4237 Movies

アイアンマン Iron Man (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スタン・リージャック・カービー他により創造され1963年に登場した、マーベル・コミックの人気キャラクター”アイアンマン”の実写版の映画化。
巨大軍事企業の天才発明家件CEOが、自分を破滅させようとする、ビジネスパートナーの暗殺計画の陰謀に巻き込まれながら、窮地の中で発明した脅威の兵器”パワードスーツ”に身を包み、悪と戦う正義のヒーローとして活躍する姿を描く、監督ジョン・ファヴロー(出演も)、主演ロバート・ダウニーJr.ジェフ・ブリッジステレンス・ハワードグウィネス・パルトロー、サミュエル・L・ジャクソン他共演のアクション超大作。


アクション/アドベンチャー

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ファヴロー
製作
アヴィ・アラッド

ケヴィン・フィージ
原作:”アイアンマン
スタン・リー
ドン・ヘック
ラリー・リーバー

ジャック・カービー
脚本
マーク・ファーガス

ホーク・オストビー
マット・ハロウェイ
アート・マーカム
撮影:マシュー・リバティーク
編集:ダン・ラベンタル

音楽:ラミン・ジャヴァディ

出演
ロバート・ダウニーJr.:トニー・スターク/アイアンマン
ジェフ・ブリッジス:オバディア・ステイン/アイアンモンガー
テレンス・ハワード:ジェームズ・ローズ
グウィネス・パルトロー:ヴァージニア”ペッパー”ポッツ
ファラン・タヒール:ラザ
ショーン・タブ:イェンセン
レスリー・ビブ:クリスティン・エヴァハート
クラーク・グレッグ:フィル・コールソン
ジョン・ファヴロー:ホーガン
スタン・リー:イベント招待客
サミュエル・L・ジャクソン:ニック・フューリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2008年製作 125分
公開
北米:2008年5月2日
日本:2008年9月27日
制作費 $140,000,000
北米興行収入 $318,239,820
世界 $585,133,290


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スターク・インダストリー(スターク社)の新兵器、”ジェリコ・ミサイル”を披露するためアフガニスタンに向かった天才発明家にして社長トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)は、テロリストからの攻撃を受けて拉致されてしまう。
__________

36時間前。
ラスベガスでの栄誉賞授賞式を抜け出し、カジノにいたスタークは、”ヴァニティ・フェア”誌の記者クリスティン・エヴァハート(レスリー・ビブ)に質問される。

マリブの自宅でクリスティーンと一夜を過ごしたスタークは、彼女を追い払うようにと、秘書ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)に指示を出す。

相変わらずポッツを道具のように扱うスタークは、社の担当中佐ジェームズ・ローズ(テレンス・ハワード)と共に、自家用機でアフガニスタンに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
アイアンマン」(2008)
・「
アイアンマン2」(2010)
・「
アイアンマン3」(2013)

*(簡略ストー リー)
スターク社の新兵器、”ジェリコ・ミサイル”を披露するためアフガニスタンに向かった、天才発明家にして社長トニー・スタークは、テロリストの攻撃を受けて拉致されてしまう。
重傷を負ったスタークは、同じ捕われの身であったイェンセン博士に命を救われ、心臓に爆弾の破片が突き刺さらないよう、車のバッテリーを繋ぎ、電磁石を胸に埋め込まれる。
その後、テロリストから、ジェリコ・ミサイル製造を強要されたスタークは、イェンセンの協力を得て、密かに、電磁石を動かすミニチュアの”アーク・リアクター”(原子炉)、そして”パワードスーツ”を造り脱出を企てる。
イェンセンはスタークを逃がすために犠牲になり、スタークは、パワードスーツを着てテロリスト達を倒して飛び立つが、砂漠に落下してしまう。
スタークは、社の担当中佐ローズに救出されて無事に帰国し、秘書のポッツや、亡き父の後、会社を支えたパートナーのステインに歓迎される。
アフガニスタンで、若い兵士が犠牲になるのを目の当りにしたスタークは、独断で兵器製造中止を発表してしまう。
スターク社の株価は暴落し、ステインは、何とかスタークを説得しようとするが、彼の気持ちは変わらない。
そしてスタークは、世界平和のために、技術を結集して、新たなパワードスーツ開発のため、研究に没頭するのだが・・・。
__________

原作者の一人でもあるスタン・リーは、イベント会場の来客役で、主人公に肩をたたかれて”ヒュー・ヘフナー”に間違えられる、”お決まり”のカメオ出演で登場する。

北米のみで約3億1800万ドルの興行収入を上げ、全世界では約5億8500万ドルを記録した、この年「ダークナイト」(2008)の約10億ドルに次ぐ大ヒットとなった作品。

第81回アカデミー賞では、音響編集と視覚効果賞にノミネートされた。

監督は、俳優やプロデューサーとしても活躍するジョン・ファヴローで、主人公スタークの付き人役で出演もしている。

”アイアンマン”の、創造物としてのセンスの良さも抜群で、近代兵器にも拘らず、どこか古風な風貌などに愛着を感じる。

天才発明家にして大富豪、傲慢なプレイボーイではあるが、戦地の惨状や体験を通し、次第に人間性を取り戻していく、主人公”トニー・スターク”の人物像も奥深く描かれているところなども、なかなか憎い演出だ。

人間的な魅力を、大いに発揮する主演のロバート・ダウニーJr.は、薬物トラブルによる低迷などから復帰し、「グッドナイト&グッドラック」(2005)あたりから、良い仕事に恵まれ、本作でついに完全復活を果たした。
今後も注目のスターではあるが、40歳を過ぎていたために、”スターク”役には向かないと言われながらも、大役を見事にこなしている。

スキンヘッドで凄みを増した、完全に悪役に徹する陰謀の黒幕ジェフ・ブリッジス、スターク社担当軍将校として彼に協力するテレンス・ハワード、主人公の秘書件恋人になりかける、彼女にしては、やや派手さを抑えての好演が光るグウィネス・パルトローなど、脇を固める主役級の共演陣も豪華だ。

テロリストのリーダー、ファラン・タヒール、囚われの身であった主人公の命の恩人で科学者のショーン・タブ、美人記者レスリー・ビブ、秘密組織S.H.I.E.L.D.の捜査官クラーク・グレッグ、そして、その長官サミュエル・L・ジャクソン、人工知能”ジャーヴィス”の声はポール・ベタニーが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020