4234 Movies

アイ,ロボット I, Robot (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1950年に発表された、アイザック・アシモフの短編”われはロボット”を基に、ジェフ・ヴィンターが脚色し映画化された作品。
ロボットが人間のサポートをする社会、ロボットを嫌う刑事が人間社会を崩壊させようとする陰謀に巻き込まれながら、それを制御するスーパー・コンピューターとの戦いを描く、監督アレックス・プロヤス、製作総指揮、主演ウィル・スミスブリジット・モイナハンアラン・テュディックジェームズ・クロムウェルブルース・グリーンウッド他共演のSFアクション大作。


アクション/アドベンチャー

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:アレックス・プロヤス
製作
ローレンス・マーク

ジョン・デイビス
トファー・ダウ
制作総指揮
ウィル・スミス

ジェームス・ラシター
ウィック・ゴッドフリー
アンソニー・ロマーノ
原作:アイザック・アシモフわれはロボット
脚本
アキヴァ・ゴールズマン

ジェフ・ヴィンター
撮影:サイモン・ダガン
編集
リチャード・リーロイド
アルメン・ミナジャン

ウィリアム・ホイ
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
デル・スプーナー:ウィル・スミス

スーザン・カルヴィン博士:ブリジット・モイナハン
サニー:アラン・テュディック
アルフレッド・ラニング博士:ジェームズ・クロムウェル
ローレンス・ロバートソン:ブルース・グリーンウッド
ジョン・バーギン警部補:シャイ・マクブライド
祖母:エイドリアン・L・リカード
ヴィキ:フィオナ・ホーガン

ファーバー:シャイア・ラブーフ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2004年製作 115分
公開
北米:2004年7月16日
日本:2004年9月18日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $144,795,400
世界 $347,234,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロボット3原則

・原則1
”ロボットは人間に危害を加えてはならない、また人間への危険を見過ごしてはならない”

・原則2
”ロボットは原則1に反しない限り、人間の命令に従わなければならない”

・原則3
”ロボットは原則1と2に反しない限り、自己を守らなければならない”
__________

2035年、シカゴ
ロボット嫌いで古風な生活を好む刑事デル・スプーナー(ウィル・スミス)は、USロボティクス(U.S.R.)が開発した新型サポート・ロボットNS-5などに”支配”されかけている社会にうんざりしていた。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2035年、シカゴ
ロボット嫌いの刑事デル・スプーナーは、日常的にロボットが人間のサポートをする社会にうんざりしていた。
そのロボットを開発者、USロボティクス/U.S.R.のラニング博士が自殺したという通報を受けて、スプーナーは現場に向かう。
スプーナーは、U.S.R.代表のロバートソンと面会し捜査を始め、ラニングが自殺でないことを確信する。
その後スプーナーは、現れたNS-5型ロボット”サニー”に危害を加えられそうになる。
サニーが逃亡したため、スプーナーは疑いをかけるが、捜査に協力するカルヴィン博士は、人間に危害を加えないという”ロボット3原則”から、それはあり得ないと断言するのだが・・・。
__________

人間の欲望や、行き過ぎた合理化追求の結果に生まれた機械による反乱を通し、人類のエゴや過信を鋭く皮肉ったバックボーンを過剰に意識しなくても、十分に楽しめる娯楽作品に仕上がっている。

ロボットのデザイン自体は、他の作品で見たことのあるようなものだが、機械や近代化を嫌う主人公の、鍛え抜かれた生身の肉体の一部が機械だったというアイデアや、サスペンス・タッチで進行する物語も面白味がある。

ヒットメーカーのウィル・スミスの作品だけあり、北米で約1億4500万ドル、全世界では約3億4700万ドルの大ヒットを記録した。

第77回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

1億2000万ドルの巨費をかけて作り上げた、近未来都市やロボットの映像はなかなかのもので、古風な異端児である、主人公のウィル・スミスだけが浮いている理由がわかる中盤から、彼の人間味が強調され、一層逞しく見えるところがポイントだ。

大スターではあるが、個人的にどうも好きになれなかったウィル・スミスに、突然、好感度を感じ始めるきっかけになった作品。

主人公に協力する美しい精神医学博士ブリジット・モイナハン、ラストで指導者になることを案じさせる、ロボットの”サニー”の声を担当するアラン・テュディック、物語のキーマンであるロボットの生みの親ジェームズ・クロムウェル、開発業者代表ブルース・グリーンウッド、主人公の上司シャイ・マクブライド、祖母エイドリアン・L・リカード、黒幕のスーパー・コンピューターのフィオナ・ホーガン、そして、シャイア・ラブーフが不良少年役で、印象に残る演技を見せてくれる。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020