4314 Movies

ブローン・アパート Incendiary (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大規模な爆破テロで夫と息子を失った女性の苦悩を描く、監督、脚本シャロン・マグアイア、主演ミシェル・ウィリアムズユアン・マクレガーマシュー・マクファディン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:シャロン・マグアイア

製作
アンディ・パターソン
アナンド・タッカー
エイドリアン・マグワイア
製作総指揮
サイモン・フォーセット
テッサ・ロス
フィリップ・アードーズ
ダリア・ジョヴィチッチ
原作:クリス・クリーヴIncendiary
脚本:シャロン・マグアイア
撮影:ベン・デイヴィス
編集:ヴァレリオ・ボネッリ
音楽
梅林茂
バーリントン・フェロング

出演
若い母親:ミシェル・ウィリアムズ
ジャスパー・ブラック:ユアン・マクレガー
テレンス・ブッチャー:マシュー・マクファディン
レニー:ニコラス・グリーヴス
息子:シドニー・ジョンストン
ゴルバニ夫人:サーシャ・ベアール
ゴルバニの息子:ウスマン・コクハー
ダニー・ウォルシュ:エドワード・ヒューズ

イギリス 映画
配給 Optimum Releasing
2008年製作 96分
公開
イギリス:2008年10月24日
北米:2009年2月6日
日本:2011年1月29日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $22,460


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドンイーストエンド
若い母親(ミシェル・ウィリアムズ)は、警察の爆弾処理犯の夫レニー(ニコラス・グリーヴス)と4歳の息子(シドニー・ジョンストン)と暮らしていた。

第二次大戦中に”焼夷弾”で開いた穴の後に建った公営団地に住む彼女は、きつい仕事で神経的に参っているレニーを気遣うものの、そのせいで気難しい性格の彼との関係も冷え切っていた。

そんな彼女も疲れ果ててしまい、レニーが仕事に出た夜、息子を隣人に任せてパブに向かう。

通りの向かいに住む富裕層の男性ジャスパー・ブラック(ユアン・マクレガー)に声をかけられた彼女は、警察の爆弾処理班の夫と待ち合わせていることを彼に伝える。

全国紙”ザ・エクスプレス”の記者だと言うジャスパーは、彼女を自宅に誘い愛し合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
2005年に発表された、クリス・クリーヴIncendiary”の小説を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ロンドンイーストエンド
若い母親は、警察の爆弾処理犯の夫レニーと4歳の息子と共に公営団地で暮らしていた。
辛い仕事で精神的限界に達しているレニーを気遣う彼女だったが、気難しい彼との関係も冷めきっていた。
そんな時、彼女は、気晴らしにパブに行った際、自分達とは違う団地と通りを隔てて住む富裕層の新聞記者ジャスパーに声をかけられ、誘われて愛し合ってしまう。
アーセナルFCチェルシーFCの”ビッグロンドン・ダービー”の日、試合を見に行くレニーと息子を見送った彼女は、再びジャスパーに声をかけられて愛し合ってしまう。
その時、レニーと息子がいるはずのスタジアムで大規模なテロが起きる。
驚く彼女は動転してしまい、ジャスパーの制止を振り切りスタジアムに向い、必至でレニーと息子を捜すものの被害に巻き込まれてしまう。
病院で治療を受けた彼女の傷は癒えず、支えになりたいジャスパーは、1000人もの犠牲者を出した事件の真相を究明しようとするのだが・・・。
__________

ブリジット・ジョーンズの日記」(2001)が大ヒットして注目された、シャロン・マグアイアの脚本を兼ねた監督作品で、若手人気女優ミシェル・ウィリアムズ他、ユアン・マクレガーマシュー・マクファディンなど実力派が共演する注目の作品。

恵まれない生活環境で育った、労働者階級の女性の不倫ドラマ風に始まるドラマは、無差別テロによる歴史的な被害となる惨劇を描く衝撃の内容で展開し、夫と息子を失った女性の痛ましい姿を描く深いドラマに仕上がっている

主人公が住む場所は、第二次大戦の焼け跡に立った公営団地で、クライマックスで登場する”ロンドン大火”の”大火記念塔”と共に象徴的な存在として映し出され、新しい命の誕生が世界を救う一歩になるという、人間の逞しさが力強いテーマとして描かれている。

2001年のアメリカでの同時多発テロ、2005年のロンドン同時爆破事件発生後間もない、2007年に撮影が行われた作品で、辛い体験をした被害者や家族が鑑賞するには覚悟がいる内容でもある。

それが理由か、魅力的なキャスティングにも拘らず、アメリカでは限定公開されただけで、イギリス本国でも受け入れられず、批評家の評価も低かった作品でもある。

テロで夫と息子を失った被害者であり、また家族を裏切ってしまったことでも苦しむ若い母親をミシェル・ウィリアムズが好演している。

主人公と親密になるプレイボーイだが、事件後は彼女を支えようとする新聞記者のユアン・マクレガー、主人公に惹かれる彼女の夫の上司でテロ対策部門長のマシュー・マクファディン、主人公の夫ニコラス・グリーヴス、息子シドニー・ジョンストン、爆破テロの犯人の妻サーシャ・ベアール、その息子で主人公と親交を深めるウスマン・コクハーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020