜航させたマシューズは、強い衝撃を受けるものの、艦体に異常がないことを確認する。

しかし、航行不能という報告を受けたマシューズは浮上する。

ダイバーに調べさせたマシューズは、後部横舵にゴム状の塊があったという報告を受け、帰港するまで取れないだろうと考える。

パール・ハーバー
この件は海軍だけでは解決できず、国防総省が調査することになる。

ハーバード大学生物海洋学者レスリー・ジョイス教授(フェイス・ドマーグ)とジョン・カーター博士(ドナルド・カーティス)は、放射能汚染の危険性がある物体を防護服を着て調べる。

物体が巨大な生物の一部だと分かり、2人と話をしたマシューズは、美しいジョイスに惹かれる。

ジョイスは、研究費の予算を確保するために大学に戻るつもりだった。

マシューズは、その件は海軍が手を回すとジョイスに伝えて、調査を続けさせる。

12日が経過するものの結論はでず、疲れているジョイスに休息させたマシューズは、彼女を口説こうとする。

マシューズを意識しながら研究を続けたたジョイスは、物体の正体を突き止める。

それを知ったマシューズは、責任者のノーマン提督/大将(ディーン・マドックスJr.)を呼び寄せる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
太平洋をテスト航行中の、アメリカ海軍最新鋭原子力潜水艦の艦長ピート・マシューズ中佐は、衝撃を受けたために艦体を調べる。
ある物体が付着していることに気づいたマシューズは帰港し、生物海洋学者ジョイス教授とカーター博士に協力を求めて調査が始まる。
物体が、水爆実験の影響で巨大化したタコの一部だと判明したジョイスとカーターは、マシューズと共に海軍上層部に報告するものの、信じてもらえなかった。
その後、襲われた貨物船の乗組員の証言により巨大タコの存在を信じた海軍は大規模な捜索を始め、ジョイスとカーターそしてマシューズは対抗策を考えるのだが・・・。
__________

監督はロバート・ゴードンが担当し、製作者チャールズ・H・シニアが、その後に数々の特撮映画を共に製作するレイ・ハリーハウゼンと始めて組んだ作品。

水爆実験の影響で巨大化したタコの脅威に立ち向かう、アメリカ海軍の原子力潜水艦艦長と科学者の戦いを描くSFホラー。

潜水艦に付着した物体から巨大タコの存在が判明する序盤、その巨大タコが人間に襲いかかる中盤、そしてクライマックスに向けて、それに対抗する海軍と科学者の戦いがスリリングに描かれている。

終盤の舞台である”サンフランシスコ湾”の戦いでは、巨大タコが”ゴールデン・ゲート・ブリッジ”に出現し、それを壊す(一部だけだが)シーンが最大の見せ場となっている。

ストップモーション・アニメーションを使ったレイ・ハリーハウゼンの特撮は、全体が見えると滑稽な感じもすることを考えてか、殆どの場面で巨大タコの足しか登場しないのだが、それにより、タコの恐ろしさと巨大化が強調される演出と映像であり、見事な効果を上げている。

アメリカ海軍全面協力による、緊迫感あるリアルな映像に加え、ユーモアを交えた恋も描かれた、見どころ満載の娯楽作品として十分に楽しめる。

アメリカ海軍最新鋭原子力潜水艦の艦長として、巨大タコの捜索と対処を任されるケネス・トビー、彼に協力して愛し合うようになる生物海洋学者のフェイス・ドマーグ、彼女と共に研究を続ける科学者で、巨大タコ退治に協力して活躍するドナルド・カーティス、指揮官である提督のイアン・キース、その上官である最高責任者の提督ディーン・マドックスJr.、主人公の副官チャック・グリフィス、巨大タコに教われる保安官補ハリー・ラウター、対策司令部の大佐リチャード・W・ピーターソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021